pickup
四柱推命 十干 己の全知識〜意味・性格・相性・十二支との関係~面倒見の良いマイペースタイプ

人々の基本の性格や特徴を表す「四柱推命の十干」を解説します!
 
 
今回は、畑や大地を表す己(つちのと)です。
 
 
己の方は、一体どんな性格の持ち主なのでしょうか。
 
 
では、さっそく紹介します。
 
 

己の意味

 
 
己は、五行は土、陰陽は陰にあたります。
 
 

自然界で例えると、万物を育てる田畑です。
 
 

己の基本性格

 
 
・マイペース、粘り強い
 
 
畑では、毎日辛抱強く耕せば、収穫を得ます。

 
 
己の方は、一旦目標を定めると、歩みは遅くても、

マイペースに継続して進んでいき、達成することができるタイプです。
 
 
 
 
・育成の才能がある
 
 
畑は作物など万物を育てます。

 
 
己の方は、人を育て、教え導く才能を持っています。

 
 
また、人だけに限らず、植物や動物などに対しても育てる才能があります。
 
 
 
 
・保守的、庶民的
 
 
己は同じ土の戊と異なり、人々が生活をする場所(土地)です。

 
 
己の人は人々の生活を重視します。
 
 

そのため、庶民的安定を好みます。
 
 
 
 
・争い事が苦手
 
 
己は人々が生活を送る場所であるため、己の方も、調和を重んじます。

 
 
争い事を好まず規律ルールを守ろうとします。
 
 

一旦争いが起きると、被害に遭わないように保身し逃げてしまいます。
 
 
 
 
・多芸多才
 
 
畑ではあらゆる作物を育てます。

 
 
己の人は、あらゆることを器用にこなすことができます。

 
 
多芸多才なタイプです。

 
 
時に器用貧乏となるくらい出来ることが多すぎる人もいます。
 
 
 
 

己の十二支別の性格

 
 
己巳の性格(納音:大林木)

 
 
己がの旺じる巳に座しています。

 
 
外見は穏やかですが、
自分のをしっかり持った方です。

 
 
特に、持久力に優れ、歩みは遅いですが、
マイペースに自分の実力を積み上げていくことが出来る方です。

 
 
研究熱心なこともあり、
多くの知識を有することもあります。

 
 
内面は繊細で、周囲への懐疑心が強いです。
慎重に物事を進めていくタイプです。

 
 
 
 

己卯の性格(納音:城頭土)

 
 
己がの旺ずる卯に座しています。

 
 
人に対して優しく素直です。
人と接することが好きなタイプです。

 
 
人間関係では、周囲の人に献身的に尽くします。
おとなしく、控えめで、協調性もあります。

 
 
人間関係に関しては問題ないタイプです。

 
 
自分の意志はやや弱く、壁に当たるとすぐあきらめる傾向があります。
内面では、プライドが高いです。
傷つきたくないから、すぐにあきらめるとも言えます。

 
 
自我をしっかり持つことが開運の鍵です。

 
 
 
 
己丑の性格(納音:霹靂火)

 
 
己が湿土の丑に座しています。

 
 
60干支で1番のマイペースな方です。
根気強い方で、ゆっくり自分の道を歩んでいきます。

 
 
外見は穏やかですが、内面は情熱的です。
内面の強い自我もあり、根気強くなるのです。

 
 
外のことは無頓着です。
人は人、自分は自分と割り切っているため、競争社会には向きません。

 
 
周囲と異なっても、自分が納得する道を選ぶことで、
運気は上昇します。

 
 
 
 
己亥の性格(納音:平地木)

 
 

己がが旺じた亥に座しています。

 
 
見た目は穏やかですが、内心は葛藤があります。

 
 
畑である己が、亥の大量の水をコントロールできないように、
己亥の方は、強い自我と理想があるのに、
現実が伴わず葛藤することがあるのです。

 
 
器用な方でもないので、若年期は、実力不足で苦労します。

 
 
しかし、努力家ですので、着々と実力をつけられる方です。
実力が伴うと、葛藤は自然に消えていくでしょう。

 
 
また、人に対して優しい慈愛をもった人です。

 
 
 
 

己酉の性格(納音:大駅土)

 
 
己がが旺じた酉に座しています。

 
 
素直で、人に対して親切です。
育成の才が強く、己酉の方には、
自然と人が集まってきます

 
 
頭の回転も速く、聡明な方です。

 
 
外見に派手さはないですが、
人を引き付ける魅力があるので、
存在感があります。

 
 
 
 
己未の性格(納音:天上火)

 
 
戊が暑い土である未に座しています。

 
 
自我が強く、ブレない信念を持ちます。
安定感ある方です。

 
 
真面目で堅実なので、自分の方向性を見失わず、
進んでいくことが出来る方です。

 
 
自己主張が強く、周囲との衝突もあるでしょうが、
気にしないタイプです。

 
 
人間関係はドライで、
「人は人、自分は自分」と割り切って考えられる方です。

 
 
人間関係のしがらみはないでしょう。

 
 
f:id:morichayuya:20190527170602j:image

他の十干との相性

 
 
甲(木の陽)との相性
 
 
大木(甲)が畑(己)をほぐします。

 
 
甲は己から栄養分をもらい、

己は甲にほぐしてもらい良い土となります。

 
 
お互いに惹かれ合う良い相性です。

 
 
互いが互いを必要とします
 
 
 
 
乙(木の陰)との相性
 
 
草花(乙)が柔らかい土(己)の上で育ちます。

 
 
乙は己が嬉しい関係となるため喜びます。

 
 
己は、乙に求められる相性です。

 
 
乙が己の養分をもらい、

乙が枯れたあと己の肥料となります。

 
 
互いに必要な相性です。

 
 
己が乙を見守ります。
 
 
 
 
丙(火の陽)との相性
 
 
大地(己)を太陽(丙)が暖かく照らします。

 
 
己は丙から恩恵を受けることができる相性です。

 
 
丙が己に愛情を注ぎ、育てることができます。

 
 
特に、命式に水が多い己は、

丙は必要不可欠であります。
 
 
 
 
丁(火の陰)との相性
 
 
湿った炉(己)の中で炎(丁)が燃えます。

 
 
五行では、火から土が生まれるのですが、

丁火が己土を少し熱くする程度作用となります。

 
 
己に丁は影響を与えづらい相性となります。

 
 
炉が炎を守り、火から土が生じるため、

お互いがお互いにサポートします

 
 
気持ちが落ち着く相性です。
 
 
 
 
戊(土の陽)との相性
 
 
山(戊)と畑(己)が並んでいます。

 
 
戊の方がエネルギーが大きいため、

己はやや萎縮してしまいます
 
 
しかし、戊は己の味方となってくれることが多く、

己が頼ると戊はリードしてくれます。

 
 
頼れるお兄さんのような方となります。
 
 
 
 
庚(金の陽)との相性
 
 
湿った土(己)が鉄塊(庚)を生み出します。

 
 
己が庚に奉仕して、庚が喜びます。

 
 
己が甘やかしすぎると、

庚は土に埋もれるだけとなるので、

距離感を持って見守るくらいの相性がベストです。
 
 
 
 
辛(金の陰)との相性
 
 
湿った土(己)の中で、宝石(辛)が生まれます。

 
 
己からみて、辛は幼く可愛い存在です。

 
 
なにかと面倒をみてあげたくなる相性です。
しかし、庚同様、甘やかしすぎに注意な相性です。

 
 
適度な距離を取り見守ることがベストです。
 
 
 
 
壬(水の陽)との相性
 
 
畑(己)を河川(壬)が押し流し、ドロドロにしてしまいます。

 
 
互いに悩ましく思う相性です。

 
 
五行では、土が水をせき止める(剋する)ので、

己が壬より優位な立場となるのですが、

壬のパワーが大きく、コントロールできません。

 
 
己が自分をしっかり持ち、壬のペースに流されないことが重要です。
 
 
 
 
癸(水の陰)との相性
 
 
畑(己)に雨水(癸)が潤いを与え、作物が育ちます。

 
 
癸が己に尽くして、己が恩恵を受けることができます。

 
 
己がわがままを言いすぎないこと、

癸が尽くしすぎないこと

(尽くしすぎると畑がドロドロとなる)

が重要です。

 
 
お互いがお互いを思い合うことで

良い相性となります。
 
 
f:id:morichayuya:20190527170606j:image

己の有名人

 
 
(丑):深田恭子さん、滝沢カレンさん、水卜麻美さん、比嘉愛未さん

 
 
(卯):永野芽郁さん、後藤拓実さん(四千頭身)、デヴィ夫人さん

 
 
(巳):大泉洋さん、井森美幸さん、中村アンさん

 
 
(未):林修さん、有田哲平さん、長友佑都さん、瀧本美織さん

 
 
(酉):綾野剛さん、りんたろー。さん(EXIT)、村上信五さん

 
 
(亥):城田優さん、カズレーザーさん、ベッキーさん
 
 
(十二支の性格はこちらから!)

四柱推命十二支の性格まとめ~五行(木・火・土・金・水)と季節の意味からも解説します!
 
 

余談:己の方の特徴(体験談)

 
 
己の友達は容量が良くない方が多いです。

 
 
しかし、どんな時もひたむきに何かに打ち込んで努力を重ねています。

 
 
いつのまにか、様々な事が出来るようになっています。

 
 
日々の努力を積み重ねることのできる己はスキルだけでなく、人として尊敬できます。
 
 

他の十干はこちらから!

他の十干の性格はこちらから!

五行
甲(木の陽) 乙(木の陰)
丙(火の陽) 丁(火の陰)
戊(土の陽) 己(土の陰)
庚(金の陽) 辛(金の陰)
壬(水の陽) 癸(水の陰)

 
 
今回も読んでいただきありがとうございます!

おすすめの記事