pickup
【四柱推命 十二運】病の意味・性格・特徴・通変星との関わりを解説します。

四柱推命 十二運

について

意味や性格・特徴、

各通変星との組み合わせの特徴

について解説します。

病の意味

病の意味

・病を人間のライフステージで例えると、「病人」です。

・病の運勢の強さは「4」となります。やや力不足といった状態です。

・病となる十二支は、以下の表のとおりです。この表より、日干支が、丙申、丁卯、戊申、己卯、壬寅、癸酉は、胎を持つことになります。

自身の十干 病の十二支

病の性格・特徴

病の性格・特徴①:直観力が鋭い

・病の方は、直観力が鋭い方です。特に、対人関係でこの傾向が出ます。相手の求めていることを察することが出来るため、人間関係を築くのが上手です。ほかにも、嘘はすぐ見破ってしまう傾向があります。

病の性格・特徴②:芸術的なセンスがある

・病の方は、感受性豊かです。芸術的なセンスに恵まれ、独創的な表現が出来る方です。仕事では、独特なアイデアを出せるので、重宝されます。

病の性格・特徴③:病弱

・病の方は、文字の通り、病弱な方となります。健康面では優れず、体力・気力がない方です。普段から健康に気を使っていると、運勢は良くなっていきます。

各通変星との組み合わせ

病×比肩

・病の要素に、比肩の頑張り屋さんな要素が加わります。健康面はプラスされますが、周囲とのトラブルがある方です。特に、身内と金銭面のトラブルには、注意が必要です。普段から、親戚づきあいや、財布のひもを締めるなど、対処しておくと良いでしょう。

病×劫財

・病の要素に、劫財の強引さが加わります。苦労が多い方です。特に、生家に恵まれず、離れることがあります。孤独にもなりやすいので、人とかかわる趣味を持つと良いでしょう。

病×食神

・病の要素に、食神の楽しい雰囲気が追加します。気力や体力に恵まれない方となります。体力をつけると、開運していきます。また、芸術的なセンスに恵まれる方です。

病×傷官

・病の要素に、傷官の繊細さが加わります。神経質ではありますが、協調性が強く、他者に親切です。また、芸術的なセンスに恵まれた方です。頭もよく、発展性があります。

病×偏財

・病の要素に、偏財の社交性が加わります。人付き合いが広くなりすぎて、消耗することがあります。人間関係やコミュニティをいくつかに絞ることで、上手くバランスを取れるでしょう。

病×正財

・病の要素に、正財の堅実さが加わります。夢見がちな部分と、現実的な部分が、内部で葛藤します。金銭的に苦労する可能性があるので、現実的に生きるほうが無難でしょう。

病×偏官

・病の要素に、偏官の頑張り屋な要素が加わります。頑張りすぎて、自分のキャパを超えることがあります。効率性を重視することで、上手く開運していくでしょう。

病×正官

・病の要素に、正官の真面目さが加わります。力強さはないですが、実力者です。マネジメント力が優れ、リーダーに向いています。仕事が出来るタイプです。パートナーとの相性も良好です。

病×偏印

・病の要素に、偏印の器用さが加わります。病弱で、体を壊しやすい方です。健康面は常に、注意が必要です。アイデア力、芸術的なセンスなどに恵まれた方なので、体力をつけ行動力が上がると、発展します。

病×印綬

・病の要素に、印綬の思考力が加わります。どんなときも冷静に物事を見れる方です。思考力に優れます。何かを教えることが得意な方です。気遣いが出来、親切なので、周囲から慕われます。

以上となります。

他の十二運について知りたい方は、こちらから!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事