pickup
【四柱推命 60干支】 己丑の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「己丑」編です。

では、さっそく解説していきます。

己丑の基本情報

己丑の基本情報

・天干:(マイペース・育成の才)

・地支:(根気強い・持続力に優れる)

・十二運:(金運良好・大器晩成)

・納音:霹靂火(瞬発力・激しい)

・納音十二運:自養(甘え上手・向上心旺盛)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

己丑の性格・特徴①:根気強い

・己丑の方は、根気強いです。歩みはのろいですが、コツコツ進んでいきます。目標を達成するまで歩みをやめない根気強い方です。不器用ですが、誰よりも努力家です。高い目標を設定して吉です。

己丑の性格・特徴②:内面が激しい

・己丑の方は、内面が激しいです。好き嫌いが激しく、こだわりも強いです。人間関係や、仕事、恋愛など、全てのことにあてはまります。自分の嫌いなこと、興味ないことは見向きもしません。逆に、自分の好きなことには、とことんのめり込みます。自分の気持ちに素直な方で、人生の満足度が高いです。

己丑の性格・特徴③:わがまま

・己丑の方は、わがままです。周囲に対して、気が回るタイプではないため、協調性はありません。こだわりも激しいので、他者に合わせず、自分のペースを大事にします。優しい人なので、孤独になることは少ないです。

恋愛傾向

己丑の恋愛傾向

・己丑の恋愛傾向は、不器用です。恋愛上手なタイプではなく、不器用です。恋の駆け引きをせず、直球で勝負します。まっすぐな方です。恋人には、わがままになりやすい傾向があります。わがままを許してくれる、優しい方を恋人にすると、楽しく恋愛できるでしょう。

結婚運

己丑の結婚運

・己丑の結婚相手は、おっとりした方となりやすいです。穏やかで控えめな方を配偶者としやすいです。安定した結婚運となります。補足ですが、己丑は、自分の興味ないことはとことんないです。結婚に興味がない人は、独身を貫く傾向があります。

相性の良い干支

相性の良い干支①:丙寅

・明るく、面倒見も良い丙寅は、己丑が甘えられる相性です。一緒にいて元気になれる方です。相手に良くしてもらえることが多く、恩恵も受けられます。常に感謝して接すると、関係は更に良好となります。

相性の良い干支②:辛卯

・繊細で、独特の魅力を持つ辛卯は、己丑にとって、可愛く思える相性です。相手の魅力に惹かれ、相手に何かと尽くしてしまいます。辛卯の些細な気遣いに癒されることもあります。一緒にいて楽しく、協力できる関係です。

相性の良い干支③:辛酉

・互いに信念が強く、コツコツ努力していく両者は、似たタイプです。互いに鼓舞しあえます。また、信頼できる相性で、親身に相談しあえます。精神的に強いつながりです。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:丁未

・大人っぽい、セクシーな魅力を持つ丁未は、己丑にとって、気になって仕方ありません。しかし、丁未にとって、己丑は地味に見える相手です。相手に歩み寄っても、無視されている感覚となります。時間をかけて関係を深める相手です。

相性の悪い干支②:乙未

・控えめな魅力を持つ乙未は、己丑にとって、何かしてあげたくなる相性です。しかし、乙未に上手く使われることが多いです。振り回されたり、不満が溜まる相手です。

相性の悪い干支③:乙卯

・乙卯は、協調性が乏しい己丑がわがままに見えます。乙卯に叱られることが多く、傷つけられます。また、器用で、能力が高い乙卯には、戦っても叶いません。相手に合わせることが強要され、やりづらい相性です。

己丑の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

己丑の鑑定方法

・丑の湿土の上に、己の土が座している状態です。土は湿っていて、養分が多くあります。の五行があると、木が育ち、土がほぐされます。実行力や判断力が身に付き、努力が花開きやすくなります。無ければ、自分の考えに固執しやすい傾向が出ます。その場合、頭を柔らかくするため、教養を積んで吉です。

の太陽があると、土に太陽が降り注ぎ、ますます土壌が豊かになります。努力が周囲に認められやすく、周囲に気にかけてもらえます。活躍の場を作ってくれたりと、他者の恩恵を受けて人生が進んでいくとこととなります。なければ、他者の恩恵を受けられにくいため、自分で道を切り開く必要があります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事