pickup
【四柱推命 60干支】 癸巳の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「癸巳」編です。

では、さっそく解説していきます。

癸巳の基本情報

癸巳の基本情報

・天干:(柔軟・奉仕精神が強い)

・地支:(オシャレ・懐疑心が強い)

・十二運:(ロマンチスト・アイデア力が強い)

・納音:長流水(研究熱心・強い継続力)

・納音十二運:自絶(人気がある・不安定)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

癸巳の性格・特徴①:賢い

・癸巳の方は、賢いです。聡明で、頭の回転も速く、勉強が出来る方です。知的好奇心が旺盛なので、勉強熱心でもあります。知識量で言ったら、右に出る方はいないほどです。また、勉強のみならず、論理的な思考が出来たり、状況の把握力、判断力があったりします。常に合理的な決断を出来る方でもあります。頭を使える方です。

癸巳の性格・特徴②:引き立て運を持つ

・癸巳の方は、引き立て運を持ちます。賢く、努力家な癸巳は、早くから社会で活躍できる方です。しかし、謙虚で、人当たりが良いです。結果的に、目上の方に可愛がってもらえることが多いです。実力のある方との交流によって、引き上げられます。幸運です。

癸巳の性格・特徴③:激しい一面を持つ

・癸巳の方は、激しい一面を持ちます。内面には、こだわりを持っており、理想が高いです。また、自分や他者に求める基準が高いです。自分に厳しくしたり、他者に期待をし過ぎる傾向があります。結果的に自分にストレスをかけることも。また、臆病な傾向もあります。自分に自信を持ち、こうした感情を上手くコントロールすることで、持ち味を遺憾なく発揮できるでしょう。

恋愛傾向

癸巳の恋愛傾向

・癸巳の恋愛傾向は、熱しやすく冷めやすい傾向です。気ままな方で、急に恋愛のスイッチが入ったりします。一方で、恋愛に興味がなくなれば、パッと別れる潔さもあります。異性からモテるので、恋は多いのですが、継続性に欠けます。共通の趣味を持つ相手の方が、持続します。

結婚運

癸巳の結婚運

・癸巳の結婚相手は、立派な方となりやすいです。本人の意向関係なく、立派な方を配偶者としやすいです。財力、地位に恵まれた結婚となり、苦労は少ないでしょう。懐疑心が強く、人を信頼することが出来ない面があります。信頼できる誠実な人と結婚することで、幸せになります。

相性の良い干支

相性の良い干支①:戊辰

・戊辰は、自分の気持ちをストレートに伝えることが出来る方です。最初は対立したとしても、信頼を築いていけるでしょう。自分の内面を打ち明けられる相手です。ビジネス面でも、着実に進んでいく戊辰は、安定感があります。頼りになる相手です。

相性の良い干支②:乙丑

・気遣い上手な乙丑は、癸巳にとって、ストレスなく付き合える相手です。相手の魅力に惹かれ、何かと尽くすことも。乙丑に慕われ、癸巳のペースで付き合える関係です。

相性の良い干支③:庚申

・エネルギーが強く、自分の信念通りに進んでいく庚申は、癸巳にとって、頼りになる相手です。困ったときに助けてくれる相手です。依存的になり過ぎないように、注意です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:辛未

・柔軟で臨機応変な癸巳は、真面目で不器用な辛未が、窮屈に思えます。何かと相手に強制されている感覚となり、ストレスが溜まります。相手に引きずられがちとなるので、注意が必要です。

相性の悪い干支②:丁亥

・研究熱心で、内面に強いこだわりを持つ両者です。似たタイプなので、打ち解けやすいのですが、肝心なところで、意見が衝突しがちな相性です。両者とも自分のこだわりは譲らないので、協力できない関係です。友人関係なら、相手に共感できる相手となれるでしょう。

相性の悪い干支③:丙寅

・底なしの明るさを持つ丙寅は、どこか無理をしているように見えます。暗い部分が見えないので、逆に相手を信頼できません。表面的な付き合いとなりがちな相手です。

癸巳の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

癸巳の鑑定方法

・巳の火の上に、癸の水が座している状態です。木の五行があると、五行バランスがとれます。物事の習得が早く、器用な方となります。また、表情豊かとなり、周囲に可愛がられます。なくても問題はないですが、少々真面目過ぎる傾向が出ます。

・巳には、正財、正官、印綬を含みます。巳が良い働きをするのです。巳と相性の悪いを嫌います。亥があると、感情の起伏が激しく、人に対して攻撃的となります。発展性はありますが、人付き合いに難が出やすいので、謙虚な姿勢を心がけると良いでしょう。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事