pickup
【四柱推命 60干支】 戊寅の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「戊寅」編です。

では、さっそく解説していきます。

戊寅の基本情報

戊寅の基本情報

・天干:(頑固・親分肌)

・地支:(推進力あり・大雑把)

・十二運:長生(明朗・活発)

・納音:城頭土(高いプライド・負けん気)

・納音十二運:自病(直観力に優れる・楽観的)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

戊寅の性格・特徴①:強気

・戊寅の方は、強気です。プライドが高く、負けず嫌いです。勝ち気で強気となります。競争社会で生きたほうが成長します。どんなことも全力勝負して、結果を出していきます。努力家で、大物になる干支です。

戊寅の性格・特徴②:器が大きい

・戊寅の方は、器が大きいです。細かいことは気にしない、大雑把な方です。滅多に怒らない、器の大きい方です。細かいことは気にせず、交流を楽しむタイプなので、親しみやすいです。また、精神的にも強く、どんなことにも怯えず果敢に挑戦します。スケールが大きい方です。

戊寅の性格・特徴③:努力家

・戊寅の方は、努力家です。向上心が高く、自分の理想に向けて努力出来ます精神的、体力的にも恵まれた方なので、人の倍努力出来ます。詰めが甘くなるところがあるので、何事も細部まで徹底して努力すると、大成します。もしくは、サポートしてくれる方と出会えると、発展性が強くなります。

恋愛傾向

戊寅の恋愛傾向

・戊寅の恋愛傾向は、わがままです。好き嫌いが激しく、プライドも高いため、わがままとなってしまいます。戊寅が好きな異性と付き合うほうが良いです。好きな人は、とことん好きになるので、素敵な恋愛になるでしょう。基本的に、楽観的で大らかなので、楽しく交際できる方です。

結婚運

戊寅の結婚運

・戊寅の結婚相手は、吉凶半々となりやすいです。仕事が出来る、商才がある、など、立派な配偶者を貰いやすく、良い結婚生活となります。一方、戊寅自身、エネルギーが大きく、仕事や趣味など、家庭以外の繋がりを多く持つ傾向があります。夫婦の時間を取らないと、トラブルも起きやすいです。共通の趣味を持つと、運勢は安定します。

相性の良い干支

相性の良い干支①:癸卯

・柔軟で、社交的な癸卯は、戊寅にとって親しみやすい関係です。わがままを言っても、柔軟に対応してくれるので、甘えられます。安心して付き合っていける相性です。

相性の良い干支②:丙寅

・明るく、おおらかな丙寅は、戊寅と似たタイプです。一緒にいると、笑いが絶えない、楽しい関係となります。お互い向上心が高いため、共通の目標に対して、力を合わせることも出来ます。モチベーションを維持しあえる関係です。恋人・友人でも、ビジネス関係でも相性良好です。

相性の良い干支③:乙亥

・高い行動力と、臨機応変な対応が出来る乙亥は、行動のみで突っ走る戊寅にとって、尊敬できる相性です。また、知的な乙亥からは、何かと学びを得られます。戊寅を成長させてくれる相性です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:庚申

・エネルギーが強く、大胆な庚申は、戊寅と、似たタイプです。戊寅が庚申に惹かれ、尽くしてしまう相性です。一方、庚申は、干渉を好みません。物言いもストレートです。戊寅が近づいても、嫌がられ、厳しい言葉をかけられることも。適度な距離感が必要です。

相性の悪い干支②:癸巳

・柔軟過ぎる癸巳は、戊寅にとって、何を考えているか読みにくい相性です。相手の考えが分からず、イライラすることも。また、癸巳の柔軟で他動的な行動は、戊寅には信念が無いように思えます。相手の良さを認めにくい相性です。異なるフィールドに立つことで、協力関係を結べます。

相性の悪い干支③:丁丑

・控えめな丁丑には、戊寅が甘えすぎてしまう相性です。丁丑を怒らしてしまうことがあり、衝突します。両者とも怒ると怖いので、衝突は避けたほうが賢明です。相手に対して気遣いを行うと、上手く関係を築けます。

戊寅の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

戊寅の鑑定方法

・寅の木の上に、戊の土が座している状態です。木は土のエネルギーを吸い取るので、茂り過ぎるのは禁物です。第一に、の斧があり、大木を適度に調整すると良いです。公私のバランスが上手く取れ、心に余裕がある人物となります。穏やかな印象となり、人脈が増えます。庚がなくても、そこまで悪くなりませんが、木が多すぎると、土が弱まります。この場合、周囲に頼られ過ぎ、自分を犠牲にする傾向が出るので、注意が必要です。

・次にがあると、木は茂り、山がほぐされます。考えが柔軟となり、上手く実力を発揮できます。水が無ければ、少々偏屈となるので、他者の意見を聞き入れると良いでしょう。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事