pickup
【四柱推命】衰の年の運勢

四柱推命運勢編

十二運 衰の年の運勢

を解説します!

衰に当たる年と、衰の意味

衰の意味

・衰を人間のライフステージで例えると、「現役引退した老人」です。

・衰の意味は、保守、慎重、経験などがあります。

・衰の運勢の強さは「8」となります。強すぎず弱すぎずといった状態です。

・衰となる十二支は、以下の表のとおりです。

自身の十干 衰の年
辰年(2024年)
丑年(2021年)
未年(2027年)
辰年(2024年)
未年(2027年)
辰年(2024年)
戌年(2030年)
未年(2027年)
丑年(2021年)
辰年(2024年)

衰の年の運勢

衰の年の運勢①:保守的となる

・衰の年では、保守的となります。運勢はゆっくり衰弱していき、活力が低下します。行動も慎重となり、しっかり考えてから動くようになります。また、衰の年は、これまで行ってきたものを守る運気です。現状維持の時期です。

衰の年の運勢②:思考力に優れる

・衰の年は、冷静に物事を考えられる年となります。また、これまで経験したことを活かそうとするため、思考の幅が広がります。前のめりになることもないので、物事を俯瞰的にとらえることが出来ます。冷静で思考力が優れるので、動き回るよりは、指揮する立場のほうが上手くいくでしょう。

衰の年の運勢③:落ち着いた日常

・衰の年は、落ち着いた日常となります。こだわりは少なく、周囲と衝突することはありません。波風立てずに、穏やかに生活を送れます。また、衰の運気は、忙しさに終止符が打たれることが多いです。この時期は、趣味を充実させることが出来る時期です。何かを勉強しても吉です。

通変星ごとの衰の運勢

比肩×衰の年の運勢

・比肩の「出発の年」という要素が加わります。慎重になりつつも、何か始めていくときとなります。表舞台で華やかに始めるというよりかは、水面下でコツコツ何かを始めるといった始め方です。チャンスは少ないですが、その分邪魔も入りにくいので、何事も自分次第となります。

劫財×衰の年の運勢

・劫財の「波乱の年」という要素が加わります。劫財の自己主張やアクの強さが上手く抑えられます。落ち着いて穏やかですが、やや情に流されやすくなります。金銭面での貸し借りは控えましょう。遊びやプライベートが充実する年となります。お金の使いすぎには注意です。

食神×衰の年の運勢

・食神の「安定した年」という要素が加わります。落ち着いた時期を過ごすことが出来るでしょう。こだわりはなく、何事もやる気は出てきませんが、何かと恵まれた時期です。周囲が気にかけてくれたり、趣味が充実したりします。積極性を意識すると、より発展していくでしょう。

傷官×衰の年の運勢

・傷官の「破壊の年」という要素が加わります。思考力に優れ、頭の回転が速くなります何かを学ぶのに良い一年です。殻に閉じこもりやすく、孤独となりやすいので、上手く自己表現できると良いでしょう。

偏財×衰の年の運勢

・偏財の「行動の年」という要素が加わります。交友関係が広がる年です。特に、目上の方との交流に縁があるでしょう。目上の方の思考を吸収して、思考力が磨かれるときです。積極的に行動して吉です。

正財×衰の年の運勢

・正財の「コツコツ頑張る年」という要素が加わります。保守的な面が強く出ます。何事も慎重となるため、大きな失敗はしない一年となります。自分の興味あることをコツコツ極めていくと、より充実した一年となります。

偏官×胎の年の運勢

・偏官の「多忙・行動の年」という要素が加わります。実行力と思考力のバランスが上手くとれる一年となります。仕事は出来る年でしょう。仕事がやや多忙となるので、仕事とプライベートの線引きをしたほうが、落ち着くでしょう。飲み会などは、断る勇気を持つことも大事です。

正官×衰の年の運勢

・正官の「責任感が増す年」という要素が加わります。思考力、判断力に優れた年となります。この判断をしたらどうり来駕展望していくか、といった先行きが読めるようになるので、効率的に行動していけるでしょう。無駄が少ない一年でしょう。

偏印×衰の年の運勢

・偏印の「小休止の年」という要素が加わります。変わった思考となりやすいです。伝統的なものに興味を持つことが多く、何かを学んでいく一年となります。伝統的なものや、専門的スキルなどだけではなく、趣味などでも大丈夫です。打ち込むものがあれば充実した一年となります。

印綬×衰の年の運勢

・印綬の「勉強の年」という要素が加わります。思考力に優れた時期です。物分かりが良く、勉強が出来る年になります。本を読むなど、日ごろから教養に触れることが、開運の鍵でしょう。

以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事