f:id:morichayuya:20190217221207p:image
 

こんにちは。もりちゃです!
 

あなたは占いと言えば、何を思い浮かべますか?
 

占いってひとくちに言っても様々ですよね。
 

手相を思い浮かべる人もいれば、タロットカードを思い浮かべる人もいます。
 

占いの種類は実に多種多様で軽く数十種類はあります。
 

しかし、その多くは3つの種類に分類できます。
 

今回は、占いの3つの種類はどう分類されるのか、
 

それぞれの得意な診断は何なのか
 

について解説します。
 

3つの種類:命卜相(メイボクソウ)

 

皆さん、命卜相(メイボクソウ)という言葉

聞いたことはありますか?
 

ほとんどの占いが命、卜、相の3つのタイプのいずれかに分類されます。
 

前回、占いの成り立ちについて書きました。

その中で、占いは様々な基準から、人を様々なタイプに分け、

パターン化していることを述べました。
 

占いの種類は、パターン化する際の、人のタイプ分けの方法によって分けられます。
 

つまり、何を基準に占うかによって命卜相のいずれかに分類されるということです。
 

前回の占いの成り立ちはこちらです。

是非、合わせてみてみてください!

意外と知らない「占いの成り立ち」とは?~占いはどうやってできたの?
 

3つの種類である命占、卜占、相占を

具体的に解説します。
 

種類①:命占

 

命占は「生まれた時」を基準に鑑定します。
 

生まれた時の星の位置を基準に鑑定する占星術のように、

その時の時間、空間の状態から鑑定します。
 

 得意な診断:生まれ持った性格、相性診断

 

生まれた時というのは、個人個人で不変の事象です。
 

なので、生まれつき身についている宿命、性質、能力、運気の流れ

などを占うのに適しています。
 

また、生まれ持った性格も見ることができるので、相性診断にも強いです。
 

命占例

 

四柱推命、西洋占星術、宿曜占星術、数秘術、算命学、九星気学
 

種類②:卜占

 

卜占(ボクセン)は、「占ったタイミング(時期)」を基準に鑑定します。
 

「人生は選択の連続であり、行動するタイミングに意味がある」

という考えのもとに成り立っています。
 

鑑定を受ける時にひくタロットカードなどのように、占う時期から鑑定します。
 

得意な診断:移り変わるもの

 

タイミングというものは日々刻々と変化するものなので、

人の移り変わる気持ち

(例えば、恋人への気持ちの変化)を占うのに適しています。
 

また、人生の選択で変化する近い未来を占うのにも適しています。
 

卜占例

 

タロットカード、オラクルカード、易、六壬神課、鬼門遁甲、ルーン、対乙神数
 

種類③:相占

 

相占は「目に見えるもの」を基準に鑑定します。
 

手に現れる手相などが相占にあたります。
 

得意な診断:開運方法

 

目に見えるものは形を変えることができるため、良い運気へ変化させやすく、

開運の手法として有効です。
 

また、目に見えるものは変化するので、相談者の現状を占うことにも適しています。
 

相占例

 

手相、人相、妙名判断、風水
 

f:id:morichayuya:20190816204630j:image
 

余談:霊占について

 

余談ですが、3タイプいずれにも属さない霊占という手法もあります。
 

霊的な力を利用した占術です。
 

霊的なことは、霊占ができる占い師によって見え方が異なり、

その人にしか理解できません。
 

霊的な力が備わっている方は、生まれつきの人も、訓練によってできる人もいます。
 

第六感のような直感に近い力ともいえます。
 

具体的に表せない、ぼんやりとしたスピリチュアル要素が強い霊的な力ですが、

その人にしか見えない世界っていうのはなんとも魅力的に感じます。
 

私は現状では見えないので、詳しいことはわからないです。
 

最後は感想になってしまいましたが、

魅力ある霊的な世界についても研究していこうと思います。
 

霊占について、何かご存じの方は是非教えてください!
 

今回も読んでいただきありがとうございます!

さらに具体的な占術と得意な診断が知りたい方は、

こちらも合わせて見てみてください!

よくある占い相談と相談別おススメ占術

人気占術まとめ〜オススメ相談・歴史・占い方

おすすめの記事