f:id:morichayuya:20191204110642p:image
 

こんにちは。もりちゃです。
 

性格や適性を表す四柱推命の通変星
 

性格・適性に加えて、
恋愛傾向や他の通変星、十二運との関わりを踏まえて、
徹底解説します!
 

こちらは、比肩編です。
 

エネルギッシュなアスリートタイプの「比肩」
 

是非、比肩の理解を深めてみましょ
う!

 

比肩の意味

 

比肩は、自身の十干と同じ十干です。
 

自身の十干と比肩の十干の関係は表の通りです。
 

自身の十干 比肩の十干

 

比肩には、以下のような意味があります。

兄弟姉妹、同僚、友達、ライバル。

自我、自主性、独立心、競争心、素直、まっすぐ。
 

上記のような意味を持つ比肩は、次のような性格を持ちます。
 

比肩の性格

 

自立心が高い頑張り屋さん
 

比肩の方は、自分の力で何かを成し遂げたいという気持ちが強いです。

何でも自分で行う、自主性の高い人です。

自主性、意欲が高いので、目標に向かい頑張ることが出来ます。

また、頑張れるだけの体力や気力があります。

目標を持つことが開運の鍵と言えます。
 

策略よりも真っ向勝負
 

比肩の方は、頭を使った策略や奇策を使いません。

素直なため、駆け引きは苦手です。

なので、自分の力で一生懸命努力し、真っ向勝負します。

頑張れば頑張る分だけ成長できるタイプです。
 

対等な関係を好む
 

比肩の方は、人間同士だから全ての人は対等であると考えています。

そのため、自然と対等な関係を好むのです。

誰にでも対等に接するのです。

一方で、上下関係は苦手です。

相手から礼儀知らずだと思われることもあります。

時に上司や取引先とトラブルこともあります。
 

マイペース
 

比肩の方は、「人は人、自分は自分!」と考えています。

自我が強いので、他者のことは気にしません。

他者からの干渉を嫌い、自分のペースを大事にします。

一歩一歩、自分のペースで成長出来る方なのです。
 

上記の性格を持つ比肩の適性は次の通りです。
 

比肩の適性・能力

 

比肩の適性・能力は、

自分の個性を生かした職です。
 

独立自営でビジネスをしたり、

自分の能力をとことん極めるアスリートや専門職

などが向いています。
 

協調性は弱いので、組織の中で働くことは向いていません。

強い自我と実行力を活かすために、

他人に干渉されず、自分のペースで出来る職が良いのです。
 

さらに、比肩の方の武器は、自我です。

自分の意見を通すことの出来る職が良いのです。

持ち前の向上心や努力によって、

自身の個性を磨き続けてみましょう。
 

適性を活かすためのアドバイス

 

「長期的な目標を立てること」
 

比肩の方は、物事を複雑に考えることはしません。

何事も真っ向勝負で挑んでいきます。

時に、何も考えずに突っ走ることもあります。
 

闇雲に努力しているだけで、成果が現れないことになります。

結果的に、挫折する恐れがあるのです。

なので、最初に長期的な目標を立てることが大切です。
 

目標を固め、自己実現や努力の方向を見失わないようにするのです。

質の高い努力が出来、確実に成果が現れるでしょう。
 

比肩の恋愛傾向

 

基本的な恋愛傾向

 

比肩の方は、恋愛に苦労がつきものとなります。
 

協調性が弱く、自我が強いので、ことあるごとに対立が予測されます。

また、不器用で感受性にも優れません。

相手の気持ちを読むことが苦手なタイプなのです。
 

結果的に、恋人との衝突がつきものとなります。

常に、相手のことを考える事が重要です。
 

一方で、比肩の方は、嘘をつくことも苦手で、素直です。

相手からの信頼を勝ち取りやすいのです。

相手に誠実さを認めてもらうまでが勝負です。

不器用なりにも、真摯に相手に尽くすことで、信頼されるでしょう。
 

恋人の傾向

 

比肩の方は、自我が強いので、自分の意見を大切にします。

自分と似た人に惹かれる傾向があるのです。
 

また、部下や年下に人気が出る傾向となります。

比肩の方の真っ直ぐな姿勢は、上司からすると衝突のもととなります。

あまり好まれません。
 

しかし、部下や年下からすると、権力や地位に屈さない姿勢に魅力を感じるのです。

さらに、比肩の方は、自我が強いので、年下をリード出来ます。

比肩の方もリードすることが心地よく感じるでしょう。
 

自分を好んでくれる部下や年下と恋愛をしてみてはいかがでしょう。
 

f:id:morichayuya:20191204150854j:image
 

他の通変星との相性関係

 

他の通変星との相性関係です。

(主に、中心星と月柱上段との並びを見ると良いでしょう。)
 

比肩×比肩
 

比肩が2つ重なり、強い自我が出ます。

自己主張が激しく、ワンマンなところがあります。

独立型です。

エネルギーが強く、目標達成のための苦労を気にしません。

周囲からの恩恵は受けにくいですが、良きライバルには恵まれます。
 

比肩×劫財
 

比肩と劫財、自我の星が2つ重なります。

比肩×比肩の場合と似ますが、劫財と絡む方が欲深くなります。

周囲との衝突が多く、苦労します。

独立したほうが良いでしょう。
 

比肩×食神
 

強運です。

強い自我を主張しても、人当たりが良いので、意見が通せます。

周囲からの恩恵も受けられます。

感情表現が大きなタイプです。
 

比肩×傷官
 

外見は強気ですが、内面は繊細です。

自己保身のために、周囲に厳しく当たることもあります。

周囲から信頼を得られるかが鍵です。

表現力に優れ、技芸学芸の道にて発展します。
 

比肩×偏財
 

金銭的に損失が多いです。

周囲、兄弟姉妹とのトラブル、見栄により出費が多くなります。

競争心は強く、営業など競争を強いられることに強いです。

漏星(食神・傷官)が巡ると吉です。
 

比肩×正財
 

現実的です。

実行力にも優れます。

周囲を引っ張ることの出来るリーダータイプです。

常に、周囲に気を配ることで運勢は更に上昇します。
 

比肩×偏官
 

アウトローです。

少々の無茶を好み、乗り越えることが出来ます。

周囲からの援助は期待出来ません。

自身で運勢を切り開く姿勢が重要です。
 

比肩×正官
 

自制心が強く、比肩の自我を上手くコントロール出来ます。

仕事が出来、目上からの引き立てにも恵まれます。

不器用ですが、順調に出世出来ます。
 

比肩×偏印
 

一芸に秀でます。

器用で努力家なので、何かを極めることが出来ます。

極めた一芸を仕事に繋げると吉です。
 

比肩×印綬
 

理屈っぽく、行動力はありません。

思考力に優れるため、先生業、研究者などに向いています。

人当たりはいいので、周囲からの恩恵も受けられます。
 

十二運との関係

 

比肩についている十二運別の特徴です。
 

比肩×胎
 

特に幼少期、他者の影響で環境が変わりやすい傾向があります。

柔軟性が強く、自由な発想が出来るので、上手く順応できます。

適応能力の高い方です。
 

比肩×養
 

周囲に尽くすタイプです。

努力家で、自ら運勢を切り開いていきます。
 

比肩×長生
 

苦労した後、開運するタイプです。

マイペースなので、成長は遅いですが、着実に発展出来ます。
 

比肩×沐浴
 

住居に変動が多く、運勢に浮き沈みがあります。

思い込みが激しいタイプです。

偏見や先入観を捨てることが大切です。
 

比肩×冠帯
 

自己主張が強く、独立的です。

強引さが目立つので、周囲に敵を作ることもあります。

しかし、自力で運勢を切り開くバイタリティがあるので、心配無用です。
 

比肩×建禄
 

意志が強く、一度決めたことは最後までやり遂げます。

結果的に、成功します。

気力・体力的にも恵まれた方です。
 

比肩×帝旺
 

ワンマン的で周囲との衝突が多いです。

しかし、実行力に優れ、兄弟姉妹の援助も期待出来ます。

成功する並びです。

若年期の結婚は注意が必要です。

配偶者への配慮が大切です。
 

比肩×衰
 

保守的で、自分の考えに固執する傾向があります。

結果的に孤立してしまいます。

身内とのトラブルも予測されます。
 

比肩×病
 

身内とのトラブルがあります。

また、金銭トラブルに巻き込まれやすいです。

上記2点の注意が必要です。
 

比肩×死
 

生家の援助は期待出来ません。

自身の努力、自分と似た配偶者を得ること2点により運勢は上昇します。

晩年に発福します。
 

比肩×墓
 

生家との縁は薄いです。

結婚運、配偶者には恵まれます。

また、金銭運も良好です。

給料以外のお金に縁があるので、副業にも良いでしょう。
 

比肩×絶
 

生家の援助は受けられません。

さらに、配偶者に金銭的な援助を求められます。

良いパートナーを得ることで運勢は上昇します。
 

他の通変星の記事はこちら

 

他の通変星はこちらから!
 

自星(自我の星) 比肩(ひけん) 劫財(ごうざい)
漏星(表現の星) 食神(しょくしん) 傷官(しょうかん)
財星(お金の星) 偏財(へんざい) 正財(せいざい)
官星(仕事の星) 偏官(へんかん) 正官(せいかん)
印星(知識の星) 偏印(へんいん) 印綬(いんじゅ)

 

四柱推命で占ってみたいという方は、こちらから!

四柱推命とは?〜四柱推命で占ってみよう!〜
 

以上となります。
 

最後まで読んでいただきありがとうございます!
 

読者登録、シェア等、お待ちしております。

おすすめの記事