pickup
【四柱推命 十二運】死の意味・性格・特徴・通変星との関わりを解説します。

四柱推命 十二運

について

意味や性格・特徴、

各通変星との組み合わせの特徴

について解説します。

死の意味

死の意味

・死を人間のライフステージで例えると、「死ぬ時」です。

・死の運勢の強さは「2」となります。やや力不足といった状態です。

・死となる十二支は、以下の表のとおりです。この表より、日干支が、甲午、乙亥、庚子、辛巳は、胎を持つことになります。

自身の十干 死の十二支

死の性格・特徴

死の性格・特徴①:せっかち

・死の方は、せっかちな方となります。歩くスピードが速かったり、食事するスピードが速かったりと、何事もテキパキしています。判断力に優れた方です。

死の性格・特徴②:技芸学芸の才

・死の方は、努力家で内向的です。何かをコツコツ学ぶのが得意な方です。技芸学芸の才があり、コツコツ学んで、一芸に秀でます。

死の性格・特徴③:霊感がある

・死の方は、霊感がある方が多いです。直観が鋭く、霊的なものを感じる能力に長けています。占い師に多い星となります。悟りを開いているような、落ち着きや割り切りもあります。

各通変星との組み合わせ

死×比肩

・死の要素に、比肩の頑張り屋さんな要素が加わります。自らの努力によって開運していく方です。若年期は苦労が多いです。また、内向的で孤独となります。理解してくれる配偶者を得ると、運気は上昇します。

死×劫財

・死の要素に、劫財の強引さが加わります。苦労が多く、周囲の力は期待できません。また、内向的で孤独です。まずは、自分自身が発展のため努力していくことで、道は開けてきます。

死×食神

・死の要素に、食神の楽しい雰囲気が追加します。食神の温厚さは薄れ、せっかちな性格となります。何事もテキパキこなす方で、仕事が出来ます。また、芸術的センスに恵まれます。

死×傷官

・死の要素に、傷官の繊細さが加わります。芸術的センスに恵まれた方です。こだわりが強く、目標実現のために努力していく方です。華美で目立つ方です。

死×偏財

・死の要素に、偏財の社交性が加わります。多忙すぎて、自分自身を見失うこともあります。また、周囲の方や、父親の助けが当てにならないことがあります。専門的なスキルを身に着けると、商才があるので、上手くスキルを活かし商売できるでしょう。

死×正財

・死の要素に、正財の堅実さが加わります。堅実ですが、不器用です。成長や発展に時間がかかりますが、焦りは禁物です。コツコツ時間をかけて努力することで、成果が出る方です。

死×偏官

・死の要素に、偏官の頑張り屋な要素が加わります。頑固で、会社や組織とトラブることがあります。組織に振り回されることがあるので、自分の専門分野を身に着け、勝負すると良いでしょう。

死×正官

・死の要素に、正官の真面目さが加わります。仕事関係で、不利な役回りとなることがあります。上司と衝突したり、部下のミスをカバーしないといけなかったりします。他者との信頼を意識して、人間関係を築くと、上手くいくでしょう。

死×偏印

・死の要素に、偏印の器用さが加わります。風変わりな方です。独特の世界観を持っており、内向的です。専門性が高く、発展します。過度に、自分の殻に引きこもると、孤独になるので、他者とかかわる趣味を持つと良いでしょう。

死×印綬

・死の要素に、印綬の思考力が加わります。思慮深い方となります。賢く、勉強が出来る方で、頭の回転も速いです。周囲は、速い頭の回転についていけないこともあります。わかりやすく伝達する能力を身に着けると、仕事も人間関係も充実します。

以上となります。

他の十二運について知りたい方は、こちらから!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事