pickup
【四柱推命 60干支】 癸未の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「癸未」編です。

では、さっそく解説していきます。

癸未の基本情報

癸未の基本情報

・天干:(柔軟・奉仕精神が強い)

・地支:(平和主義・苦労性)

・十二運:(金運良好・大器晩成)

・納音:楊柳木(柔軟・気品がある)

・納音十二運:自墓(金運良好・大器晩成)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

癸未の性格・特徴①:人付き合いが上手

・癸未の方は、人付き合いが上手です。社交的で、会話の引き出しも多いです。どんな相手でも、柔軟に合わせることが出来る、人付き合いの良い方です。また、愛嬌もあり、楽しい空間を作れます。自然と周囲から好かれます。人間関係は広いです。

癸未の性格・特徴②:周囲を優先しすぎる

・癸未の方は、周囲を優先しすぎます。協調性を重視し、他者や周囲のペースを優先します。しかし、内面は意外と頑固な一面があります。常に自分のこだわりを抑える傾向がある一方、自己主張したい面もあります。他者を優先しすぎて、自分の中に葛藤を覚えます。わがままを言える、甘えられる方と一緒に過ごすと良いでしょう。

癸未の性格・特徴③:異性に人気がある

・癸未の方は、異性に人気があります。誰にでもそつなく合わせる癸未は、周囲にいる人を楽しませることが出来ます。愛嬌もあり、男女ともに、控えめで可愛いタイプです。異性から人気が出ます。また、社交的で、人付き合いが良いため、自然と出会いも多くあります。恋が多いでしょう。

恋愛傾向

癸未の恋愛傾向

・癸未の恋愛傾向は、尽くす傾向です。周囲に合わせる癸未は、恋人に対しても、恋人を優先します。また、献身的で、何かと相手に尽くすことが多くなります。また、受け身で、アプローチに弱いです。時には、自分を主張してみると、より良い恋愛が出来るでしょう。本来、リードも出来る方です。

結婚運

癸未の結婚運

・癸未の結婚相手は、押しが強い方となりやすいです。受け身な癸未は、押されてプロポーズを受けることが多いです。優しく家庭的なため、幸せな結婚生活を作れるでしょう。自分を抑えすぎる傾向があるので、時には自己主張を強めると、良いでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:戊午

・明るく、目立ちたがりな戊午は、癸未にとって合わせやすい相性です。ノリも良く、楽しい関係となります。また、親分肌で、実行力が強い戊午は、癸未が困ったときに助けになってくれます。頼れる相手です。プライベート、仕事関係、どちらでも良いです。

相性の良い干支②:丙午

・自己主張が強い丙午でも、控えめで自分を抑える癸未には、気を使い、主張できません。癸未を優先してくれる方です。何かと大切にしてくれる相手です。また、丙午の能力の高さに救われることも。相手のペースを上手くコントロールして、恩恵を受けられます

相性の良い干支③:乙巳

・穏やかで、自己主張が控えめな乙巳は、癸未と似たタイプです。相手のことを可愛く思え、何かと世話を焼いてしまいます。また、乙巳は、自分に尽くしてくれる方に対して、素直に喜んでくれます。世話を焼く幸せを感じれる相手です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:壬申

・そそっかしく、自分を曲げない壬申に対しては、癸未がペースを引きずられる相手です。無理を強要されることが多く、疲弊します。また、壬申は細かいことを気にしないため、気遣いは苦手です。癸未を傷つけていても、気づきません。適度な距離感が必要です。

相性の悪い干支②:己酉

・どちらも社交的で優しい両者です。己酉が癸未を気に入り、近づきます。表面的には、すぐに打ち解けられます。しかし、己酉は、わがままな一面もあり、次第に癸未に甘えてきます。癸未が合わせすぎて、苦労する関係です。

相性の悪い干支③:乙丑

・どちらも控えめな両者です。自分の本音を隠す傾向があり、表面的な付き合いとなりがちです。また、お互い内面は頑固なところがあるので、付き合いが深くなるにつれて衝突することも。何かと注意が必要です。

癸未の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

癸未の鑑定方法

・未の土の上に、癸の水が座している状態です。未は、火が強まる土なので、水は弱まっています。水源の金の五行で、水を強めることが必要です。心に余裕が出来て、物言いもはっきりします。大事なところは、しっかり主張できる方となります。なければ、周囲に気を使いすぎて、自分を抑えます。自分の譲れないポイントをしっかりと持っておくと、良いです。

・金の五行があれば、次に、水が育てる木の五行があればよいです。周囲に優しくすることで、喜んでもらえます。気遣いが上手くなり、周囲に好かれます。なければ、周囲のための行為が理解されづらく、内心モヤモヤが溜まります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事