pickup
【四柱推命 60干支】 壬辰の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「壬辰」編です。

では、さっそく解説していきます。

壬辰の基本情報

壬辰の基本情報

・天干:(大胆・器が大きい)

・地支:(信頼できる・闘争心旺盛)

・十二運:(金運良好・大器晩成)

・納音:長流水(研究熱心・強い継続力)

・納音十二運:自墓(金運良好・大器晩成)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

壬辰の性格・特徴①:闘争心が強い

・壬辰の方は、闘争心が強いです。負けず嫌いで、闘争心が人一倍強いです。何事も勝負にこだわり、全力です。結果重視の方です。さらに、強い闘争心は、根気強さを作ります。黙々と努力を積み上げ、大成する方です。

壬辰の性格・特徴②:器が大きい

・壬辰の方は、器が大きいです。細かいことにはとらわれない、器の大きい方です。考えることのスケールも大きく、理想も高いです。しかし、現実的で努力家なので、単なる夢追い人で終わらないです。理想を実現するまで、苦労しても壁にぶつかっても、立ち上がって達成できる方です

壬辰の性格・特徴③:棚から牡丹餅がある

・壬辰の方は、棚から牡丹餅があります。思わぬ方向から、恩恵を受けられることがある方です。ただし、日ごろから何か努力している方に限ります。八方ふさがりと思える状況下でも、周囲が助けてくれたり、環境が恵まれたりと、良い方向に導かれます。

恋愛傾向

壬辰の恋愛傾向

・壬辰の恋愛傾向は、尽くす傾向があります。恋愛においては、やや不器用で、駆け引きは苦手です。好きになったからには、とことん尽くして、恋に落とします。主張は激しいですが、ストレートに気持ちを伝えられます。恋人とのトラブルは多いですが、信頼できる関係を築く方です。

結婚運

壬辰の結婚運

・壬辰の結婚相手は、落ち着いた方となりやすいです。夫婦協力して発展できる家庭となるでしょう。ただし、結婚初期は、不安定となりがちです。配偶者との衝突、嫁姑問題、など、波乱はあるでしょう。配偶者としっかり話し合い、一つずつ解決することで、安定していきます。

相性の良い干支

相性の良い干支①:丙子

・器用で、才能豊かな丙子は、壬辰のこだわりをぶつけても、上手く応えてくれます。期待に応えてくれる頼もしい相手です。丙子に対して、わがままになり過ぎないことが大切です。

相性の良い干支②:辛巳

・器用で控えめな辛巳は、壬辰のこだわりを理解してくれる相手です。上手くサポートしてくれる相手です。プライベートでは、ストレートな壬辰が、辛巳の殻を破り、関係を上手く深められます。

相性の良い干支③:辛酉

・詰めが甘い壬辰を、完璧主義な辛酉が、上手くサポートしてくれます。互いに信念を強く持った努力家なので、互いの良さを認められます。サポートしあえる関係です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:庚午

・強気な庚午には、こだわりが強い壬辰でも、なぜか相手に合わせてしまいます。また、真面目な庚午は、体裁を気にしない壬辰に対して、イライラしてしまいます。庚午に口うるさくされ、壬辰は、窮屈に思えます。相手のペースに引きずられる相性です。

相性の悪い干支②:丙戌

・表面的には、付き合いやすい両者です。しかし、内面は互いに頑固です。譲り合うことが出来ない関係です。体裁にこだわる丙戌と、自己流にこだわる壬辰は、根本的にも異なる性格です。合わせるのが難しい関係です。

相性の悪い干支③:己卯

・何事もゆっくりな己卯は、素早く大胆な壬辰にとって、イライラが募ります。相手がサボっているように見えます。また、気位が高い己卯は、なぜか壬辰に高圧的な態度となります。何かとストレスが溜まりやすい関係です。

壬辰の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

壬辰の鑑定方法

・辰の土の上に、壬の水が座している状態です。水は整流されています。勢いを強めても問題ありません。第一に水の地支(亥・子)があると良いです。力強くなり、精神的、体力的にも恵まれます。勝負所を見極めて、発展できるでしょう。ないと、肝心なところで、踏ん張れない傾向があります。持続力でカバーすると良いでしょう。

の太陽があると、壬は太陽光が当たり、輝きます。努力が人の役に立ちます。人望を集めたり、地位を確立できます。なくても、問題はありませんが、やや地味で暗くなります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事