pickup
【四柱推命 60干支】 乙亥の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「乙亥」編です。

では、さっそく解説していきます。

乙亥の基本情報

乙亥の基本情報

・天干:(協調性が高い・芯が強い)

・地支:(直情的・情に厚い)

・十二運:(せっかち・技芸学芸の才)

・納音:山頭火(情熱的・理想が高い)

・納音十二運:自絶(人気がある・不安定)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

乙亥の性格・特徴①:知的好奇心が旺盛

・乙亥の方は、知的好奇心が旺盛です。賢いうえに、勉強好きなタイプです。常に学んで知識を得たいと考えています。学者や専門家として活躍している方が多いです。

乙亥の性格・特徴②:適応能力が高い

・乙亥の方は、適応能力が高いです。どんな環境でも柔軟に対応していくことが出来るのです。大胆さと繊細さを兼ね備えているため、上手く対応していきます。少々アウトローとなり、環境を変え続けたほうが発展できる干支です。

乙亥の性格・特徴③:人脈が広い

・乙亥の方は、人脈が広いです。特別、社交的ではないのですが、博学で知的好奇心が旺盛なため、セミナーに通ったりします。知的な集まりでの人脈が自然と多くなります。また、コミュニケーション力も高いため、上手く人脈を広げることが出来ます。

恋愛傾向

乙亥の恋愛傾向

・乙亥の恋愛傾向は、こだわりが強いです。恋愛が始まる前から、色々考えすぎてしまうところがあります。また、控えめでシャイなため、恋愛に発展するのが遅い傾向があります。付き合ってからも、こだわりが強くなりがちです。自分に合わせてくれる柔軟性の高い方と巡り合うと、長続きします。

結婚運

乙亥の結婚運

・乙亥の結婚相手は、自分に愛情を注いでくれる人となりやすいです。乙亥のこだわりを許してくれる、良き理解者を配偶者にしやすいです。健康面では、病弱となりやすい傾向があるので、配偶者と運動する習慣を持つと良いでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:庚寅

・信念が強く、実行力もある庚寅は、乙亥にとって心強い味方に感じます。人生のターニングポイントに出会うことが多く、乙亥を次のステージへ成長させてくれる相手です。困ったときに助けてもらえます。

相性の良い干支②:丙戌

・真面目で明るい丙戌の方は、乙亥にとって、信頼できる楽しい関係となります。互いに研究熱心なので、力を合わせると良い結果を生み出せます。ビジネスパートナーとしても、良い相性です。

相性の良い干支③:庚午

・責任感が強く真面目な庚午は、乙亥にとって、信頼できる相性です。乙亥の良き理解者として、相談相手にもなってくれます。時に厳しくされますが、乙亥を成長させてくれる人物でもあります。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:甲申

・華やかで、頭の回転も速く仕事が出来る甲申に対しては、どこか嫉妬してしまう相性となります。距離が近すぎると、つい攻撃的になってしまいます。適度な距離感が必要となります。

相性の悪い干支②:辛巳

・甘え上手な辛巳の方には、なぜか尽くしてしまう相性となります。しかし、相手が心を開きにくく、乙亥がいくら寄り添っても、迷惑に思われます。尽くし過ぎず、対等に接すると良いでしょう。

相性の悪い干支③:癸巳

・気分屋の癸巳は、乙亥にとって、理解しずらい相性となります。自分の思い通りには動いてくれず、扱いに手を焼きます。相手が上司なら、成長させてくれる良い相性です。

乙亥の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

乙亥の鑑定方法

・亥の水の上に、乙の草花が座している状態です。亥には、壬(海の水)と甲(大木)があるため、草花が強く育ちます。茂り過ぎないように、斧(庚)で剪定出来ると良いでしょう。持ち前の知識を上手く活かせる人物となります。エリートサラリーマンに多いです。

・水が多いので、の太陽で温めても良いです。明るい人物となり、自己アピールを上手く出来ます。また、水の勢いが強すぎると、乙は根を張れないです。思考ばかり先行して、悩みが多くなります。で泥土にする必要があります。この時、思考に振り回されず、現実的となります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事