pickup
【四柱推命 60干支】 己亥の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「己亥」編です。

では、さっそく解説していきます。

己亥の基本情報

己亥の基本情報

・天干:(マイペース・育成の才)

・地支:(直情的・情に厚い)

・十二運:(ロマンチスト・アイデア力が強い)

・納音:平地木(上品・真っすぐ)

・納音十二運:自生(明朗・活発)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

己亥の性格・特徴①:誠実

・己亥の方は、誠実です。嘘やごまかしが出来なく、誠実です。時に生真面目な印象を与えますが、信頼できる方です。また、常識や礼儀を重んじます。ルールを破ることを決してしません。上司など、目上の方から信頼され、引き立てられます。

己亥の性格・特徴②:不器用

・己亥の方は、不器用です。何かを習得するのに、人の倍かかったりします。また、容量も良くなく、損な役割を引き受けてしまうこともあります。しかし、努力家なので、時間が経つにつれ、徐々に結果を出していきます。何事も時間をかけて積み上げる方です。

己亥の性格・特徴③:芯が強い

・己亥の方は、芯が強いです。外見はソフトですが、内面は向上心が強いです。「人は人、自分は自分」と考えている方で、自分を見失いません。ブレない理想に向かって、努力し続ける方です。人生に一貫性がある方です。

恋愛傾向

己亥の恋愛傾向

・己亥の恋愛傾向は、ストレートです。駆け引きは苦手で、自分のペースでアプローチします。意中の人、恋人に尽くす方です。失恋からの立ち直りも速いです。問題があるとすれば、真面目過ぎるところがあり、恋のチャンスを逃すことです。時には、流れに身を任せるのも、恋愛を楽しむ一つの方法です。

結婚運

己亥の結婚運

・己亥の結婚相手は、立派な方となりやすいです。真摯な姿勢で人生を歩んでいく己亥は、信頼に重きを置いて結婚します。信頼できる方を配偶者としやすいです。精神的なつながりはもちろん、地位、財産に恵まれた方を配偶者としやすいです。結婚後、関係がドライになる恐れもあります。共通の趣味を持つなど、結婚生活に楽しさを意識すると、温かい家庭を築けるでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:甲寅

・エネルギッシュで大胆な甲寅は、己亥にとって、頼りになる存在です。行動を起こすまで繊細で慎重な己亥にとって、推進力ある甲寅は、安心してついていけます。相手に引き立てれられることが多い相性です。

相性の良い干支②:丙寅

・明るく前向きな丙寅は、暗く、時に引きこもる性質のある己亥を、元気づけてくれます。一緒にいて楽しく、リラックスも出来ます信頼面でも抜群で、悩みを素直に打ち明けられる相手です。

相性の良い干支③:癸亥

・互いに行動力があり、自分の信じることは曲げない強さもあります。似たタイプで、自然と話が合います。ノリが合う相手です。仕事関係では、癸亥が助けてくれたり、面倒を見てくれたりします。何かと相手に良くしてもらえます

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:辛巳

・控えめだけどどこか目立つ辛巳の魅力に、己亥は引き付けられます。しかし、辛巳は、内面は静かで暗いです。同じく、暗く落ち込みやすい己亥は、辛巳の暗さを吸収してしまいます。ネガティブな方向に進む相手で、第三者の介入が必要です。

相性の悪い干支②:丁巳

・外見はドライなのに内面が激しい丁巳は、己亥にとって、本心が分からない、怖い相手です。ノリも合わず、己亥が我慢して合わせがちとなります。不満が溜まる相手です。

相性の悪い干支③:壬申

・大胆で激しい壬申に対して、己亥が委縮しがちとなります。器用な壬申は、不器用な己亥に対して、イライラが溜まることも。性格が異なる相手で、互いに歩み寄り理解することが必要です。

己亥の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

己亥の鑑定方法

・亥の水の上に、己の土が座している状態です。土は水を含み過ぎている状態です。第一に火の五行が必要です。火の五行があると、不器用ながら、何事も着々と吸収できます。無ければ、頑張り屋となりますが、がむしゃらとなりやすく、何事も成果が出にくくなります。教養を身に着けたり、他者の意見を参考にすると、スムーズに発展するでしょう。

・土の五行は、火の援助があっても尚弱いので、土の地支(午・未)があるとより良いです。精神力が強くなり、肝心のところで踏ん張れます。無ければ、他者を優先しすぎて疲弊する恐れがあります。この場合、自分を優先するポイントを見失わないことが大切です。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事