pickup
【四柱推命 60干支】 戊戌の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「戊戌」編です。

では、さっそく解説していきます。

戊戌の基本情報

戊戌の基本情報

・天干:(頑固・親分肌)

・地支:(世話焼き・頑固)

・十二運:(金運良好・大器晩成)

・納音:平地木(上品・真っすぐ)

・納音十二運:自養(甘え上手・向上心旺盛)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

戊戌の性格・特徴①:一匹狼

・戊戌の方は、一匹狼です。集団に属すことは少なく、群れません。その時その時の仲間と付き合う方で、クールです。また、何事も自分で成す意識が強く、人に頼りません。時に、周囲に合わしてみると、考えが凝り過ぎず、柔軟となるので、良いでしょう。

戊戌の性格・特徴②:生真面目

・戊戌の方は、生真面目です。真面目すぎるところがあり、頑固です。常識や礼儀を大切にする一方、柔軟な対応は苦手です。自分の意見にこだわり過ぎないこと、他者の意見を柔軟に取り入れること、を意識すると、発展性が高くなります。

戊戌の性格・特徴③:保守的

・戊戌の方は、保守的です。どちらかといえば、大きなチャレンジをするタイプではなく、堅実にコツコツと努力する方です。慎重ですが、リスクマネジメントが上手く、大きな失敗はしません。安定感ある方です。

恋愛傾向

戊戌の恋愛傾向

・戊戌の恋愛傾向は、不器用です。生真面目な性格が、恋愛の発展を邪魔します。あえて流れに流されてみることで、上手く恋愛できる方です。また、戊戌は、他者に頼ることをあまり良しとしません。恋人にも、頼らず弱みを見せません。時には頼ることで、関係は深まるでしょう。色情に流されることもあるので、その点は注意が必要です。

結婚運

戊戌の結婚運

・戊戌の結婚相手は、やや頼りない方となりやすいです。戊戌がしっかりものなので、配偶者をカバーすることが多くなりそうです。助けてもストレスが溜まらないような、可愛げある方と結婚すると、良いでしょう。結婚運自体は、良好です。浮気や不倫、衝突は少ないタイプです。

相性の良い干支

相性の良い干支①:癸亥

・柔軟でスケールの大きい癸亥は、戊戌の凝り固まった考えを、ほぐしてくれる方です。努力家の戊戌を気にかけてくれて、上手く発展できるようにサポートしてくれます。味方にいると心強いです。プライベートでも気軽に付き合える相性です。

相性の良い干支②:丙子

・器用でなんでもできる丙子は、戊戌からすると憧れの対象です。相手から学ぶことが多くなります。また、対人面で真摯な戊戌は、繊細な丙子でも、内面を打ち明けられます。互いに深く理解できる関係です。相性良好です。

相性の良い干支③:乙卯

・柔軟性、実行力に優れる乙卯は、どこか抜けている方です。詰めが甘い部分があります。一方、安定感があり、細部までこだわる戊戌は、乙卯を上手くサポートできます。乙卯がリード、戊戌がサポートすることで、発展が期待できます。協力すると力強い関係です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:庚辰

・可愛げがある庚辰は、どこか可愛がってあげたくなる相性です。互いに、一匹狼的なところもあるので、戊戌は庚辰を放っておけません。尽くし過ぎる相性です。色情に溺れやすくなるので、異性の庚辰には、注意が必要です。

相性の悪い干支②:戊辰

・互いに頑固すぎるので、意見が合わない相性です。妥協点を見つけづらく、協力するのが難しいです。関係が長続きしない相性です。

相性の悪い干支③:己酉

・互いに自分のペースを大事にするので、歩み寄れない関係となります。可愛げのある己酉の方は、人脈豊富で、敵に回すと厄介です。表面的には、寄り添い、合わせたほうが無難です。

戊戌の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

戊戌の鑑定方法

・戌の土の上に、戊の土が座している状態です。土の勢いが強く頑固です。水と木を必要として、あれば、山は水が流れ木が育ち、活気溢れます。聡明となり、協調性も高くなります。無ければ、偏屈となります。この場合、自分のこだわりを貫いたほうが良いです。手に職を付けると安定します。

が多くあると、頑固で周囲の恩恵を受けられなくなります。孤高に頑張る人ですが、成果が表れにくくなります。海外の環境など、アウトローな環境に身を置いたほうが、考えがほぐされ、活躍できます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事