pickup
【四柱推命】胎の年の運勢

四柱推命運勢編

十二運 胎の年の運勢

を解説します!

胎に当たる年と、胎の意味

胎の意味

・胎を人間のライフステージで例えると、「お腹の中の胎児」です。生命が誕生した状態です。

・胎の意味は、誕生、発想力、新規改革などがあります。

・胎の運勢の強さは「3」となります。やや力不足といった状態です。

・胎となる十二支は、以下の表のとおりです。

自身の十干 胎の年
酉年(2029年)
申年(2028年)
子年(2020年)
亥年(2031年)
子年(2020年)
亥年(2031年)
卯年(2023年)
寅年(2022年)
午年(2026年)
巳年(2025年)

胎の年の運勢

胎の年の運勢①:始まりの時

・胎の年では、何か大切な考えが芽生えるときです。これまでの人生から得たものが、つながってきます。良くなる兆しが見えるでしょう。ただし、焦りは禁物です。行動力には優れないときで、周囲の影響も受けやすい時期なのです。ともすると、芽生えた大切な考えが、周囲によって吹き飛ばされたり、焦って自分を見失うことにもなりかねます。ゆっくりと、長期的な計画を立て、一歩一歩進んでいきましょう。発展期のための準備には、うってつけの期間です。

胎の年の運勢②:発想力が豊か

・胎の年には、発想力に恵まれます。思考が柔軟となります。周囲の人間関係や、趣味、芸術鑑賞など、全てのことを上手く吸収できる時期なのです。知見を広げることで、アイデアが泉のように湧き出てくるはずです。胎の年に得たアイデアは、のちのち財産になるので、どこかにメモしておきましょう。後から状況を鮮明に思い出せるよう、どこで、何を見て、どんなことを感じたかなど、事細かにメモしておくと良いでしょう。

胎の年の運勢③:直観力が冴える

・胎の年の運勢は、直観力が冴えます。物事を一歩下がって、俯瞰的な視点でとらえることが出来ます。本質を見抜く力が磨かれます。物事の真理を直観的に把握できるようになるでしょう。また、いろんなところへ旅行してみるのも良いでしょう。良いインスピレーションが得られるはずです。

通変星ごとの胎の運勢

比肩×胎の年の運勢

・比肩の「出発の年」という要素が加わります。比肩と胎が重なると、物事が始まる時という意味が強まります。自我が強くなり、したいことが明確になる時でもあります。したいことを始めてみると良いでしょう。

劫財×胎の年の運勢

・劫財の「波乱の年」という要素が加わります。意欲が高まり、芽生えたアイデアを実行しようとするでしょう。やや気持ちが焦り、衝動的に行動してしまうことがあります。焦りは禁物なので、堅実な思考を心がけましょう。

食神×胎の年の運勢

・食神の「安定した年」という要素が加わります。ストレスがかからず、うまい具合にインスピレーションが得られるでしょう。行動力は乏しいですが、食神の強運気な要素がプラスされている時期なので、積極的に行動してみると良いでしょう。

傷官×胎の年の運勢

・傷官の「破壊の年」という要素が加わります。精神的に悩ましい時期となります。理想と現実のギャップに苦しむときです。しかし、考えることをやめてはいけません。この時期は、希望が生まれる時期でもあります。悩んで悩んで悩んだ先に、希望が生まれるはずです。古い考えを捨て去る時でもあります。

偏財×胎の年の運勢

・偏財の「行動の年」という要素が加わります。他者との交流によって、新たなインスピレーションが得られる時期でしょう。自我は弱い時期なので、周囲の人の影響を受けやすくなります。自分をしっかりもって、他者との交流を広げていくと良いでしょう。

正財×胎の年の運勢

・正財の「コツコツ頑張る年」という要素が加わります。一つ一つ堅実に、コツコツ進めていくときです。責任感が増し、さぼらずに継続できる時期でしょう。年の終わりの時期には、ある程度結果が出ることも予期されます。結婚にも縁があるかもしれません。

偏官×胎の年の運勢

・偏官の「多忙・行動の年」という要素が加わります。変化を強いられることがあり、苦労を要します。特に、仕事面では、プレッシャーがかかる時期です。様々な苦労を得て、何か大切なものが見つかる時です。偏官の次の年は、落ち着いて、整理できるはずです。(陽干は正官、陰干は印綬。)苦労を糧にする時期です。

正官×胎の年の運勢

・正官の「責任感が増す年」という要素が加わります。責任感が増し、真面目となります。芽生えた理想に対して、今できることを行っていく年となります。堅実で、現実的なので、成果は現れるでしょう。

偏印×胎の年の運勢

・偏印の「小休止の年」という要素が加わります。考えにムラが出やすく、コロコロ変わります。小休止の年なので、物事は進みずらいです。ここで焦りを覚えるのは禁物です。神様が与えてくれた余暇期間と捉え、趣味を充実させると良いでしょう。特に、伝統的な芸術にふれると、インスピレーションが得られるでしょう。

印綬×胎の年の運勢

・印綬の「勉強の年」という要素が加わります。これまでの人生の成果が出る年となります。考えを整理しやすく、自然とまとまるでしょう。自分がこれからの人生何をしていくかが、見つかる時でしょう。

以上となります。

十二運の年の運勢はこちらです!

是非、合わせてごらんください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事