pickup
【四柱推命 60干支】 壬寅の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「壬寅」編です。

では、さっそく解説していきます。

壬寅の基本情報

壬寅の基本情報

・天干:(大胆・器が大きい)

・地支:(推進力あり・大雑把)

・十二運:(直観力に優れる・楽観的)

・納音:金箔金(周囲の才能を引き出す・社交的)

・納音十二運:自絶(人気がある・不安定)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

壬寅の性格・特徴①:心が広い

・壬寅の方は、心が広いです。細かいことは気にしない方です。どんなことをしても、怒ることは滅多にありません。また、自分に自信を持っており、基本的に、何とかなると考えています。そんな姿勢から、何事にも捉われない、心が広い方となります。

壬寅の性格・特徴②:楽しいことが好き

・壬寅の方は、楽しいことが好きです。ポジティブで前向きです。周囲とワイワイするのが好きで、社交的です。自然と人付き合いが多くなり、周囲の方と充実した、楽しい人生を送ります。趣味が充実した方です。

壬寅の性格・特徴③:自由人

・壬寅の方は、自由人です。何事にも縛られたくない欲求が強い方です。自由を愛し、自分のしたいように人生を歩みたいと考えています。その傾向が強すぎると、会社や組織に属さず、仕事せず、流れるまま生きる方となります。どんな状況下でも、自由と思えるように、捉え方を柔軟に変化させると良いでしょう。

恋愛傾向

壬寅の恋愛傾向

・壬寅の恋愛傾向は、楽しい傾向です。楽しいことが好きで、何事も積極的な壬寅です。自分のペースでリードして、楽しい雰囲気を作り出します。日常的、庶民的な恋愛を好み、自然体の付き合いをします。恋人に対しても献身的です。特に問題はない恋愛運です。

結婚運

壬寅の結婚運

・壬寅の結婚相手は、楽しい方となりやすいです。壬寅自体、楽しいことが好きなので、結婚相手も楽しい雰囲気の方を選びます。友達の延長線上のような夫婦となりやすいです。共通の趣味を持ったり、喜びごとを共有できることが多いです。健康面で難が出やすいので、夫婦で協力して、運動習慣を作ると、より幸運となります。

相性の良い干支

相性の良い干支①:丁亥

・繊細で控えめな丁亥は、壬寅がどこか放っておけない相手です。相手を明るくしようと、尽くすことが多いです。丁亥は喜び、上手く関係を深められます。丁亥は精神性を重視するので、精神的に強い絆を築けます。

相性の良い干支②:丁未

・楽しくワイワイすることが好きな壬寅は、少し子供っぽいです。一方、丁未は、控えめでセクシーな大人の魅力を持ちます。互いに自分とは異なる魅力に惹かれ、関わりあいます。尊重しあえる相性です。

相性の良い干支③:辛未

・真面目過ぎる辛未は、詰めが甘い壬寅を、上手くサポートしてくれる相手です。プライベート面では、壬寅の明るさや器の広さを、辛未が魅力に感じ、仲良くなれます。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:乙巳

・周囲とワイワイすることが好きな壬寅と、自分の興味ごとを最優先する乙巳は、根本が異なります。壬寅は、乙巳が孤独に見え、世話を焼きます。しかし、ありがた迷惑に思われ、避けられます。結果的に、壬寅が傷ついてしまいます。つかず離れずが丁度良い相性です。

相性の悪い干支②:己巳

・大雑把で推進力が強い壬寅は、悪く言えば、ゴリ押しタイプです。己巳を引きずる形となります。何事もじっくり時間をかけたい己巳は、壬寅に苛立ち、攻撃的となります。衝突が起こりやすい関係です。

相性の悪い干支③:丙申

・楽しいこと好きな両者ですが、本来良い相性です。しかし、なぜか波長が合わない関係です。お互いそそっかしく、誤解も生まれやすいです。第三者の介入があれば、相性良好となります。

壬寅の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

壬寅の鑑定方法

・寅の木の上に、壬の水が座している状態です。水のエネルギーが木に漏れているので、第一に金の五行で水を強める必要があります。活動的ですが、落ち着きある方となります。思考と行動のバランスが取れます。なければ、動きすぎて空回りする傾向があります。経験でカバーすることは出来ますが、若い時の苦労は必須となります。

水の根(亥・子・丑)があると、水は潤います。周囲を優先しすぎる壬寅ですが、自分の信念が強まり、見失わないようになります。なければ、周囲と同調して、自分を見失う傾向があります。この場合、周囲に染まりやすくなるので、良い環境に身を置くことが大切です。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事