pickup
【四柱推命 60干支】 己卯の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「己卯」編です。

では、さっそく解説していきます。

己卯の基本情報

己卯の基本情報

・天干:(マイペース・育成の才)

・地支:(天然・可愛らしい)

・十二運:(直観力に優れる・楽観的)

・納音:城頭土(高いプライド・負けん気)

・納音十二運:自死(せっかち・技芸学芸の才)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

己卯の性格・特徴①:他者を優先しすぎる

・己卯の方は、他者を優先しすぎる傾向があります。社交的で、協調性は優れるのですが、少々臆病なところがあります。また、他者との衝突は極力避けようとします。そのため、たとえ自分の意見があったとしても、周囲に合わせてしまうことがあります。ストレスをためやすいので、プライベートは自分を優先すると良いでしょう。

己卯の性格・特徴②:技芸学芸の才がある

・己卯の方は、技芸学芸の才があります器用で、何事も上達が速いです。実際に手先を動かし、自分なりに改善していくことが得意です。また、聡明で、勉強できる方が多いです。技芸を身に着けたり、学を極めていくと、才能が遺憾なく発揮できるでしょう。

己卯の性格・特徴③:開拓者精神が強い

・己卯の方は、開拓者精神が強いです。外見はソフトですが、自分の信念をしっかりと持っています。人とは異なる道を好む傾向があり、自分で道を切り開こうとします環境の適応能力も優れるので、アウトローな環境に身を置くほうが成長できます。

恋愛傾向

己卯の恋愛傾向

・己卯の恋愛傾向は、控えめです。穏やかで優しい己卯の方は、基本的にモテます。また、プライドが高く、臆病です。自分からアプローチすることは少なく、アプローチされて恋愛が始まる、控えめな方です。尽くされることで、恋愛にのめりこみます。

結婚運

己卯の結婚運

・己卯の結婚相手は、アプローチしてくれた方となりやすいです。相手の好意を素直に喜べる己卯は、自分を好きになってくれた方を配偶者としやすいです。結婚生活も控えめです。3歩下がってサポートする傾向があります。自己主張を弱めすぎる傾向があります。時には配偶者に甘えてみるのも、結婚生活を楽しむ1つの手でしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:甲戌

・親分肌で、世話焼きな甲戌は、控えめな己卯を気にかけてくれます。相手に可愛がってもらえることが多いです。友達の輪に入れてくれたり、仕事で活躍の場を与えてくれたりと、恩恵を受けられます。

相性の良い干支②:丙寅

・明るい丙寅とは、控えめで地味な己卯でも、すぐに打ち解けられます相手の明るさから活力を得られることが多く、元気になれます一緒にいて楽しく、頼りにもなります。甘えすぎには注意です。

相性の良い干支③:己未

・明るく、わがままな己未は、一見己卯が気を使う相性に見えます。しかし、自然体で裏表がない己未には、己卯も自然体で過ごせます。気を使わない相性で、リラックスできます。また、いざという時に、力を合わせられる相手です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:辛酉

・互いにシャイで、慎重な両者です。気を使いあい、距離が縮まりません。また、辛酉は、内面は激しく、自己主張が強いです。たとえ打ち解けあえたとしても、相手に合わすことが要求されます。不満が溜まる相手です。

相性の悪い干支②:壬辰

・豪快で、大雑把な壬辰に、繊細な己卯は、何かと口うるさくなってしまう傾向があります。気性が荒い相手には、逆に怒られることも。トラブルが多い相性なので、第三者の介入を必要とします。

相性の悪い干支③:壬子

・主張が激しく、スケールも大きい壬子に、己卯は委縮しがちとなります。相手の考えを理解できません。スケールが異なるので、相手のペースに合わせるのも一苦労します。互いに異なるフィールドで関わると、上手く協力できます。

己卯の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

己卯の鑑定方法

・卯の木の上に、己の土が座している状態です。土は木によって弱まっている状態です。第一に土を助ける、の五行を必要とします。これがあると、頭脳明晰、他者からの恩恵も受けやすくなります。無ければ、他者を優先しすぎて、疲弊しがちとなります。他者に上手く使われることにもなるので、対人関係では、相手を見極めることが必要です。

・己卯は、土の勢いが弱いので、地支も土を強める巳・午・未・戌があると良いです。周囲の意見と自分の主張とうまく合わせ、周囲と発展できます。無ければ、上記同様、他者に上手く使われる傾向が出ます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事