pickup
【四柱推命 60干支】 戊午の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「戊午」編です。

では、さっそく解説していきます。

戊午の基本情報

戊午の基本情報

・天干:(頑固・親分肌)

・地支:(派手・陽気)

・十二運:帝旺(ワンマン・実行力が強い)

・納音:天上火(パワフル・親分肌)

・納音十二運:自旺(ワンマン・実行力が強い)

・天中殺:子丑天中殺(初代運・目下に恵まれる)

性格・特徴

戊午の性格・特徴①:明るくパワフル

・戊午の方は、明るくパワフルです。前向きで、細かいことは気にしません。仕事も恋愛も趣味も、パワフルに挑戦します。多忙で動き回る人物です。充実した生活を送ります。外見も明るく、派手です。

戊午の性格・特徴②:プライドが高い

・戊午の方は、プライドが高いです。自分に対して自信を持っているため、プライドが高いです。協調性が低いため、周囲からわがままに見られることも。しかし、プライドや自信を維持するだけの努力を行っている方です。わがままでも、人望があります。

戊午の性格・特徴③:リーダー向き

・戊午の方は、リーダー向きです。もともと、協調性はなく、何事も自分自身で果敢に挑戦していきます。組織に属するのではなく、自分で何か始める宿命があります。相当の努力家なので、苦労も多いですが、大成します。また、人望も厚いです。周囲を引っ張っていくリーダー向きです。

恋愛傾向

戊午の恋愛傾向

・戊午の恋愛傾向は、派手です。恋愛に関しては、真っすぐで情熱的です。華美な恋愛を好むため、自然と華やかとなります。デートでは、高級志向といえるでしょう。高いプライドが邪魔して、気になる異性にアプローチできないこともあります。積極的になって吉です。派手で明るいため、魅力的に見えます。

結婚運

戊午の結婚運

・戊午の結婚相手は、戊午が甘えられる方となりやすいです。仕事や趣味では、周囲を引っ張るリーダータイプですが、その反面、家庭では、配偶者に甘える傾向があります。家庭では、控えめで、協調性も高いので、安定した結婚生活となるでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:癸未

・臨機応変で世渡り上手な癸未は、実力派の戊午を慕ってきます。味方になってくれることが多く、サポートしてくれます。癸未は、トーク力もあり、楽しい雰囲気も醸し出せるため、友人や恋人でも、相性良好です。

相性の良い干支②:庚午

・真面目で責任感の強い庚午は、戊午が安心して頼れる人物です。戊午が何かと尽くしてあげる相性ですが、期待に応えてくれます。特に、仕事面では、庚午の部下がいると、助けてもらえるでしょう。

相性の良い干支③:庚申

・互いにパワフルですが、協力していける相性です。ビジネス面でタッグを組むと、相当の発展が望めるでしょう。友人や恋人関係では、一緒にいるほど庚申を好きになる傾向があります。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:丁丑

こだわりが衝突する相性です。控えめな丁丑に対して、戊午は自分の思う通りになる相手と思ってしまいます。しかし、内面は情熱的で、自分の世界を持つ丁丑は、戊午と衝突してしまいます。相手に期待を押し付けず、自然体で付き合うことが大切です。

相性の悪い干支②:甲子

・繊細な甲子は、パワフルな戊午がいくら尽くしても、萎縮して心を開いてくれません距離が縮まらないもどかしい相性です。相手のペースで焦らず関係を深めることが大切です。

相性の悪い干支③:丁巳

・こだわりが強すぎる両者は、上手く協力できない関係です。互いにこだわりを押し付け、衝突することが多いです。エネルギーが強く、引くことを知らない両者なので、衝突しないほうが賢明でしょう。つかず離れずが丁度良い相性です。

戊午の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

戊午の鑑定方法

・午の火の上に、戊の土が座している状態です。火が土を生むため、土は強くなります。土に水分が含まず、万物が育たない状態なので、第一に水を必要とします。があれば、何事も計画的となり、効率よく発展できます。水が無ければ、短絡的となりやすいです。この場合、教養を積み、判断力を養うと良いでしょう。

・水がある上で、があると山が茂り反映します。頼りがいがある人物となり、人がついてきます。周囲から恩恵を受けやすくなります。木が無ければ、傲慢となり、孤独となりやすいです。この場合、周囲に尽くすくらいで、ちょうどよくなります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事