pickup
【四柱推命 十二運】胎の意味・性格・特徴・通変星との関わりを解説します。

四柱推命 十二運

について

意味や性格・特徴、

各通変星との組み合わせの特徴

について解説します。

胎の意味

胎の意味

・胎を人間のライフステージで例えると、「お腹の中の胎児」です。生命が誕生した状態です。

・胎の運勢の強さは「3」となります。やや力不足といった状態です。

・胎となる十二支は、以下の表のとおりです。この表より、日干支が、丙子、丁亥、戊子、己亥、壬午、癸巳は、胎を持つことになります。

自身の十干 胎の十二支

胎の性格・特徴

胎の性格・特徴①:想像力が豊か

・胎は生命が誕生する時です。何かを生み出すことが得意なのです。想像力豊かで、アイデア力があります。やや気分屋で、持続力実行力は乏しいため、推進力のある方と組むと、アイデア力が上手く活かされます。

胎の性格・特徴②:多才

・胎の方は、想像力豊かです。その根底にあるのは、感覚が優れていることです。理屈よりは感覚で物事を捉えます。物事の上達が速い器用な方です。必然的に、多芸多才となります。

胎の性格・特徴③:ロマンチスト

・胎の方は、ロマンチストです。ムードを大事にします。特に、恋愛に対してこの傾向が出ます。例えば、大衆居酒屋ではなく、夜景の見える高級レストランを好むといった、ロマンチストな方なのです。胎の方と恋愛すると、映画のようなロマンチックな恋になるかもしれません。

各通変星との組み合わせ

胎×比肩

・胎の要素に、比肩の頑張り屋さんな要素が加わります。非常に素直な方で、頑張り屋です。比肩の行動力、積極性が追加され、胎のアイデアを、机上の空論のままとどめておくことなく、上手く実践できるでしょう。

胎×劫財

・胎の要素に、劫財の強引さが加わります。苦労が多い方ですが、苦労を糧に成長していく人です。優しく情に流されやすいところがあるので、周囲に騙されないように注意も必要となります。

胎×食神

・胎の要素に、食神の楽しい雰囲気が追加します。楽しい雰囲気をまとった方で、周囲に可愛がられるタイプです。優柔不断で、周囲の影響を受けすぎますが、周囲に恵まれるので、トラブルは少なくなります。ロマンチスト恋愛上手です。

胎×傷官

・胎の要素に、傷官の繊細さが加わります。繊細で傷つきやすく、内面では、常に他者に認めてもらいたいといいう承認欲求を持っています。アイデア力が優れ、独創的です。また、ロマンチストです。恋愛は、華やかになります。

胎×偏財

・胎の要素に、偏財の社交性が加わります。人付き合いが広く、周囲の意見に左右されがちとなります。良くも悪くも、周囲の影響を受けやすいので、身を置く環境が重要になってきます。お人よしで、優しい方です。

胎×正財

・胎の要素に、正財の堅実さが加わります。協調性が高く、自己主張が控えめとなります。お酒を飲むと、饒舌になり、自分を上手く表現します。家庭運、結婚運が良い方です。

胎×偏官

・胎の要素に、偏官の頑張り屋な要素が加わります。何事も努力し、吸収していこうとする方です。苦労も多いです。周囲に対して、上手く自分の考えを伝えられるようになると、運勢は好転します。

胎×正官

・胎の要素に、正官の真面目さが加わります。胎のアイデア力に、思考力、判断力が加わります。冷静に物事を判断できるようになり、決断力ある方となります。努力家で、人の上に立ち指導できる方です。

胎×偏印

・胎の要素に、偏印の器用さが加わります。器用で、アイデア力もあり、才能に恵まれた方となります。何をしても割とすぐに出来る方なので、飽きるのも早いです。気分屋な面もあるので、ともすると器用貧乏になる方です。打ち込むことを絞ることで、開運していく方です。

胎×印綬

・胎の要素に、印綬の思考力が加わります。行動力はないですが、思考力が優れた方となります。常に冷静で、物事を論理的に考えることができます。一方、感覚的にも思考できます。思考力においては、右に出るものはいないくらい優れます。

以上となります。

他の十二運について知りたい方は、こちらから!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事