pickup
電話占いを上手にうけるための15個のコツ・ポイント~準備~鑑定中~鑑定後まで分けて解説します

「今流行りの電話占い」

「いざ、受けようとしても、何を準備したらよいか分からない!」

なんてこと、あると思います。

今回は、上手に電話占いを利用するためのコツを紹介します。

これを抑えておくだけで、電話占いを利用効率が上がること間違いなしです。

こんな方におすすめ

・「電話占いで、失敗したくない。」
・「どの電話占いサービスを使っていいか分からない。」
・「電話占いを利用したいが、上手く利用できるか不安だ。」

では、さっそくいきましょう。

電話占いとは?

電話占いとは?

・電話占いとは、ご自身の携帯電話回線を用い、占い師さんと通話しながら占ってもらうサービスです。占いをしたいときに、占い師さんに電話して、占いたい時間だけ占えます。時間帯や場所を問わず占えることで、昨今人気のサービスとなっております。占いをしたことがない方でも、気軽に出来るサービスです。

ちなみに、電話占いは、

占い師のレベル・数などの点から

【電話占いヴェルニ】をお勧めします。

便利なうえに、電話占いは、厳選された腕のある占い師さんが多くいます。書類審査からオーディションまで、厳しく審査を行うことが多く、腕の心配もいりません。ただ、実を言うと、電話占いに向く人もいれば、向かない人もいます。では、実際に電話占いに向く人と、向かない人を見ていきましょう!

電話占いに向く人、向かない人

基本的に、多くの人は、電話占いに向きます。

便利で質の高い電話占いは、多くの人にとって、

良いサービスなのです。

ただ、以下の特徴がある方は、

電話占いに向かない傾向があるので、

お勧めできません。

電話占いに向かない人

・悩みが複雑すぎる方
・過剰な量を望む方(あれもこれも聞きたいと思っている方)

電話占いは、1分ごとに値段が決まっています。なので、鑑定時間が長くなるにつれて、料金は高くなります。鑑定中にあれもこれも聞きたい方は、歯止めが利かず、長時間の鑑定になりやすいです。また、悩みが複雑すぎる方も、悩みを説明する際の時間がかかります。結果的に高額請求につながってしまいます。

じゃあ、どうしたらいいの?
電話占いに向かない方は、対面鑑定をお勧めします。対面鑑定はあらかじめ時間が定められており、高額請求につながることはありません。逆に言えば、過剰な質問、複雑すぎる質問以外は、電話占いに適しています。

電話占いの利用までの流れ

電話占いの利用までの流れ

①:利用する電話占いサービスを決める。

②:電話占いサービスに登録する。

③:入金する。

④:鑑定してもらいたい占い師を検索する。

⑤:占い師が決まれば、鑑定してもらう。

補足

③の入金についてです。

入金は鑑定後でも構いませんが、以下の理由があるためおすすめできません。

1、後払いできる上限金額がきまっており、占い出来る時間が限られる。

2、先払い時は、ポイントが多く付与されるなど、後払い時に比べ特典が多い。

⑤鑑定について

占い師さんには、対応可能状態というものが存在します。

1、待機中:すぐに占い可能

2、鑑定中:他の人を占っている状態。他の人の鑑定終了後に鑑定可能となる。

3、待機時間外:占い師さんが休みの状態。待機するスケジュールを参考に予約は出来ます。

なので、いつでもどこでも占いが出来るというのは、語弊があります。

占い師さんのスケジュールが合えば、いつでもどこでもすぐに占いが出来るということです。

占い師さんは、数多く在籍されているので、鑑定できる占い師さんが一人もいないなんてことはないと思います。また、多くの占い師さんは、ほとんど毎日、鑑定可能なスケジュールとなっています。これは、館(対面鑑定)に出勤中の場合、お客さんを鑑定している時間以外は、電話占いの鑑定が可能となっているからです。館に出勤したのに、お客さんが来ず、待ちになっている時間を、活用できるのです。

では、実際に、電話占いを上手く受けるコツにいきましょう!

準備編、鑑定中編、鑑定後編の順で、見ていきましょう!

電話占いのコツ:準備編

準備編コツ①:相談内容を簡潔に決めておく

・コツ①は、相談内容を簡潔に決めておくことです。相談内容がまとまっていないと、説明が長引きます。結果的に、料金が高くつきます。また、占い師側の相談内容の理解度も落ちてしまいます。なので、占いの精度も落ちます。まずは、相談内容を簡潔にまとめておくと良いでしょう。

準備編コツ②:相談したい質問は、多くても3つに絞る

・コツ②は、相談したい質問は、多くても3つに絞ることです。電話だと、対面時よりも集中力が切れやすいです。色々質問しようとすると、結果的に雑談のように長引いてしまったり、要点が絞れず目的からずれることがあります。話し相手として電話占いを利用するなら良いですが、基本的には、聞きたいことを絞り集中する方が、濃い鑑定となるでしょう。

準備編コツ③:占術は四柱推命や占星術がおススメ

・コツ③は、占術は四柱推命や占星術がおススメです。占いは大きく種類が分けられます。四柱推命や占星術は、命占と呼ばれ、生まれた時間を基準に占います。電話占いは相手の姿が見えないため、精度が落ちてもおかしくありません。しかし、命占は、生まれた時間を基準に占うため、相手の姿が見えなくても、精度が落ちません。鑑定してもらいたい占術に迷ったら、四柱推命や占星術などの命占をお勧めします。

準備編コツ④:占いにおけるタブーを抑える

・コツ④は、占いにおけるタブーを抑えることです。占いには、人の生死など、してはいけない質問があります。最低限、次の質問は控えておきましょう。「人の生死についての質問」、「将来、何かが成功するか失敗するかを聞くもの(例:試験の合否)」は控えましょう。

準備編コツ⑤:電話料金を把握する

・コツ⑤は、電話料金を把握することです。鑑定に使う電話の料金が電話占いサービス側で持つのか、利用者で持つのかは、まちまちです。利用者持ちの電話占いサービスを使う場合、電話料金がどれくらいかかりそうか、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。

準備編コツ⑥:相談内容に優先順位と目安時間を設けておく

・コツ⑥は、相談内容に優先順位と目安時間を設けておくことです。電話占いは、時間の上限はないです。つい長時間してしまって、料金が高くなることもあります。あらかじめ相談の目安時間を設け、優先順位順に聞くと料金面は安心でしょう。

準備編コツ⑦:最初の入金額は高すぎない程度にする

・コツ⑦は、最初の入金額は高すぎない程度にすることです。鑑定前に電話占いサービスに入金したほうが良いですが、入金額は高すぎない程度にしましょう。鑑定してみたものの、サービスが自分に合っていなかった、なんてことも起こり得ます。最初は、少額の入金の方が無難でしょう。

電話占いのコツ:鑑定中編

鑑定中編コツ①:初めに素早く情報を提供する

・コツ①は、初めに素早く情報を提供することです。占いするために、生年月日や生まれた時間、名前など、鑑定者の情報を提供します。また、相談内容の情報を提供する必要があります。特に、相談内容は、端的に説明しましょう。コツは、「なぜ」相談するのかの理由を合わせて説明すると、良いでしょう。相談者の悩みや気持ちを占い師側が上手く読み取れることになり、相談背景を理解できます。

鑑定中編コツ②:音量は最初に調整

・コツ②は、音量は最初に調整することです。占いに入ってから、占い師さんの声が聞き取りずらいと、占いに支障をきたします。まず初めに、お互いの声がしっかり聞こえるか調整すると良いでしょう。占い師さんと音量の確認を取り合いましょう。

鑑定中編コツ③:とにかくメモする

・コツ③は、とにかくメモすることです。電話占いは、鑑定結果などの資料はありません。鑑定後、内容を忘れちゃったなんてことも起こります。貴重な鑑定なので、メモを取りながら行いましょう。メモが間に合わないときは、素直にメモしている旨を占い師さんに伝え、待ってもらうと良いでしょう。

鑑定中編コツ④:聞き取れなかったら、聞き直す

・コツ④は、聞き取れなかったら、聞き直すことです。電話占いは、相手の状況が見えません。占い師さんは、占ってもらう人が聞き取れなかったとしても、気づかないのです。聞き取れなかった部分が、実は重要なメッセージだったりする可能性もあります。聞き取れない旨は素直に伝え、聞き漏れないように鑑定してもらいましょう。

鑑定中編コツ⑤:占い師さんと合わない場合は、失礼のないように素早く切る

・コツ⑤は、占い師さんと合わない場合は、失礼のないように素早く切ることです。占い師さんも人間なので、合う合わないは、出てくると思います。しかし、気を使って、ダラダラと続けている間も料金はかかるのです。「すいません。急な用事が入ったため、ここで失礼します。貴重な鑑定、ありがとうございました。」と言い、失礼のないように切ると良いでしょう。

占い師さんと合わなくても、なかなか鑑定を切れない人もいると思います。そんな人におすすめなのが、最初に相談内容を最低限のみ伝えることです。「○○と△△と□□が聞きたい!」のように、相談したい内容をすべて伝えると、全て鑑定し終わるまで、占い師さんは鑑定を続けます。いつでもすぐ切れるように、相談内容は一つずつ伝えていくと良いでしょう。相談が終わったタイミングで、切ることが出来ます。もっと占ってもらいたいと感じたら、別の相談を追加すれば良いです。

電話占いのコツ:鑑定後編

鑑定後編コツ①:鑑定終了後すぐに、メモを整理する

・コツ①は、鑑定終了後すぐに、メモを整理することです。人間はすぐに忘れる生き物です。まずは、貴重な鑑定内容をまとめ、忘れないよう記録しましょう。どんな質問をしたかも合わせて書き、流れで把握すると、書きやすいでしょう。

鑑定後編コツ②:鑑定内容は、少し時間を空けて振り返る

・コツ②は、鑑定内容は、少し時間を空けて振り返ることです。鑑定時は、いっぱいいっぱいになり、鑑定内容が上手く受け入れなかったりします。なので、一旦時間をおいて、振り返ってみましょう。時間を置いたら冷静に俯瞰でき、良い部分も悪い部分も落ち着いて受け入れることが出来ます。結果的に、次の行動に上手く繋げられるでしょう。

鑑定後編コツ③:お礼のメールやレビューを送る

・コツ③は、お礼のメールやレビューを送ることです。電話占いサービスから、お礼のメールやレビューを送れる機能がついています。鑑定してもらった占い師さんが気に入った場合、送っておくと良いでしょう。次に鑑定してもらう時、よりスムーズに鑑定に入ることに、つながるでしょう。何よりお礼の言葉を伝えるというものは、気分も晴れやかに気持ちよくなります!

お礼のメールを送ると、占い師さんによってはお礼の返信を下さることもあります。自分はよほどのことがない限り、お礼のメールを送ります。お礼の返信を下さったときは、とても嬉しく思いました。

15個のコツ・ポイントのまとめ

電話占いを実際にしてもらう前に、

もう一度復習してみましょう。

鑑定前の7つのコツ

・相談内容を簡潔に決めておく
・相談したい質問は、多くても3つに絞る
・占術は四柱推命や占星術がおススメ
・占いにおけるタブーを抑える
・電話料金を把握する
・相談内容に優先順位と目安時間を設けておく
・最初の入金額は高すぎない程度にする

鑑定中の5つのコツ

・初めに素早く情報を提供する
・音量は最初に調整する
・とにかくメモする
・聞き取れなかったら、聞き直す
・占い師さんと合わない場合は、失礼のないように素早く切る

鑑定後の3つのコツ

・鑑定終了後すぐに、メモを整理する
・鑑定内容は、少し時間を空けて振り返る
・お礼のメールやレビューを送る

ちなみに、電話占いは、

【電話占いヴェルニ】をお勧めします。

【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】がおススメの理由

・占い師のレベルが高い(合格率3%の審査)

占い師は1000名以上、トップクラスの稼働率

信頼度抜群(個人情報管理を徹底)

運用実績がある(2004年からの老舗)

鑑定にかかる電話料金は、無料

まずは、【電話占いヴェルニ】公式サイトでチェック!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事