pickup
【四柱推命 60干支】 乙酉の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「乙酉」編です。

では、さっそく解説していきます。

乙酉の基本情報

乙酉の基本情報

・天干:(協調性が高い・芯が強い)

・地支:(頭の回転速い・プライド高い)

・十二運:(人気がある・不安定)

・納音:井泉水(誠実・無邪気)

・納音十二運:自敗(迷いやすい・感受性豊か)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

乙酉の性格・特徴①:美男美女が多い

・乙酉の方は、美男美女が多いです。外見が美しい方が多く、自己主張が控えめなので、凛としています。男女とも異性にモテる方です。乙酉自体は、遊びの恋愛には興味がありません。モテますが、恋人に一途です。

乙酉の性格・特徴②:素直

・乙酉の方は、素直です。何事も思った通りに発言します。毒舌ですが、嫌みが無いので、嫌われることはありません。どこか憎めない方です。ただ、素直すぎて、騙されることもあるので、その点は注意が必要です。

乙酉の性格・特徴③:サバサバしている

・乙酉の方は、サバサバしています。クールであっさりした性格で、細かいことは気にしません。実行力もあり、テキパキ動きます。ねちねちした性格でないので、男女ともに人気を集めます。

恋愛傾向

乙酉の恋愛傾向

・乙酉の恋愛傾向は、アプローチされた方と付き合う傾向があります。シャイで、プライドも高いため、あまり自分からアプローチしません。また、好意を寄せられると、素直に喜ぶ人なので、自分を好きになってくれた人と付き合う傾向があります。また、一途なので、恋愛トラブルは少ないほうです。

結婚運

乙酉の結婚運

・乙酉の結婚相手は、真面目な方が多いです。堅実な結婚となります。乙酉が献身的に配偶者に尽くすこととなりやすいので、ストレスをためることもあります。感謝を伝えられる方を配偶者に選ぶと、安定していくでしょう。また、結婚して数年間は、住む場所や結婚生活が安定しない傾向があります。配偶者ときちんと話し合うことを要する期間です。

相性の良い干支

相性の良い干支①:庚辰

・可愛らしいけど、どこかサバサバした庚辰は、乙酉と似たタイプです。初対面から、強烈に惹かれあう相性で、良好となります。ビジネス面では、特に良い相性です。

相性の良い干支②:癸丑

・繊細で正直者な癸丑は、同じく繊細で素直な乙酉の、良き理解者となります。お互い気にかけあう心地よい関係となります。信頼できる相手でもあり、悩み相談に乗ってくれたりします。

相性の良い干支③:甲子

・繊細で、細かいところまで気が回る甲子は、乙酉にとって、サポートしてくれる心強い味方のように感じます。ノリや波長も合うので、友人関係、恋人でも楽しい関係となります。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:辛未

・真面目過ぎて融通が利かない辛未は、乙酉にとって、窮屈に感じる相手です。乙酉の武器である、自由な発想や行動力が上手く活かせなくなります。根本的に異なる性格なので、適度な距離感が必要です。

相性の悪い干支②:丙戌

・明るい丙戌の方とは、表面的には楽しい関係となります。しかし、あまり本音を見せない丙戌とは、深い関係を築けず、イライラすることも。つかず離れずが丁度良いです。

相性の悪い干支③:己卯

互いにプライドが高く、衝突しがちな相性です。実行力に優れ、テキパキ動ける乙酉にとって、真面目にゆっくり進んでいく己卯は、ペースが合わずイライラします。互いに異なるフィールドであれば、互いに協力できます。

乙酉の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

乙酉の鑑定方法

・酉の金の上に、乙の草花が座している状態です。草花は金によって刈られ弱まっています。水(壬、癸)で金の勢いを吸い取るか、火(丙、丁)で金の勢いを弱めることが必要です。そうすると偏屈にならず、発想力・思考力に磨きがかかり、柔軟に発展できます。なければ、行動と思考のバランスが取れず、行動する割にから回ることになります。その場合、他動的に動いたほうが、かえってうまくいきます。

・水と火が無ければ、で化金すると良いです。推進力が強まり、苦労も多いですが、発展できます。ただ、この場合、ストレスをため過ぎることとなるので、自分を追い込み過ぎないことが必要です。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事