pickup
【風の時代】2020年12月22日ついに風の時代が幕明け!~仕事・恋愛など風の時代の生き方を考えてみる!【未来予測】

こんにちは。もりちゃです。

あなたは、「風の時代」について、

聞いたことはありますか?

占い好きの方は、ちらっと耳にしたことが

あるかもしれません。

風の時代とは

・風の時代とは、占星術から来ています。占星術では200年くらいの周期で、時代が変わっていきます。火→土→風→水の順に時代は変遷していき、水の時代を終えるとまた火の時代に戻ります。こうして時代が循環してきました。風の時代とは、そんな時代変遷の中の一つなのです。

では、なぜ急に、

「風の時代」という言葉が賑わってきたのでしょう?

それは、

「風の時代が2020年12月22日に始まる」

からです。

時代が変わるということは、

人々が大事にしている価値観や時代の流れ

変わるということです。

今回は、時代が変わる中で、

どうやって生きていくべきなのか

「風の時代の生き方」

について考察していきたいと思います。

こんな方におススメ

・これからの時代の生き方を知りたい!

・シンプルに風の時代を知りたい!

最後までご覧いただけると幸いです。

まずは参考文献

【時代の転換日】2020年12月22日って何が起こるの?

そもそも時代の転換日

2020年12月22日に何が起こるのかを解説していきます。

2020年12月22日に起こること

・2020年12月22日には、土星と木星が重なる「グレート・コンジャクション」みずがめ座で起こります。グレートコンジャクションは、約20年に一度起こり、起こる場所の星座の時代を広げていく意味合いを持ちます。(12星座はそれぞれ火・地・風・水のいずれかのエレメントを持ちます。)今回はみずがめ座の風のエレメントを広げていくことになります。

・これまでの地の時代は地のエレメントを持つ星座で、グレートコンジャクションが起こっていました。しかし、ここから先の風の時代では、風のエレメントを持つ星座上でが起こります。地の時代の繁栄が終え、風の時代が繁栄していくのです。

では、次に、風の時代の生き方を考察する前に、

時代の変遷のイメージを付けるために

地の時代、風の時代の重要視されたもの

を述べていきます。

地の時代(~2020年)の重要視されたもの3選

①:有形物

地の時代①:有形物

・地の時代は、有形物が重要視された時代でした。家や車、高級な服や高級時計などを持つことが重要視されていたように、我々は有形物を求めていました。大量生産・大量消費も地の時代ならではのものでしょう。

②:資本

地の時代②:資本

・地の時代は資本主義の時代でした。お金を持つものが強い権力を握った時代です。すべてを犠牲に働き続ける社畜やブラック企業という文化は、地の時代ならではのものでしょう。

③:地位

地の時代③:地位

・地の時代は地位を重視された時代でもありました。「どこの大学を卒業したか」、「どこの企業で働いているか」、「職業は何か」、など、ステータスを重要視していました。特にお見合いなどは、こうした地位を重視され、「その人が何が好きか」などの価値観は後回しされています。こうした文化も地の時代ならではのものでしょう。

風の時代(2020年~)の重要視されるもの3選

①:知識・情報

風の時代①:知識・情報

・風の時代は知識や情報が重要視された時代です。Googleなどの検索エンジンによって、我々は欲しい情報にすぐにアクセスできるようになりました。今後もこの傾向は強まり、情報が自由に行き来できる時代となっていくでしょう。

②:自由

風の時代②:自由

・風の時代は自由を重要視します。自分の気持ちに従い自由に行動することが大切となってきます。自分の気持ちを押し付けて我慢するのではなく、正直に生きることが大切になってくるでしょう。

③:無形物

風の時代③:無形物

・風の時代は、地の時代と打って変わって、無形物が重要視されるでしょう。人との繋がり、愛情、情報、知識など、目に見えないものが重要視される時代となります。人間性やセンスなども重要視されてくるでしょう。

では、実際に風の時代の生き方について

考えていきたいと思います。

風の時代の生き方の考察

一般的に言われている風の時代の特徴に

自分の意見を加える形で、考察していきます。

完全に持論も含まれているので、

あくまで参考程度にして、

鵜呑みにしないようにしてください。

あなたのこれからの人生を考える

きっかけとなれれば幸いです。

①【仕事】:時間場所に捉われない働き方へ

・これまでの地の時代は働く場所や時間が固定されてきました。「決まった時間に会社に行き、会社でしか仕事できないこと」がほとんどだったと思います。しかし、風の時代では、情報化社会に伴い、リモートでどこででも作業出来るようになっていきます。また、働く時間も柔軟に自由に決められる社会へ変遷していくでしょう。

多くの人は働く場所や時間に捉われないようになっていくでしょう。ただ、そうなるからこそ、現場の強さは強くなっていくのではと感じています。特に今年なんかは、コロナにより、現場で経験を積みたいのに在宅ワークとなってしまった方は多いと思います。

今後も合理性を優先して、現場に出られない方が多く現れるでしょう。完全にリモート作業に切り替わる前に、どれだけ現場に出れるかが、実力を伸ばすうえで重要となってくると思います。

②【仕事】:企業間でなく個人間で仕事が生まれる

・風の時代は企業間でなく、個人間で仕事が生まれると感じています。風の時代は、副業時代ともいわれ、個人が力を持つ時代とされています。自分でスモールビジネスを持っていれば、組み合わせることで、どんどん仕事が生まれていくでしょう。現に、オンラインサロンがこんなに人気なのも、個人間で仕事が生まれるのを予期しているからかもしれません。

会社内でも、この傾向が強まってくるのではないかと感じています。もともと、「○○部の○○さんと仕事すれば上手くいく」みたいな、個人にフォーカスした仕事の生まれ方はあると思います。「○○会社と仕事したい」ではなく、「○○会社の○○さんと仕事したい」のように、会社内でも個人の力が強まる気がします。

個人にフォーカスされる時代だからこそ、自分が何が出来るか、何を求められているか、どこで活躍できるか、など、自分の強みを自分で売り出していく必要があるように思えます。自分の強みの理解(自己分析)×自分の売り出し(SNSの発信)あたりが大事かなと思います。

③【恋愛】:愛の対象が同性や二次元へ拡張

・風の時代は、愛の形も自由になっていくと言われています。現に、LGBTQのような性の多様性を表される言葉がこんなに賑わっているのも、風の時代へ変化していく前兆に思えます。もちろん、愛の対象が人間だけとも限りません。動物や二次元へも愛の形は拡張されていくのではないかと思っています。

自分が好きな対象を自由に愛していく世の中になると思います。

④【結婚】:自由な結婚が増える(一夫多妻制など)

・上記の恋愛面と重なりますが、愛の形は自由になっていくと思えます。同性結婚も増えるでしょう。自分の心に正直になることが求められる中で、中には複数人愛する人も出てくる気がします。ここら辺は不倫や浮気など、難しい問題ですが、中には一夫多妻制が表れてもおかしくはないと感じます。

個人的な好き嫌いは置いておいて、一夫多妻制の世の中はあまり想像がつきませんね。自分の心に正直になり、何を優先するか考え、真摯に相手に向き合った結果、一夫多妻制となるのなら、それもまた一つの尊い価値観な気がします。

⑤【結婚】:結婚率は低下する

注:完全な主観です。

・現在、「絶対結婚しないといけない。」、「結婚こそが幸せ」という価値観が強く残っている気がします。ただ、価値観は人それぞれで、多様性が重視される風の時代では、そもそも結婚しない人も多く出てくる気がします。結婚に興味がある方のみがして、そうでない方はしないというシンプルな構図となるでしょう。

結婚に求めるものも多様化してくる気がします。お金・地位・価値観・考え方・尊敬できるかなどに加え、もっといろんなものが出てくるでしょう。個々人が何を優先するかを考えたうえで判断した結果は、どれも正解だと感じますね。

⑥【人間関係】:孤独感が渦巻く

注:完全な主観です。

・今までの地の時代は良くも悪くも、固定されていました。学校のクラスや仕事のチームなど、一緒にいる人が固定されると、自然と仲良くなるものです。しかし、風の時代は、もっと自由に流動化されることが予想されます。固定化されないからこそ、自分の居場所がなく思え、孤独感に襲われるも多いでしょう。

自分も今年一年、すごい孤独感に襲われました。初の上京で友達も頼れる人もいなく、コロナで会社もリモートとなりました。休日も孤独で一緒に過ごせる人がいない状況でした。そんな中、救ってくれたのは、数少ない友達との電話でした。

孤独感が強まる未来に耐えるべく、深いつながりを一人でも作っておくことが必要な気がします。

⑦【人間関係】:オンラインでの関係がメインとなる

・風の時代は、コミュニケーションの時代ともいわれています。特に、時間場所に捉われないオンラインの繋がりがメインとなってくるでしょう。SNSがこんなに流行っているものそのためでしょう。

相手の姿が見えないオンラインのコミュニケーションで大事になってくるのは、やはり信頼だと感じます。仕事面と被りますが、自分をいかに売り出し信頼してもらえるかが大事になってくるでしょう。

⑧【社会】:シェアの時代

・地の時代は、モノを持つことが大事にされた反面、風の時代はモノを持たないことが良いとされます。買わずにものをシェアする、シェアリングエコノミーなど文化は、風の時代に更に拍車がかかるでしょう。

シェアの文化はモノにとどまらない気がします。情報や知識もどんどんシェアされてい
く気がします。現にSNSでのシェア文化も風の時代ではさらに強まる気がします。独占するのでなく、誰かと共に分かち合うみたいな姿勢が重要な気がしますね。

⑨【社会】:世界中がボーダレスへ

・風の時代は、自由が求められます。これまでは、入国制限がかかっている個所なども、どんどん自由に出入りできるようになるでしょう。グローバル化し、ボーダレスになる気がします。

グローバル化に伴い、英語の勉強は今後とも必須になる気がします。自動翻訳に頼ればよいという意見もあると思います。しかし、オンラインメインの世の中になるので、対面でのコミュニケーションの価値が相対的に強まるでしょう。海外の人と英語を使って直接話せることの価値は、かなり高まる気がします。

⑩【趣味】:趣味を持つのは必須となる

注:完全な主観です。

風の時代は思ったより自由になると感じています。多様性が認められ、個性を受け入れる世の中になるでしょう。その中で、人を動かしたり、人間関係の繋がりが深まるのは、「自分を持っているか」もっと言えば、「自分の好きなことをとことん好きと熱量を持ち胸を張って言えるか」だと思います。

自分が好きなことをもつために、趣味を持つことが大事かなと思っています。何も趣味じゃなくても仕事でもなんでも良いですが、イメージがしやすいかなと思い、趣味という言葉を使いました。自分の好きなことを時間を忘れて行えるくらいしていると、自然と人が寄ってきて、充実した人生になるのかなと思っています。難しいですが、一歩一歩好きなことに熱量を注いでいけたらなぁなんて思っています。

⑪【まとめ】:自由を制するのは、自分の信念

自由って、たぶん思ったより難しい気がします。何でもできるからこそ何もしないなんてことは普通にあり得ます。そんな中で、流されず生きれるかは、自分を持っているかだと思います。自分の信念を持ち、道しるべとすることで、迷わず人生を歩めるのかなぁと思っています。自分の信念を一歩一歩固めていけたらと思います。。。

余談:風の時代の生き方のコツを占って頂いた

余談ですが、風の時代を生き抜くため、

自分自身の武器や適性を

プロの占い師さんに占って頂きました!

一言でいうと自分は、

人とのコミュニケーションを武器にわたっていく

でした!

本当は一言で言い表せないくらい濃い内容だったので、

こちらの別記事にまとめています。

興味ある方は是非ご覧ください!

【電話占い体験談】風の時代の生き方を占って頂いた件が良すぎてたのでシェアします!

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事