pickup
【四柱推命 十二運】養の意味・性格・特徴・通変星との関わりを解説します。

四柱推命 十二運

について

意味や性格・特徴、

各通変星との組み合わせの特徴

について解説します。

養の意味

養の意味

・養を人間のライフステージで例えると、「赤ちゃん」です。

・胎の運勢の強さは「6」となります。弱すぎず強すぎずといった状態です。

・養となる十二支は、以下の表のとおりです。この表より、日干支が、甲戌、乙未、庚辰、辛丑は、胎を持つことになります。

自身の十干 養の十二支

養の性格・特徴

養の性格・特徴①:可愛らしい

・養の方は、愛嬌ある方です。常に笑顔で、人との交流を楽しむ方です。楽しい雰囲気を醸し出しており、周囲から可愛がられます。受け身なのに、人が寄ってくる人気者のタイプです。

養の性格・特徴②:向上心旺盛

・養の方は、向上心旺盛です。常に、何事からも学んでいこうとする、学習意欲の高い方です。謙虚な姿勢から、上司に気に入られることも多いです。目上からの引き立て運に恵まれます。

養の性格・特徴③:苦労が多い

・養の方は、理想や目標が高いですが、気力・体力に恵まれません。また、不器用な方なので、成果が出にくいです。高い目標のため、辛抱強く、時間をかけて歩んでいくため、苦労が多くなります。努力家なので、徐々に花開いていくタイプです。

各通変星との組み合わせ

養×比肩

・養の要素に、比肩の頑張り屋さんな要素が加わります。不器用ですが、忍耐力、精神力に優れます。良い組み合わせで、経験を積んでいくと、自然と頭角を表してきます。

養×劫財

・養の要素に、劫財の強引さが加わります。周囲を上手く利用して、上に登っていくことが出来ます。周囲に尽くすことが開運の鍵です。

養×食神

・養の要素に、食神の楽しい雰囲気が追加します。楽しい雰囲気をまとった方で、周囲に可愛がられるタイプです。他者の影響を受けやすい方なので、自分の意見をしっかりもつと良いでしょう。

養×傷官

・胎の要素に、傷官の繊細さが加わります。繊細で、周囲に気を配れる方です。時に、ストレスが溜まりやすいので、上手くストレスコントロールできると良いでしょう。

養×偏財

・養の要素に、偏財の社交性が加わります。人付き合いが上手いため、上手く人脈を広げていきます。周囲に親切な分、助けてもらえる方です。

養×正財

・養の要素に、正財の堅実さが加わります。堅実に人生を歩んでいこうとします。忍耐強く、継続力がある方です。少々のことで諦めません。大きな失敗もしない方です。

養×偏官

・養の要素に、偏官の頑張り屋な要素が加わります。苦労が多く、忍耐を要する人生です。行動力や積極性が強いので、年を取り経験を積んでいくにつれて、開運していきます。

養×正官

・養の要素に、正官の真面目さが加わります。周囲に恵まれた方です。努力家で、自分の実力に見合ったことを行います。評価されやすい方です。

養×偏印

・養の要素に、偏印の器用さが加わります。周囲からの人気がある方です。気分にムラが出やすく、考えがコロコロ変わりやすいです。焦点を絞って、努力すると発展します。

養×印綬

・養の要素に、印綬の思考力が加わります。学習意欲が強い方です。何事も吸収するのが速く、着実に実力をつけていくタイプです。

以上となります。

他の十二運について知りたい方は、こちらから!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事