pickup
【心理コラム】「ストレス」「イライラ」を解消できない方へ~ストレスは解消しないが良い理由

こんにちは。もりちゃです。

あなたは、ストレスを解消しようとしたことはありませんか?

ストレス解消したくて、色々試したけど、上手くいかない!

ストレスなんて無くなった試しがない!イライラする!

ストレスを解消したくても、上手くいかなかったことは

ありませんか?

そんなあなたに朗報です。

ストレスは解消しない方が良いのです!

今回は、ストレスを解消しないほうが良い理由

について、解説していきます!

この記事を読むと

・ストレス解消しないほうが良い理由を知れる
・ストレス解消が及ぼすリスクについて知れる
・より良いストレスの捉え方が分かる

おすすめな方

・ストレス解消が出来なくて悩んでいる方
・ストレスが悪と誤認している方
・ストレスのより良い捉え方を知りたい方

参考文献

そもそも、ストレス自体は体に悪くない

あなたは、ストレスをどんな風に感じていますか?

ストレスはだ!ストレスがあると健康を害してしまう!鬱になってしまう!

ストレスは自分を成長させてくれる!ストレスが働くことによって、責任感が生まれる!頑張ろうと思える!

だいたいは、

ストレス=悪

ストレス=良い効果をもたらす

の二分されるのではないでしょうか?

ここで、面白い研究を紹介させてください!

「ストレスが健康に悪い」と思いこむと、死亡リスクが高まる

ことが証明された研究です。

・1,998年、アメリカで3万人の成人を対象に行われた調査です。次の2つの質問をしました。

この一年間でどれくらいストレスを感じたか?
ストレスは健康に悪いと思うか?

・8年後、質問と死亡リスクの相関結果が出ました。

「ストレスを強く感じていた方は、死亡リスクが43%高まった。」
死亡リスクが高まったのは、ストレスが健康に悪いと回答した方のみ。

この研究で重要なのは、

「ストレスが健康に悪い」と捉えていない人は、

ストレスが強くとも弱くとも、死亡リスクは変わらなかったのです。

つまり、ストレスが健康に悪いのではなく、

ストレスが健康に悪いと思うことが健康に悪い

ことが明らかとなったのです。

私たちは、ストレス自体に目を向けがちですが、

実は大事なのは、ストレスをどう捉えるか

だったのです。

このことから、

ストレスの捉え方を変えようとせず、

ストレス自体を解消しようとすることは、

根本解決になっていないことが分かります。

補足:ストレス自体に善悪はないと述べたものの、一部、以下のような危ないストレスというものはあると考えます。

「ストレスの強度が強すぎる場合」
「ストレスがいつまでたっても続く場合」
「自分ではコントロールできないものがストレスの対象の場合」

ストレスは回復がセットなので、回復反応があって初めて良く働きます。しかしこれらのストレスは、回復することが難しいです。このタイプのストレスについては、こちらの記事に記しています。

ストレスはリフレーミングして、より良く捉えてみよう!

前章では、ストレスは解消するのではなく、

捉え方を変えることがポイントだと分かりました。

捉え方を変える方法で、リフレーミングというものが存在します。

物事を違う視点から見ることで、

意味を変化させて、捉えることを指します。

これにより、ストレス=悪という捉え方を、

変化させてみましょう。

ストレスのリフレーミング3ステップ

①:ストレスの元の事象(出来事)を明らかにする。
②:前提となる枠組み(ものの見方)を明らかにする。
③:フレームを変えて、悩みを見直す。

例えば、部活で嫌な練習があり、ストレスがかかっているとします。

これをリフレーミングするには、

①ストレスの元:嫌な練習

②今までの捉え方:嫌な練習は厳しい

③リフレーミング:嫌な練習は試合に役立つこと。乗り切った時強くなっているはず!

といった感じです。

ポイントは、ストレスがなんのためにかかっているのか

という目標を見失わないことです。

リフレーミングはこちらに詳しく載せています。

是非、合わせてごらんください!

ストレス解消が危険な訳

前章では、ストレスをより良く捉える方法について述べました。

しかし、実際ストレスをより良く捉えられず、

辛くて逃げたい場合もあると思います。

もちろん、逃げることは大切です。

ただ、ストレスから逃げて解消することは、

それなりにリスクがあります。

リスク①:別のストレスが出来る

ストレスを解消するリスク①は、

別のストレスが出来ることです。

ストレスの原因を解消したのに、今度は別のことが気になって仕方ない。

このように、1つのストレスを感じなくなっても、

別のことが気になってストレスとなることが多いのです。

人は一日で約6万回の思考します。常に何かを考えている生き物なのです。これだけ多くの考え事をしちゃう生き物なので、たとえ一つのストレスを解消しても、別のストレスを考えてしまうことはあるでしょう。ストレスが常に生み出されるものなら、一つのストレスを解消するのではなく、ストレスへの向き合い方を変えるほうが良いでしょう。

リスク②:無気力となる

ストレスを解消するリスク②は、

無気力となることです。

そもそもなのですが、

「ストレス」と「意義」は密接に関わっています。

人は、どうでも良いことに対してストレスはかからないのです。

自分にとって意義のあるものだから、

ストレスがかかるのです。

例えば、受験勉強を想像してみてください。次の2人がいたとします。

受験合格のストレスが強くかかる方はどちらでしょう。

受験を頑張って、○○大学に行きたい!自分のしたい研究が強いし、レベルも高い!高い壁だけど頑張りたい!

とりあえず親に言われて塾に行かされた。あんまりどこの大学に行きたいとか興味ないや。塾の先生に勧められた○○大学を受けてみようかな。

この2人の例だと、明らかに前者の方が受験にかかる

ストレス、プレッシャーは大きいでしょう。

この二人の差は、

受験に意義を見出しているか否かです。

つまり、意義があるからこそ、

ストレスが生まれるのです。

逆に、ストレスを解消することは、

意義を捨てることです。

これまで大切にしていた意義を捨てるので、

必然的に無気力になります。

上記の例を用いると、

ストレスから逃げるということは、

志望大学へ進んで理想の研究をすることを放棄することです。

言い換えると、

自分の夢や目標を捨てる行為だということです。

リスク③:根本解決となりにくい

ストレスを解消するリスク③は、

ストレスの根本解決となりにくいことです。

例えば、仕事が出来ないが故に、仕事のストレスをお酒で流す行為

を思い描くと分かりやすいです。

もちろん、必要以上に落ち込んだりする必要はありませんが、

このお酒への逃避といったストレス解消行為に

ストレスを根本解決する要素(仕事が出来るようになりストレス低減できる。)

は含まれません。

ストレスの原因が仕事のスキルなら、

勉強してスキルを上げる、

部下の育成が上手にできないなら、

育成が得意な人に教えてもらう

など、

ストレスを根本解決するには、

結局ストレスに向き合うほかないのです。

とはいえ、ストレス耐性が弱ければ、ストレスから逃げてしまうことが起こり得ます。ちなみに、自分は18歳まで逃げてばかりでした。。。だからこそ、ストレス耐性を上げることは重要だと人一倍感じています。ストレス耐性の上げ方はこちらにて解説しております。是非合わせてごらんください!

ストレスには良い効果がたくさんある!

前章では、ストレス解消のリスクを述べましたが、

そもそもストレスには良い効果が大きく分けて2つあります。

ストレスの良い面を見ると、

そもそもストレス解消しなくて良い

と感じるかもしれません。

その効果とは、

「パフォーマンスの向上」と「自分の大切な価値観が分かる」

ことです。

メリット①:パフォーマンスの向上

ストレスのメリット①は、パフォーマンスの向上です。

火事場の馬鹿力を思い浮かべたら分かりやすいかもしれません。

(火事場の馬鹿力の例は次のようなものがあります。オレゴン州の10代の少女2人が1.3トンのトラックを持ち上げ、下敷きの父を助けました。このほかにも様々なニュースが出てくるでしょう。)

原因は、ストレスがかかると以下の状況になるからです。

アドレナリン・エンドルフィン・テストステロン・ドーパミン

など様々な脳内化学物質が分泌され、力が湧く。

オキシトシンが分泌されることで、

逃げずに立ち向かう勇気を与える。

このように、ストレスがかかると、

人は、力が湧いたり、勇敢になったりします。

結果的にパフォーマンスが向上します。

メリット②:自己分析できる

メリット②は、自己分析出来ることです。

そもそもストレスのもとは、

自分の大切な意義・価値観です。

意義・価値観を理解すると、何が自分を幸せにするかが分かります。

意義・価値観を理解すると、自分の理想が見えてきます。

意義・価値観を理解すると、自分の進みたい人生の道が分かります。

結果的に、幸せな人生を生きる手助けとなります。

ストレスを見つめなおすことで、

自分の意義や価値観を分析してみるのは、

いかがでしょう。

尚、詳しくストレスのメリットを知りたい方は、

こちらにまとめましたので合わせてごらんください!

まとめ:ストレスは解消せず、向き合って活かそう!

この記事のまとめ

・ストレスは体に悪くない

・ストレスの捉え方を良くすることが大切。

ストレス解消は危険
「別のストレスの発生」
「無気力となる」
「根本解決できない。」

ストレスは良い効果がある。
「パフォーマンスが向上する。」
「自己分析できる。」

是非、あなたも

ストレスは解消せずに、力に変えてみましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事

おすすめの記事