pickup
【四柱推命 60干支】 戊子の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「戊子」編です。

では、さっそく解説していきます。

戊子の基本情報

戊子の基本情報

・天干:(頑固・親分肌)

・地支:(クール・恋愛上手)

・十二運:(ロマンチスト・アイデア力が強い)

・納音:霹靂火(瞬発力・激しい)

・納音十二運:自胎(ロマンチスト・アイデア力が強い)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

戊子の性格・特徴①:環境に左右されやすい

・戊子の方は、環境に左右されやすいです。素直で器用なため、周囲の環境から何事も吸収できます。また、出世が早く、目上の方との交流が多いです。周囲の環境が良ければ、すぐに発展できる方です。自分の身を置く環境を、上手く選定出来れば、成功したも同然です。

戊子の性格・特徴②:激しい内面を持つ

・戊子の方は、激しい内面を持ちます気分にムラがあり、気持ちのアップダウンが激しいです。嬉しいことがあれば、すぐに気持ちが高揚し、悲しいことがあれば、極端に落ち込みます。気分屋です。しかし、外見はソフトです。周囲に激しい内面を理解してもらえず、苦しむことも。信頼できる人が出来、内面を打ち明けることで、運勢は安定します。

戊子の性格・特徴③:財運が強い

・戊子の方は、財運が強いです。仕事が出来たり、商才があります。また、集中力に優れ、勝負どころを見極められる方です。勝負強さを活かし、ビジネスで大成することも。

恋愛傾向

戊子の恋愛傾向

・戊子の恋愛傾向は、真っすぐです。気になった異性が出来ると、積極的にアプローチできます。また、楽しい雰囲気を醸し出せる方で、上手くムードを作れます。上手く恋愛に発展させられる、恋愛上手な方です。熱しやすく冷めやすい点が、弱点です。

結婚運

戊子の結婚運

・戊子の結婚相手は、玉の輿となりやすいです。財産に恵まれた人物が配偶者となりやすく、仮に財産が無くても、結婚することにより、財運が高まります。裕福で幸せな結婚生活を送れるでしょう。戊子が移り気なところがあるので、不倫をしないように気を付けましょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:癸丑

・器用で早熟型の戊子は、不器用で大器晩成型の癸丑を、どこか放っておけません相手に対して、気にかけることが多く、助けてあげる相性です。癸丑は、恩に律儀なので、後々大きく恩を返してくれます。互いに発展できる相性です。

相性の良い干支②:甲辰

・研究熱心で、一芸に秀でる甲辰は、独自の活躍場所を作っています。戊子の才能を認めてくれて、活躍の場を与えてくれます引き立てられる相性です。戊子は甲辰を頼りにします。

相性の良い干支③:庚寅

・信念が強い庚寅は、気分屋の戊子の感情を安定させてくれます。庚寅のブレない姿勢は、戊子にとって刺激となります。プライベートでも、ノリが良い庚寅とは、仲良くなれます。相性良好です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:丙午

・主張が激しい両者です。一度衝突したら、とことん傷つけあう相性でなので、注意が必要です。互いに才能豊かなので、別のフィールドをとることで、協力関係を築けます。

相性の悪い干支②:甲午

・細かいことまで気が回らない両者は、肝心なところで意見がすれ違う相性です。誤解が生まれやすいので、第三者が介入して仕切ることが必要です。

相性の悪い干支③:丁未

・控えめな丁未に、戊子はついつい甘えがちとなります。戊子が頼り過ぎて、丁未に怒られる相性です。丁未は、怒ると怖いので、戊子は次第に萎縮してしまうようになります。最初から、相手を気遣うことが重要です。

戊子の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

戊子の鑑定方法

・子の水の上に、戊の土が座している状態です。基本的に山が潤っているので、恵まれた干支です。五行のバランスが取れれば、より良い命式となります。何をとっても万事良好となります。

土が弱く、水が多くなれば、山は土砂崩れとなります。自分の仕事や人間関係を管理できなくなり、自分で自分を滅ぼすことになります。自分の能力を過大評価せず、出来る範囲で何事も行うと良くなります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事