pickup
【四柱推命 十二支】丑の性格・特徴・日干との関わりを解説します。

四柱推命十二支

「丑」について

意味と五行性格

日干別の性格・特徴

を解説します。

丑の意味と五行

丑の意味と五行

・丑は、植物の一生に例えると、種から芽が出ようとしている状態です。生命をむすぶ状態を指します。

・丑は、季節は、五行はを表します。冬の土を表します。

・丑には、土と金と水の五行が含まれます。蔵干には、が含まれます。

丑の方の性格・特徴

丑の方の性格・特徴①:忍耐強い

・丑の方は、忍耐強い方です。決して器用な方ではないですが、不器用ながら自分の目標に向かって歩んでいきます。継続力があり、最後の最後には、目標達成できる方です。

丑の方の性格・特徴②:堅実で保守的

・丑は、冬の土であり、生命を土の中で守る役割があります。そのため、丑を持つ方は、保守的になります。無茶はせず、堅実に一歩一歩人生を歩んでいきます。やや頑固でもあります。また、口が堅く、信頼できる方です。ただし、自分の悩み事は、めったに話さないです。

丑の方の性格・特徴③:ケチである

・丑が栄養を蓄えることの出来るように、丑の方は、金銭を蓄えます。保守的な面もあるので、金遣いが荒くないです。ケチなタイプです。

他の十二支との相性

他の十二支との相性

の方とは支合の相性です。仲の良い相性となり、関係が続きやすいです。

の方と三合します。互いに助け合える良い相性です。特に、仕事で力を合わせると、上手く回ります。

の方とは、の関係です。一度、争うと修復不可能となる、注意が必要な相性です。

の方とは、の相性となります。やや悪い相性で、なぜか悪態をつきあうことになります。

日干別の性格・特徴

乙丑の性格(納音:海中金)

乙丑の性格・特徴

・草花が、寒い土の中で粘り強くに花を咲かせようとするように、乙丑の方は、忍耐力に優れた方です。 努力家で、こだわりも強いため、一つの道を自分なりに極めていく方です。保守的で、自己主張が弱いため、時に、周囲に理解されず葛藤することもあります。自己表現できるようになると、良いでしょう。

丁丑の性格(納音:潤下水)

丁丑の性格・特徴

・丁の炎が、冷たく湿った土の上で弱められます。丁丑は、繊細で、控えめです。ストレスをためやすい干支で、怒ったときは怖いです。また、真面目献身的です。仕事は、一生懸命行います。信頼できる方です。

己丑の性格(納音:霹靂火)

己丑の性格・特徴

・60干支で1番のマイペースな方です。根気強い方で、ゆっくり自分の道を歩んでいきます。外見は穏やかですが、内面は情熱的です。内面の強い自我もあり、根気強くなるのです。外のことは無頓着です。人は人、自分は自分と割り切っているため、競争社会には向きません。周囲と異なっても、自分が納得する道を選ぶことで、運気は上昇します。

辛丑の性格(納音:壁上土)

辛丑の性格・特徴

・外見は、落ち着いており、物静かな印象を与える人です。内面は、強いこだわりを持っており、頑固なところがあります。根気強さは随一であり、一度目標に向かって歩んでいくと、必ず成果を出せる方です。

癸丑の性格(納音:桑柘木)

癸丑の性格・特徴

・自己主張が強く、主体性ある方です。何事にも積極的に挑戦します。不器用で、遠回りをすることもありますが、忍耐力に優れるため、やり切るまで行動できます。努力家で、勤勉です。若年期は、不器用なため、苦労が多くなりますが、年を取るごとに、経験が蓄積され、努力が実を結んでいくでしょう。

以上となります。

他の十二支の性格はこちらから!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事