f:id:morichayuya:20190220161759p:image

こんにちは。もりちゃです!
 

あなたは、新年になるとこんな会話をしたりしませんか?
 

「あなたは、何年生まれですか?」

「私は、丑年です。」
 

「今年って何年だっけ?」
「亥年ですね。」
 

これらは、十二支についての会話です。
 

馴染み深く使われている十二支、皆さんも一度は使ったことがあると思います。
 

しかし、十二支の正体とは一体何なのでしょうか?
 

今回は十二支の順番、漢字、意味について、分けて書いていきます。
 

十二支の順番:神様への挨拶の順番

 

十二支には順番があります。
 

子(ねずみ🐭)、丑(うし🐮)、寅(とら🐯)、卯(う🐰)、辰(たつ🐲)、巳(み🐍)、午(うま🐴)、未(ひつじ🐏)、申(さる🐵)、酉(とり🐔)、戌(いぬ🐶)、亥(い🐗)

の順番です。
 

順番がこのように決まった由来に、次のような説があります。
 

十二支は、神様への挨拶の順番という説です。
 

次のような、十二支の物語があります。
 

昔、神様が動物たちに向かってこう言いました。

「元日の朝に挨拶に来た12番目までを、毎年交代でリーダーにしてあげる。

これを聞いた動物たちが神様の元へ挨拶しに行きました。
 

うし🐮は自分が歩くのが遅いから、前日の晩から歩き始めました。

ねずみ🐭はそんなうし🐮の背中に乗り、到着寸前で飛び出して1番になりました。
 

2番がうし🐮となりました。
 

とら🐯が3番に到着しました。

とら🐯は最初このレースを信じず、参加しない予定でした。

しかし、本当だったとき自分はビリになる。恥をかくと思い参加しました。

最初から信じて走り抜いていたらとら🐯が1番になっていたかもしれません。
 

うさぎ🐰が4番に到着しました。

うさぎ🐰は後に続く動物より足が速いわけではないのですが、

他の動物が休憩している間もぴょんぴょん進んでいたから

4番目になることができました。
 

次に、たつ🐲とへび🐍が同着しました。
 

たつ🐲はたくさんの修行を積み、空を飛べるほどになりました。

へび🐍はそんなたつ🐲を尊敬し、順番を譲りました。

たつ🐲、へび🐍が順番に5番、6番となりました。
 

次に、うま🐴とひつじ🐏が順番に7番、8番となりました。

マイペースに進んだ結果です。
 

次に、さる🐵、とり🐔、いぬ🐶が順番に9番、10番、11番となりました。
 

遅くなったのは、さる🐵といぬ🐶の喧嘩(犬猿の仲)の仲裁に

とり🐔が入ったからとされています。
 

最後に、12番目がいのしし🐗です。

真っ直ぐにしか走れないので最後の到着となりました。
 

これが、神様への挨拶の順番のおはなしです。

神様への挨拶の順番で十二支の順番が決まったといわれています。
 

十二支の漢字:ライフステージの変遷

 

十二支に使われている漢字は、普段使われている漢字とは異なります。
 

その理由は、十二支1つ1つにライフステージの様々な段階を表しているからです。
 

十二支全体でライフステージの変遷が表されます。

具体的には以下のとおりです。
 

子🐭→種子の状態。生命が誕生する、万物が育ち始めるとき。「種子」や「孳む(うむ)」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

丑🐮→種から芽が出ようとしているとき。「」の「」が漢字としてあてはめられた。紐(ひも)はむすぶの意味があり、生命をむすぶ時期。
 

寅🐯→芽が伸び始めたとき。広がっていく意味をもつ「」や動く、うごめくという意味を持つ「螾(いん)」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

卯🐰→成長し、枝や葉が茂るとき。茂は茆の別の字であり、「」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

辰🐲→よく育った状態。成長した枝や葉や根が大きく揺れている様子を表す「」や「」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

巳🐍→成長を極めている状態。已に(すでに)成長しきったとき。「」と似た「」が漢字としてあてはめられた。
 

午🐴→成長が止まり、衰えはじめるとき。「忤(さからう)」の「」が漢字としてあてはめられた。(人生の頂点の時期とも言え、命令や指示を聞かずにさからう時期である)
 

未🐏→実がなりはじめるとき。実はおいしく味わうものなので、「」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

申🐵→実が出来上がるとき。万物の身体が出来上がるとき。申は身(つまり、身体)の意味がある。伸びきった時期ともいえる。「」や「」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

酉🐔→実が熟したとき。収穫を加工して蓄える意味の「醸す(かもす)」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

戌🐶→枯れて土に還るとき。生命を土の中で「戌る(まもる)」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

亥🐗→生命を種に閉じ込めたとき。核を産んだとき。「」の「」が漢字としてあてはめられた。
 

十二支に使われている漢字によってライフステージの段階が表現されているわけです。
 

十二支の意味:時間を表す

 

十二支は時間を当てはめるためにできたとされています。
 

つまり、十二支は時間を意味しているのです。
 

現代では地球が太陽の周りを回る周期を1年としている太陽暦を用いています。
 

しかし、古来では月の満ち欠け12周期を1年とする太陰暦を用いていました。

1年は12ヶ月に分けられたのは、太陰暦が元となっているからです。
 

太陰暦のように、時間は12周期と考えられてきました。

12周期の時間に対して、十二支を当てはめていきました。
 

年、月、日、時間にそれぞれ十二支が当てはまります。

(この記事を掲載した2019/02/20・20時は、亥年、寅月、子日、戌時です。)
 

f:id:morichayuya:20190817172835j:image
 

以上が十二支の説明です。
 

四柱推命占いは、十二支を用いています。

全ての人が十二支のいずれかに分類されます。
 

十二支ごとの性格の違いが気になる方はこちらから。

自分がどの十二支なのか、どんな性格なのか是非占ってみてください!

四柱推命十二支の性格まとめ~五行(木・火・土・金・水)と季節の意味からも解説します!
 

今回も読んでいただきありがとうございます!

またみてね~♪

おすすめの記事