pickup
【占いコラム】占いを「信じる」「信じない」どちらが良い?~両者のメリット・デメリット一覧

こんにちは。もりちゃです。
あなたは、占いを信じますか?
占いを信じる人もいれば、
信じない人もいます。

私は占いは信じちゃうなぁ~。
特に気になる彼との相性なんか
気になって仕方ないよ。

私は占いは信じないかな。
占いって当たるとは限らないし、
占いに行く意味が分からない。

今回は、
占いを信じる、信じない
どちらの方が良いのか

について解説していきます。

占いって信じていいのか気になっていたんだよね。

こんな方におススメ

・占いを信じて良いのかと思っている人
・占いなんか信じたくない人

「信じる」も「信じない」も一長一短

先に結論を述べます。

占いを「信じる」、「信じない」に

どちらが良いはありません。

両者とも、一長一短があります。

例えば、占いを信じた場合

踏み出す一歩のきっかけとなれる

こともあれば、

占いのアドバイスに安直に従ってしまい自分の考えが弱くなる

こともあります。

信じない場合も同様です。

占いに捉われない冷静な判断ができる

こともあれば、

占いのアドバイスを聞き入れず自分の考えに固執してしまう

こともあります。

占いを信じる、信じないに

一長一短があるのです。

ただし、一長一短があるから、

結局どちらを選んでも良い

というわけではありません。

両者のメリット・デメリットから、

自身の性格と照らし合わせて、

占いを信じたほうが良いのか、信じないほうが良いのか

を考えることが大切なのです。

例えば、自分の性格が

「考えすぎて、何事も一歩を踏み出せない」

という人なら、占いを信じるほうが良いでしょうし、

「自分の考えを大切にしたいけど、人の影響を受けすぎる」

という人なら、占いを信じないほうが良いでしょう。

あなたが自身の性格と照らし合わせて、

占いを信じたほうが良いのか、信じないほうが良いのか

を考えるきっかけとなれれば幸いです。

では、それぞれのメリット・デメリットを

詳しく見ていきましょう。

占いを「信じる」メリット

占いを信じるメリットは、

以下の通りです。

占いを「信じる」メリット

・踏み出す一歩のきっかけとなる
・不運の対策が出来る
・会話のネタに出来る

それぞれ詳しく見ていきましょう!

メリット①:踏み出す一歩のきっかけとなる

踏み出す一歩のきっかけとなる

・占いを信じるメリット①は、踏み出す一歩のきっかけとなることです。何かに挑戦したいけど勇気が出ない時、占いで「あなたは出来る」と後押しされるほど心強いものはないです。勇気を出してチャレンジするきっかけとして占いを使ってみるのも良いでしょう。

踏み出す一歩のきっかけとするには、自身の適性や運勢を占ってもらうのがおススメです。適性を知ることで、自分も気づいていない能力に気づくかもしれません。自信につながり、踏み出す一歩のきっかけとなるでしょう。

適性や運勢を占って、踏み出す一歩のきっかけを得たい方は、

【電話占いヴェルニ】にて。

(10分で本格的な占いを受けられます。)

実際の登録の手順などはこちら

【10分でできる】電話占いヴェルニの登録から占いまでの流れ

メリット②:不運の対策が出来る

不運の対策が出来る

・占いを信じるメリット②は、不運の対策が出来ることです。悪いことは突然やってくると、怖いものです。しかし、準備をしていると怖さは和らぎます。また、不運に気を付けることにつながり、不運を防ぐことも出来るかもしれません。

「運勢が悪く、不運が訪れるかもしれない」という占い結果は怖いものです。しかし、運勢の波は平等にやってきます。悪い運勢だと受け入れ対策してみるのも、占いを活かす一つの方法です。

占いを用いて、不運の対策を得たい方は、

【電話占いヴェルニ】にて。

(10分で本格的な占いを受けられます。)

実際の登録の手順などはこちら

【10分でできる】電話占いヴェルニの登録から占いまでの流れ

メリット③:会話のネタに出来る

会話のネタに出来る

・占いを信じるメリット③は、会話のネタに出来ることです。もちろん、占いを信じなくても会話のネタには出来ますが、「否定的な会話」となり、心地よい会話にはなりません。占いを信じる状態で会話のネタにすると「肯定的な会話」となり弾みます。心地よい会話の種として、占いを信じてみるのも良いでしょう。

占って、会話のネタを得たい方は、

【電話占いヴェルニ】にて。

(10分で本格的な占いを受けられます。)

実際の登録の手順などはこちら

【10分でできる】電話占いヴェルニの登録から占いまでの流れ

占いを「信じる」デメリット

占いを信じるデメリットは、

以下の通りです。

占いを「信じる」デメリット

・責任感が弱くなる恐れがある
・気にしすぎて可能性がつぶれることがある
・依存性がある

それぞれ詳しく見ていきましょう!

デメリット①:責任感が弱くなる恐れがある

責任感が弱くなる恐れがある

・占いを信じるデメリット①は、責任感が弱くなる恐れがあることです。占いを信じて行動するのは良いことですが、占いに人生を委ねるのは危険です。占いはあくまできっかけに過ぎず、その先考えてどう人生を歩かは、自分の問題、責任です。自分の人生を決断する責任は思っている以上に重く、それを軽くするために占いを信じることもあるでしょうが、そうした人は占いを信じないほうが良いです。

占い通りに行動すれば、「努力をしなくても、良いことが天から降ってくる」と考えている人もいます。しかし、大切なのは、占いを信じて行動して努力を積み重ねていくことです。行動後の努力や「どうやったら自分の人生を切り開いていけるか試行錯誤する」というプロセスが抜け落ちると、良い結果は出ません。自分が努力して人生を切り開く勇気がない方は、占いをせず現実に目を向けるところから始めたほうが良いです。

デメリット②:気にしすぎて可能性がつぶれることがある

気にしすぎて可能性がつぶれることがある

・占いを信じるデメリット②は、気にしすぎて可能性がつぶれることがあることです。占いで言われるアドバイスは、良いものもあれば悪いものもあります。悪いことを気にしすぎて、占いで可能性がつぶれることもあります。

悪い運勢だから行動は控えたり、自身の適性が無いからしたいことを諦めたりすることが、可能性を潰す例です。悪い運勢なりに、適性が無いなりに、出来ることを探し現実を好転できる方でなければ、占いを信じないほうが良いでしょう。

デメリット③:依存性がある

依存性がある

・占いを信じるデメリット③は、依存性があることです。「占いで良いアドバイスを貰えるまで何回もする人」「良いアドバイスをもらうだけが目的となって占いを信じる人」などが例です。

占いで良いことを言われても、それを実際に行動に移せない人もいます。良いアドバイスで得た自身の良い部分を可能性の中に留めておきたいからです。可能性の中で留めておけば、良い部分に裏切られることはありません。こうすると現実が好転せず、占いを何度も求めすぎることとなります。

占いを「信じない」メリット

占いを信じないメリットは、

以下の通りです。

占いを「信じない」メリット

・占いに振り回されない
・責任感ある判断が出来る
・客観的に物事を判断できる

それぞれ詳しく見ていきましょう!

メリット①:占いに振り回されない

占いに振り回されない

・占いを信じないメリット①は、占いに振り回されないことです。占いを信じすぎると、時に占いに振り回される場合があります。「適性がないからすぐに物事を諦める」、「運勢が悪いから怯えて何も出来ない」などがこの例です。しかし、占いをそもそも信じなければ、占いに振り回されません。

メリット②:責任感ある判断が出来る

責任感ある判断が出来る

・占いを信じないメリット②は、責任感ある判断が出来ることです。占いを信じると、行動した結果悪いことが起きても、占いのせいに出来ます。もちろん、占いのせいにしない人が多いでしょうが、自分の行動の責任を取りたくないから占いを信じる方はいます。一方、占いを信じなければ、占いに人生を委ねることはありません。自分の人生は自分で考え決断していくことになります。結果的に責任感ある決断が出来ます。

メリット③:客観的に物事を判断できる

客観的に物事を判断できる

・占いを信じないメリット③は、客観的に物事を判断できることです。占いを信じると、起きた出来事を占いに紐づけて判断してしまうことがあります。さらにひどくなると、占いが原因で出来事が起きたと考えてしまうことがあります。しかし、占いを信じなければ、占いに因果関係を紐づけることはありません。起きた出来事の因果関係をしっかりとらえることが出来ます。

占いを「信じない」デメリット

占いを信じないデメリットは、

以下の通りです。

占いを「信じない」デメリット

・自己暗示による効果を得られない
・良いことを信じないと自己肯定感が下がる
・悪いことを信じないのは現実逃避

それぞれ詳しく見ていきましょう!

デメリット①:自己暗示による効果を得られない

自己暗示による効果を得られない

・占いを信じないデメリット①は、自己暗示による効果を得られないことです。占いを信じると、「自分の能力に自信を持てる。」「良い運勢だから成功できる。」など、自分は出来ると自己暗示することに繋がります。自分は出来ると自己暗示していると、行動力は強まり、成果につながります。しかし、占いを信じないと、この自己暗示による効果は受けられません。

デメリット②:良いことを信じないと自己肯定感が下がる

良いことを信じないと自己肯定感が下がる

・占いを信じないデメリット②は、良いことを信じない場合は自己肯定感が下がることです。占いで良いことを言われても、なかなか信じない人がいます。「自分はそんなことできない。」「そんなに運勢がよいなんて感じたことない。」と、否定して頑なに信じない方です。こうした方は、常に否定体質となってしまい、自己肯定感も下がってしまいます

デメリット③:悪いことを信じないのは現実逃避

悪いことを信じないのは現実逃避

・占いを信じないデメリット③は、悪いことを信じないのは現実逃避だということです。占いで悪いことを言われ、それを認めたくないが故に、信じない人もいます。そうした人は信じないというより、都合の悪いことを信じたくない恐れがあります。結果的に自分の考えに固執してしまい、柔軟な行動が出来なくなります。悪いことは信じて一旦考えて、それで信じ無くなれば問題ないでしょう。

大切なのは、「信じる」「信じない」に理由があること

占いを「信じる」「信じない」が、

メリットとなる場合、デメリットとなる場合

この差は一体何なんでしょう。

それは、「信じる」「信じない」

理由があることです。

占いを理由もなく信じると、

安直な責任感の弱い判断をしてしまいますし、

占いを理由もなく信じないということは、

自分の考えへの固執(否定体質や現実逃避)の表れとなります。

一方、

占いの結果を受け、

その理由を自分と向き合うことで見つけ、

その結果信じる、信じないという結論になると、

考えが固まり、上手く行動に繋がります。

占いの結果を受けて、考えるという行為をすれば、

しっかりとプラスに働くということです。

是非、あなたも占いをきっかけに

ご自身について考えてみてはいかがでしょう?

ご自身について考えるのきっかけを得たい方は、

【電話占いヴェルニ】にて。

(10分で本格的な占いを受けられます。)

実際の登録の手順などはこちら

【10分でできる】電話占いヴェルニの登録から占いまでの流れ

この記事のまとめ

占いを「信じる」メリット

・踏み出す一歩のきっかけとなる
・不運の対策が出来る
・会話のネタに出来る

占いを「信じる」デメリット

・責任感が弱くなる恐れがある
・可能性がつぶれることがある
・依存性がある

占いを「信じない」メリット

・占いに振り回されない
・責任感ある判断が出来る
・客観的に物事を判断できる

占いを「信じない」デメリット

・自己暗示による効果を得られない
・良いことを信じないと自己肯定感が下がる
・悪いことを信じないのは現実逃避

あなたが自身の性格と照らし合わせて、

占いを信じたほうが良いのか、信じないほうが良いのか

を考えるきっかけとなれれば幸いです。

実際に占ってみたくなった方は、

【電話占いヴェルニ】にて。

占いをするメリット・デメリットを

知りたい方はこちらから!

占いを「信じる人」「信じない人」

の心理について詳しく知りたい方はこちらから!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事