pickup
【四柱推命 60干支】 乙丑の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「乙丑」編です。

では、さっそく解説していきます。

乙丑の基本情報

乙丑の基本情報

・天干:(協調性が高い・芯が強い)

・地支:(根気強い・持続力に優れる)

・十二運:(保守的・大人っぽい)

・納音:海中金(特殊な才能に恵まれる・シャイで控えめ)

・納音十二運:自墓(金運良好・大器晩成)

・天中殺:戌亥天中殺(無から有を生みだす・精神的な強さ)

性格・特徴

乙丑の性格・特徴①:堅実

・乙丑の方は、堅実です。良く学び、良く働く方です。不器用ですが、努力を怠らないため、年を重ねるごとに、頭角を表します。無茶もせず、現実的です。自分の出来ることを、着実に行っていくタイプです。

乙丑の性格・特徴②:強いこだわりを持つ

・乙丑の方は、強いこだわりを持ちます。外見は当り障りなく、控えめですが、内面は強いこだわりを持っています。自分のこだわりは譲らない、意外と頑固なタイプなのです。凝りすぎる傾向もあるため、一芸に秀でて活躍する方が多いです。

乙丑の性格・特徴③:忍耐強い

・乙丑の方は、忍耐強いです。不器用なため、成長スピードは遅いですが、コツコツ努力を積み上げる方です。目標までどんなに道が遠くても、達成するまで続ける根気強い方です。自分の目標やこだわりを見失わない方です。

恋愛傾向

乙丑の恋愛傾向

・乙丑の恋愛傾向は、奥手な傾向となります。もともと自己主張が苦手なので、気になる異性が出来ても、上手くアプローチできないこともあります。また、慎重なため、恋のチャンスを逃すこともあります。交友関係は広く、異性からの人気もある方です。自分に自信を持ち、積極的に恋愛すると良いでしょう。

結婚運

乙丑の結婚運

・乙丑の結婚相手は、おっとりした穏やかな人物となりやすいです。自分の世界を持った、少し変わった方を配偶者としやすいので、意見が合わないことも。自分とは異なる配偶者の価値観を魅力に感じ、結婚生活を送ることとなります。基本的に穏やかで安定した結婚生活となります。

相性の良い干支

相性の良い干支①:庚子

・繊細で自己主張が苦手な乙丑を上手くリードしてくれる相性です。庚子の方も繊細なので、乙丑のサポートが心地よく感じます。お互いに惹かれあう良い相性です。

相性の良い干支②:丙子

・明るく純粋な丙子とは、警戒心が強い乙丑も、すぐに打ち解けられます。丙子といることで、乙丑も自然と笑顔になります。丙子側も、乙丑の気遣いを心地よく感じます。恋愛相手としても良好です。刺激的な恋となるでしょう。

相性の良い干支③:甲申

・なぜかリズムが合う相性です。ノリが同じで、あっという間に関係を築けます。甲申には、何かと気にかけてもらえることが多く、困ったときに助けてもらえる相性です。依存的になり過ぎず、常に感謝を伝えると、より関係は良好となります。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:甲戌

・情熱的で親切すぎる甲戌の方は、乙丑からしたらありがた迷惑に思えます。距離を詰められすぎたり、必要以上に干渉され、ストレスがたまることとなります。基本的には、助けてくれるので、上手く機転を効かし、適度な距離感を保つと良いでしょう。

相性の悪い干支②:己未

・己未から色々気にかけてもらえるのですが、どこか心を開けない相性となります。豪快で器が大きい己未に対して、萎縮しがちとなります。適度な距離感が必要な相性となります。

相性の悪い干支③:辛卯

・誠実な辛卯の方は、本音でぶつかり合う関係を望みます。これに対して、乙丑は、心地よい気遣いを求めます。お互いがすれ違いになりやすい相性です。互いが互いに寄り添うと、良い相性となります。

乙丑の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

乙丑の鑑定方法

・丑の湿土の上に、乙の草花が座している状態です。基本的に、丑の土は、水分を含んだ柔らかい土なので、草花にとっては、良い環境となります。丑は冬の冷たい土なので、第一に丙の太陽で温める必要があります。これがあると、主体性が生まれ、上手く自己主張やアピールを出来るようになります。結果的に周囲に才能を認めてもらえるようになります。なければ、自己主張が苦手となります。

・次に、草花を育てる雨(癸)が必要です。これがあると、周囲に恵まれることが多くなります。もともと、誰かに才能を認めてもらえることで花開く運勢を持っているので、自然と発展できるようになります。なければ、自分で上手くアピールしていくことが必要となります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事