pickup
【四柱推命】死の年の運勢

四柱推命運勢編

十二運 死の年の運勢

を解説します!

死に当たる年と、死の意味

死の意味

・死を人間のライフステージで例えると、「死ぬ時」です。

・死の意味は、停滞、別離などがあります。

・死の運勢の強さは「2」となります。やや力不足といった状態です。

・死となる十二支は、以下の表のとおりです。

自身の十干 胎の年
午年(2026年)
亥年(2031年)
酉年(2029年)
寅年(2022年)
酉年(2029年)
寅年(2022年)
子年(2020年)
巳年(2025年)
卯年(2023年)
申年(2028年)

死の年の運勢

死の年の運勢①:変化が少ない

・死の年は、衰や病の年と異なり、運勢が止まるまで低下します。気力や決断力は低下し、何事もやる気が出ない年となります。また、運勢が止まるので、何も起きない年となります。良くも悪くも、変化が少ない年となります。

死の年の運勢②:勉強に吉

・死の年は、勉強するのに吉な年です。何も起きない年ということは、何にも邪魔されないということです。自分の内面を研ぎ澄ましたり、自分の好きなことをとことん極められるときなのです。誰にも邪魔されず、黙々と勉強できます。集中できます。自分次第なことは、成果が出やすくなります。

死の年の運勢③:孤独になりやすい

・死の年は、何事もやる気がなくなります。仕事だけでなく、人間関係も面倒と感じるのです。また、外からの圧力がなくなる時なので、人間関係の関わりは、極端に減ります。結果的に、孤独となりやすいのです。

通変星ごとの死の運勢

比肩×死の年の運勢

・比肩の「出発の年」という要素が加わります。比肩の独立独歩という意味と、死の孤独が合わさり、孤独な一年となります。淡々と努力をするので、順調にレベルアップはしますが、それ以外は変動が少なくなります。

劫財×死の年の運勢

・劫財の「波乱の年」という要素が加わります。劫財の独立独歩という意味と、死の孤独が合わさり、孤独な一年となります。楽な方に流れやすい年でもありますので、何か目標をもつと良いでしょう。

食神×死の年の運勢

・食神の「安定した年」という要素が加わります。リラックスして過ごせる年となります。発展性はあまりなく、時間だけが流れていくような年です。興味ごとが見つかると、とことん吸収していく年でもあるので、その場合、発展します。

傷官×死の年の運勢

・傷官の「破壊の年」という要素が加わります。感受性が豊かになる年です。芸術的センスが花開くこともあります。創作活動に打ち込んでみると、良いでしょう。孤独になりやすい時期ですが、自分の内面を整理する良い機会です。

偏財×死の年の運勢

・偏財の「行動の年」という要素が加わります。多忙ですが、積極性はなく、なんとなく行動している状態となります。目的意識をもつことが大事ですが、何もやる気がなく、何もできないなんてこともあるでしょう。そうなると、一旦している活動を最大限セーブすると良いでしょう。後々になって、行動欲が出てくるはずです。

正財×死の年の運勢

・正財の「コツコツ頑張る年」という要素が加わります。努力が継続しにくく、行動が断続的となります。また、金銭面の扱いも雑になりやすいです。最低限、金銭面の扱いには気を付けましょう。努力は、やる気が出た時にしっかり行うくらいで良いでしょう。

偏官×死の年の運勢

・偏官の「多忙・行動の年」という要素が加わります。仕事のトラブルに巻き込まれることがありそうです。上司との衝突、部下のカバーなど、面倒なことが起きますが、1つずつ対処しましょう。苛立つこともあるでしょうが、忍耐期として割り切りましょう。

正官×死の年の運勢

・正官の「責任感が増す年」という要素が加わります。淡々と仕事をこなしていく一年となります。新しい趣味や勉強などを行っていくと、充実した一年となるでしょう。本を読んで教養を身に着けると吉です。

偏印×死の年の運勢

・偏印の「小休止の年」という要素が加わります。自分の興味あること以外に視野が広がりません。こういう時は、興味ごとをとことん行うと良いでしょう。やることを絞ることによって、上手く成果が表れます。

印綬×死の年の運勢

・印綬の「勉強の年」という要素が加わります。物思いにふけることが多くなり、考えが哲学的、宗教的となります。また、哲学、宗教、占いなどの精神的なものに興味がわく時期となります。勉強してみるのも、一年を充実させる一つの方法です。

以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事