f:id:morichayuya:20190903170838p:image
 

こんにちは。もりちゃです!
 

短所を長所にシリーズです。
 

今回のお題は、「他人と比べてしまう」ことです!
 

短所を長所にシリーズでは、

短所を直すのではなく、長所として利用する方法を解説します。
 

誰しもが持つ短所は、直そうと試みても難しいものです。
 

短所を消すのではなく、仕方ないと受け入れ、長所として扱ってみましょう。
 

「他人と比べてしまう」編、スタートです。
 

最後まで見ていただけると嬉しいです!
 

他人と比べてしまうことは避けられない

 

誰しもしたことがあるであろう他人と比べること。
 

実は、避けられない感情なのです。
 

理由は、社会構造にあります。
 

私たちは、社会の中で、様々な競争をします。
 

自身の入りたい組織(学校や会社)に入るため、他の受験者と競争します。
 

チームスポーツのスタメンに入るため、チームメイトと競争します。
 

自身の望む職につくため、同僚と競争します。
 

望んだ恋をするために、ライバルと競争します。
 

このように、私たちの生きている社会の中では、

様々な競争があり、優劣がつく仕組みになっています。
 

他者と競争し、優劣をつけるために、他者と比べることを避けられないのです。
 

特に、偏差値、平均などの概念は、他人と比べることを象徴していますよね。
 

こうした競争社会となっているので、

他人と比べたいと思わなくても、比べてしまいます。
 

他人に劣等感を感じたり、羨ましいと思わせる。
 

負の感情とされている「他人と比べること」。
 

避けられないなら、長所として捉えてみましょう♪
 

短所を長所に

 

「他人と比べること」の正体とは何者なのでしょう。
 

「他人と比べること」の正体から長所を解説します。
 

長所①:自分の短所に目を向けることできる

 

他人と比べる時は、

他人の長所と自分の短所を見てしまいます。
 

普通は、自分の短所に対して、目を背けたくなります。
 

自分の短所に目を向けることは、難しいものです。
 

しかし、自身の短所を把握せず、都合良く長所ばかり見ていると、

いずれ壁にあたります。
 

自身の実力不足によって、成しえたいことが出来ない状態に陥ります。
 

一方、短所に目を向け理解することで、改善につなげることができます。
 

改善すると、実力不足という壁にあたることなく、自己実現できるようになります。
 

他人と比べることができることは、

自分の短所に目を向け、改善していくことができる

長所なのです。
 

もちろん、短所を理解するだけして、変化しないと元も子もありません。
 

長所を活かすために、改善まで行ってみましょう♪
 

長所②:闘争心をかき立てることができる

 

他人と比べる時の多くは、

競争強いられる時です。
 

競争をするとき、誰しもが持つ「優越性の追求」が働くとされます。
 

他(他人)より優れていたいという欲求が働くのです。
 

この欲求により、闘争心がかき立てられます。
 

他人と比べる時には、

優越性の追求が働き、闘争心をかき立てることができるのです。
 

闘争心は、成しえたいことの原動力になります。
 

パワフルな行動力に繋がります。
 

闘争心をかき立て、パワフルに行動するために、

他人と比べることを利用してみてください♪
 

ちなみに、優越性の追求は、アドラー心理学で知られているアルフレッド・アドラーが提唱した論です。
 

 占い視点からの解説

 

占い視点から、他人と比べやすい方の特徴と長所を述べます。
 

余談感覚で楽しんでください。
 

四柱推命占いにて、

比肩、劫財という星を持つ方が、

他人と比べやすい特徴を持ちます。
 

比肩、劫財の方は、

自我が強く自分の意思をしっかり持ち、

努力して着々と実力をつけることの出来る

向上心あふれる方です。
 

他人と比べる傾向が強い方は、

比肩、劫財の方の長所を持っているかもしれません。
 

意識して、利用してみてください。
 

比肩、劫財の詳しい記事はこちらから。

[通変星 比肩] 比肩の性格・適性・恋愛・相性を徹底解説します!~自分の力で生き抜く頑張り屋の正体とは!?

[通変星 劫財] 劫財の性格・適性・恋愛・相性を徹底解説します!~野心強き策略家の正体とは!?
 

四柱推命で占ってみたい方はこちらに方法を記載しております。

四柱推命とは?〜四柱推命で占ってみよう!
 

今回は以上となります。
 

他の短所を長所にシリーズはこちらから!
 

怒り編
 

鈍感編
 

楽な方に逃げる編
 

怖がり編
 

最後まで見ていただきありがとうございます!
 

おすすめの記事