pickup
【四柱推命】絶の年の運勢

四柱推命運勢編

十二運 絶の年の運勢

を解説します!

絶に当たる年と、絶の意味

絶の意味

・絶を人間のライフステージで例えると、「土に還り絶する時」です。

・絶の意味は、不安定、変動、人気などがあります。

・絶の運勢の強さは「1」となります。一番弱い状態です。

・絶となる十二支は、以下の表のとおりです。

自身の十干 胎の年
申年(2028年)
酉年(2029年)
亥年(2031年)
子年(2020年)
亥年(2031年)
子年(2020年)
寅年(2022年)
卯年(2023年)
巳年(2025年)
午年(2026年)

絶の年の運勢

絶の年の運勢①:不安定

・絶の年は、何事も不安定となります。環境が変わりやすく、考えもまとまらず、精神的に不安定となります。人間関係でも変化があることが多いです。何事も投げやりとなって、持続性にも欠けます。一方で、不安定であるために、思わぬ方向から、大成功となることもあります。

絶の年の運勢②:出発点

・絶は、生命を土に還し、新たなスタートを切る時です。今までのサイクルが終わり、新たな出発となる時です。これまでの環境が変わりやすく、別の環境へ飛び込んでいくときとなります。

絶の年の運勢③:人気が出る

・絶の年では、何かと人気が出ます。芸能界やモデル、お笑い芸人などは、絶の運気は、幸運期です。周囲から可愛がられます。気を使わず、自然体でいることが人気運に拍車をかけます。

通変星ごとの絶の運勢

比肩×絶の年の運勢

・比肩の「出発の年」という要素が加わります。新たなスタートの時です。これまでの環境に別れを告げるときです。独立を考えている方は、独立する時です。

劫財×絶の年の運勢

・劫財の「波乱の年」という要素が加わります。プライベートが充実する一年となります。ただ、遊んでばかりいて、何も残らない一年ともなりうるので、何か目標を持つと良いでしょう。

食神×絶の年の運勢

・食神の「安定した年」という要素が加わります。周囲から人気が出ます雰囲気が明るくなり、周囲の人を寄せ付ける魅力を持ちます。恵まれた時期となります。周囲との交友関係を大切にすると運勢は上昇します。

傷官×絶の年の運勢

・傷官の「破壊の年」という要素が加わります。何事も中途半端になりがちな年となります。持続性が欠け、精神的にも脆くなります。芸術家にとっては、人気がつく良い一年ですが、他は注意が必要です。出来ることを一つずつ行っていくことが重要です。

偏財×絶の年の運勢

・偏財の「行動の年」という要素が加わります。交友関係が広がっていく年となります。出会う人に運勢が左右されます。相性の良い人に出合うと、引き上げてくれて成功します。相性の悪い人に出合うと、利用される恐れがあります。出会う人を見極めることが重要です。

正財×絶の年の運勢

・正財の「コツコツ頑張る年」という要素が加わります。努力したいことは定まるのに、継続力に優れません。モチベーションを上手くコントロールすることで、大きく発展します。

偏官×絶の年の運勢

・偏官の「多忙・行動の年」という要素が加わります。物事を投げやりになり、言葉もきつくなります。仕事でも不利益を被ることがあり、上手くいかない年となります。まずは、自分の出来るところから改善していきましょう。忍耐期です。

正官×絶の年の運勢

・正官の「責任感が増す年」という要素が加わります。仕事では真面目な反面、プライベートでは、チャランポランとなります。プライベートでトラブルが起こる可能性があり、注意が必要です。

偏印×絶の年の運勢

・偏印の「小休止の年」という要素が加わります。何事もなる気が出ない年となります。継続力や忍耐力に乏しく、すぐあきらめる傾向があります。長期間旅に出るなど、普段とは違うリズムで生活すると良いでしょう。

印綬×絶の年の運勢

・印綬の「勉強の年」という要素が加わります。突拍子のない考えに支配されがちとなります。哲学的な思考を深めて、精神性を高められる時期ではあります。現実的になると、よりよい思考や価値観が生まれるでしょう。

以上となります。

最後に占い記事を見た後に読んでほしい

占いを記事を見た後に最後に伝えたいことがあります。

・「占いを鵜呑みにしないでください。お願いします。」

理由は、

「占いは、人生を決めるものではなく、

考えるきっかけを与えるものだから」

です。

占いをすると良くも悪くも対策できます。

対策をもとに自分の人生を考えるきっかけとなります。

自分の人生を考えると決断に自信が付きます。

自信ある決断が人生を変えてくれます。

ただ、一方、

占いを鵜呑みにすると、占いの人生となってしまいます。

自分の人生に責任を負えなくなります。

人生が振り回されると結果的に満足する人生は送れません。

そもそも占いは当たるも八卦当たらぬも八卦です。

当たることもあれば当たらないこともあります。

占いは人生の絶対解ではないです。

だからこそ、占いに人生をゆだねるのではなく、

単なる考えるきっかけのツールとして使って頂けると幸いです。

当ブログの占いのアドバイスが

当たって、人生が好転したら嬉しい限りです。

外れて不幸が訪れたら、力になれず申し訳ない限りです。

この場を借りて、感謝とお詫びを申し上げます。

少し話は変わりますが、

当ブログ記事のような、

○○の星の特徴のような無料占い

が当たりにくい方も一定数いらっしゃいます。

こちらにて当たりにくい命式は解説しているので、

是非、合わせてご覧頂けると幸いです。

四柱推命占いの無料占い(星の意味)が当たらない訳

最後にもう一度

あなたの人生の考えるきっかけになれれば

この上なく嬉しい限りです。

是非、考えるきっかけとして占いを使用してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事