f:id:morichayuya:20190510164654j:image
 

こんにちは。もりちゃです。
 

あなたは、四神という言葉、

聞いたことありませんか?
 

四神とは、東西南北を司る(守る)神様です。
 

古都京都では、平安神宮を中心に四方に四神を祭っています。
 

あまり馴染みのない言葉ですが、

日本の風習に根強く残っています。
 

私がしている占いの一種である

六壬神課や宿曜占星術も

四神を用いています。
 

今回は、歴史が長い四神について書いていきます。
 

四神とは?

 

四神とは、東西南北を守る神様とされています。
 

元は、四神獣と言われ、中国の神話に登場する天を司る神様(霊獣)のことです。
 

東を司る「青龍」

南を司る「朱雀」

西を司る「白虎」

北を司る「玄武」
 

が四神です。
 

四神は、方角だけでなく、季節や五行や風水とも密接に関わっており、それぞれに意味があります。
 

青龍

 

青龍は、「東」を司る神様で、五行は「木」、色は「青」、季節は「春」を表します。
 

青龍は、天に昇る青(正確には緑)の龍であり、

天に昇るように向上心を上げてくれるとされています。
 

また、富の象徴ともされ、富や権力、またそれらを築くための人脈を広げるとされています。
 

朱雀

 

朱雀は、「南」を司る神様で、五行は「火」、色は「青」、季節は「春」を表します。
 

朱雀は、翼を広げた赤い龍鳥です。
 

美しい羽や炎を纏っており、美しさや恋愛成就を表します。
 

また、朱雀は、知性の象徴ともされ、知恵や学者、文才を表します。
 

白虎

 

白虎は、「西」を司る神様で、五行は「金」、色は「白」、季節は「秋」を表します。
 

白虎は、白い虎(百獣の王)です。
 

白虎は、外的から自身の子供を守るとされ、子宝や家庭円満をもたらすとされています。
 

玄武

 

玄武は、「北」を司る神様で、五行は「水」、色は「黒」、季節は「冬」を表します。
 

玄武は、黒い亀です。
 

しかし、足や尻尾が蛇であるともされています。
 

実態が明らかでないように暗闇や守りを表します。
 

また、亀が長生きするように、玄武は長寿をもたらすとされています。
 

占いとの関係

 

四神は、六壬神課や宿曜占星術にも応用されています。
 

宿曜占星術の27宿(基本の27タイプ)には、いずれかの四神が割り当てられています。
 

また、六壬神課の一二個の星の中に青龍星、朱雀星、白虎星、玄武星があります。
 

六壬神課の青龍、朱雀、白虎、玄武の意味は以下とされております。
 

青龍:活動、商売、権力

朱雀:知恵、文才、華美

白虎:速さ、動き回る、残酷

玄武:陰謀、大胆、大物
 

このように、四神は占いに利用されており、

占いが出来た古くから馴染み深いものだったのです。
 

日常生活との関わり

 

四神は、主に風水に用いられています。

冒頭で述べたとおり、京都は四神による風水を取り入れた町です。
 

また、四神を用いたパワーストーンなども売られており、

各四神の意味のように開運する効果があります。
 

以上が四神の説明です。
 

四神それぞれに特徴があって、面白いですね。
 

神社やパワーストーンや風水などで、

四神の力を取り入れてみてください!
 

最後まで読んでいただきありがとうございます!
 

おすすめの記事