pickup
嫌われる勇気と幸せになる勇気を読んだまとめ

あなたは、「嫌われる勇気」について、

ご存知でしょうか?

哲学や自己啓発とも言われる、

「アドラー心理学」を解説した書籍になります。

今回は、「嫌われる勇気」と、

その続編である「幸せになる勇気」を

についてまとめていきます。

嫌われる勇気とは?

嫌われる勇気は、

2013年に出版された書籍であり、

「アドラー心理学」を物語形式で解説しています。

2017年には、ドラマ化もされ、

日本では、一躍有名になりました。

アドラー心理学自体、

ギリシャ哲学と地続きの思想です。

哲学の元となる

「幸福とは何か。」

「どう生きるべきなのか。」

といったところがアドラー心理学の

元とも言えます。

平たく言うと、

より幸せに生きるためのヒント

つまっているのです。

では、実際にポイントを見ていきましょう!

ポイント1:原因ではなく、「目的」!

多くの心理学が、行動の原因を探るのに対し、

アドラー心理学では、その行動の目的を見ます。

全ての行動は、何らかの目的があると考え、

目的に沿った行動をとるとされています。

少しややこしいので、例を考えてみましょう。

例えば、「外に出たいのに、不安で出られない方がいたとします。」

これを、アドラー流(目的)で考えてると、

「外に出たくないから、その言い訳として、不安になる。」

と考えるのです。

原因と思っていることは、

行動をしたいためのあくまで口実なのです。

その行動の目的を考えることで、

より深く自己理解が出来るのです。

ポイント2:すべての悩みは、対人関係の悩み

アドラーは、

「全ての悩みは、対人関係の悩みだ」と主張します。

この世の中に、自分一人だけしかいなければ、

悩みなんてないと考えるのです。

対人関係があるから、

その中で劣等感や、承認欲求の追求などが起こり、

悩むのです。

ポイント3:対人関係のポイント「課題の分離」

アドラー心理学では、

他者の課題に踏み込んではいけないとします。」

現代では、相手のためを思って、

「○○しなさい」とアドバイスすることが多々あると思います。

知識や経験不足を補うためのものは良いです。

(例:上司が部下に仕事内容を教えるなど)

しかし、相手の人生に対して、自分の理想を口出ししてはいけないのです。

相手の人生は相手自身が生き、責任を取るのです。

子供に対して、「○○大学に入学すべき!」という親、

友達に対して、「大手企業に就職すべき!」という人、

など、これらは、他人の課題に土足で入り込んでいる例です。

また、逆もしかりで、自分の課題を投げ出して、

他者のアドバイスのせいにすることもいけません。

「親が○○大学に入れと言ったから入ったのに、失敗につながった」

「友達が大手企業に入れと言ったから入ったのに、全然活躍できない。」

このような、他責もいけません。

ポイント1の「原因より目的」につながりますが、

これは、自分が失敗しても言い訳が出来るから、

他者のアドバイスを鵜呑みにしたが故です。

自分の人生を生きれるのは、自分だけなのです。

だからこそ、課題の分離を行い、

誰の課題かを意識する必要があるのです。

ポイント4:幸せとは?

幸せとは、自分の価値を気づくことです。

私たちが、自分の価値を実感できるときは、

誰かの役に立っているという貢献感を得た時です。

このためには、以下が必要だとされています。

自己受容(ありのままの自分を受け入れる。)

他者信頼(他者を仲間と思い、根拠ない信頼を寄せる。)

他者貢献(他者に積極的に貢献する。)

自己受容で自分を信じているから、

「他者を信じる自分」を信じられ、

他者を信頼するからこそ、

そこに積極的に貢献しようと思ったり、

他者貢献出来ていることに幸せを感じ、

自分に自信が持てるから、自分を信じることが出来る。

このように、これらが補い合うことで、

貢献感を実感でき、幸せになれるのです。

ポイント5:今ここに生きること

「自分が今ここで出来ることをすること」

が重要であるとされています。

これも、ポイント1と似ていますが、

出来ない原因を考えるのではなく、

目的のために今できることを考えることが重要とされています。

過去や未来はその人の意味づけ次第で変わる。

他者との関係を変えるためにまず自分が変わる。

(他者が変わるかはあくまで他者の課題。

自分が変わるのは、自分の課題。)

このように、今できることを連続して行うことが、

人生を変化させ、幸せにつながるのです。

今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

参考書籍

おすすめの記事