pickup
四柱推命占いの無料占い(星の意味)が当たらない理由

こんにちは。もりちゃです。

四柱推命占いで○○の星だから良いなんて言われたけど、当たらなかった!

なんてことあると思います。

実はこれは、意外と起こり得ることなのです。

理由は、星の意味(無料占い)は、

一部でしかないから

です。

例えば、基本性格を表す日干は、

生まれた年、月、日、時間のうち、

日の一部しか考慮していません。

山を表す戊があなたの日干だったとしても、

太陽、水、木が揃った自然豊かな山なのか、

火が多すぎて山火事のように激しく燃えた山なのか、

水が多すぎて、土砂崩れを起こしそうな山なのか、

他の情報によって占い結果は異なります。

もちろん、ここまで異なるのは稀なパターンで、

多くの場合は星を見れば、

ある程度は的中できます。

ただ、当たりにくいパターンを抑えておくことで、

より正しく鑑定できるようになるでしょう。

今回は、

星の意味が当たらない理由と、

当たらないパターンについて

解説していきます。

こんな方におススメ

・なぜか星の意味が当たらない
・占いが当たらない理由を知りたい
・当たらない場合、どうしたら良いか知りたい

注:星の意味が鑑定の基本になっているので、

星の意味を否定はしません。

一部の星だから無視して良いなんてことはありません。

無料占いや星の意味を全否定する記事ではないので、

その点は認識のほど、宜しくお願い致します。

星が当たらないのは、一部でしかないから

上でも述べましたが、

星の意味が当たらないのは、

その人の命式の一部でしかないからです。

四柱推命は本来、

生年月日と生まれた時間の情報を

すべて考慮して、鑑定します。

全ての情報は命式という形で出力されますが、

例えば、この中の基本性格を表す日干は、

日の一部の情報にすぎません。

一方、命式で出てくる情報には、

図のようにたくさんあります。

命式例。
たくさんの情報が出てくる中、
日干を表すのは、〇のみ。

結局、命式を見ると一目瞭然なのですが、

星の表すところは、一部分なのです。

では、性格に占うには、どうすれば良いのでしょう?

結論:プロに占ってもらうのが一番良い

正確に占ってもらうには、

結論、プロに占ってもらうのが一番良いです。

プロの鑑定士さんは、

命式の一部だけ見るなんてことはしません。

命式のバランス、運勢の流れ、適性など、

全ての情報を見て、鑑定結果を導きます。

実は、数分生まれた時間が異なると、

鑑定結果が大きく異なる場合もあります。

全体のバランスが変わってくるからです。

しかし、星の意味しか見ていない場合は、

全体のバランスなんて見ていないので、

鑑定結果は同じと誤認します。

本当にしっかり見ていただきたいなら、

一度プロにお願いすることをお勧めします。

これを機に、プロに占って頂いてはいかがでしょう。

昨今では、電話占いサービスのように、

気軽にプロに占ってもらえるサービスが増えています。

ちなみに、電話占いは、

占い師のレベル・数などの点から

【電話占いヴェルニ】をお勧めします。

では、最後に、四柱推命が当たらないパターンを

命式例とあわせて解説していきます。

割と四柱推命の知識がないと

理解し難いかもしれませんが、

よろしければ見ていただけると幸いです!

注:流派によって見方が異なるため、

絶対解でないことをご容赦ください。

四柱推命の星の意味が当たりにくいパターン

四柱推命の星の意味が当たりにくいパターンを

4つほど見ていきます!

五行バランスが偏った命式

バランスが偏った命式

五行のバランスが極端に偏った命式の場合、星の意味が当たりにくくなります。偏った星回りの時が良く、その星を弱める五行が回ってくると、たとえ吉星でも、悪く作用します。

・自身が金の五行の場合で、命式の金のバランスが極端に強い方は、金が弱まる官星の周りは悪くなります。本来良い正官でも、仕事のトラブルがあると見ます。

金の五行が極端に強い例。

喜神・忌神を考慮していない(五行バランスを考慮していない)

喜神・忌神を考慮していない

・喜神とは、良い五行(星)、忌神とは、悪い五行(星)です。四柱推命には、良い五行・悪い五行があります。命式の全体から判断します。良い五行だと、たとえ凶星(偏官・偏印・劫財・傷官)でも、良く働きます。逆も起こり得ます。(本当はもっと複雑で、そもそも喜神・忌神は自分で決めるべきとも言えます。)

例えば、木の五行で、水が欠けている方は、水の五行が良い五行となります。偏印の凶星でも、良く作用します。逆に水を弱める土の五行は悪くなります。そうなると、木から見て土は財星で吉星なのに、悪く作用します。

木の五行の方の例。
水が欠けているため、
第一に水の潤いを求めます。
(厳密には、申・辰内に水は含むものの、
この場合は子が回らない限り弱いでしょう。)

大運と年運の関係を考慮していない

大運と年運の関係を考慮していない

・年運が吉星が回ってきても、大運がその吉星を剋する作用を持っていると、良い働きをしません。逆に悪い年運が大運に抑えられていたら、発展性は強まります。

・例えば、大運が傷官で年運が正官なら、正官で官位を得られる良い時期なのに、傷官が官位を潰すから、波乱な年運となります。

大運が傷官の16~25歳の時期は、
たとえ正官が回ってきても、
傷官が正官を潰すため、
仕事のトラブルがあると見ます。

十二支同士の関係を考慮していない

十二支同士の関係を考慮していない

・十二支同士の関係を考慮していないと、五行が極端に異なったり、天中殺期間なのに影響を受けないなんてことも見逃します。三合や方合のように、3つの十二支が揃うと、ある五行が強まる場合があります。この時、喜神・忌神の判断も誤り、結果的に星の意味も当たらなくなることがあります。

・例えば、寅卯天中殺の方が、地支に亥卯未を持っていると、卯の天中殺はあまり作用しません。また、木の五行が卯しかなくても、命式内の木の五行の強さは強いと見れます。(ここら辺は流派によると思います。)

寅卯天中殺の方が亥卯未を持っている場合。
この場合、たとえ卯が回ってきても
天中殺の影響は受けにくいと見れます。
(卯が欠けていたら尚のこと。)
また、木の五行が少なく見えますが、
亥卯未は木の五行を強めるので、
そこまで弱くありません。

この記事のまとめ

この記事のまとめ

・星の意味が当たらないのは、星が単に一部の情報に過ぎないから。

・全体をしっかり見ていただきたいなら、プロにお願いするのが一番

今すぐプロに占って頂きたい方は、

まずは、【電話占いヴェルニ】公式サイトでチェック!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事