pickup
【四柱推命 60干支】 甲午の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「甲午」編です。

では、さっそく解説していきます。

甲午の基本情報

甲午の基本情報

・天干:(向上心旺盛・リーダー気質)

・地支:(派手・陽気)

・十二運:(せっかち・技芸学芸の才)

・納音:沙中金(天然・美的センスがある)

・納音十二運:自敗(迷いやすい・感受性豊か)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

甲午の性格・特徴①:明るい

・甲午の方は、明るく目立つ方です。自己主張は控えめですが、外見がおしゃれで、華やかに見えます。性格も明るいので、人気も集めます。特に、異性から注目されることが多い干支です。

甲午の性格・特徴②:献身的

・甲午の方は、献身的です。嫌なことも引き受けることが出来る方で、潤滑油的な役割を出来ます。また、周囲に対して優しいです。時にお人よしになり過ぎて、利用されることもあるので、注意が必要です。

甲午の性格・特徴③:情熱的

・甲午の方は、情熱的です。何事も妥協せず努力する方です。時に、目の前のことを熱中しすぎて、周囲が見えなくなることもあります。努力を積み上げられるので、一芸に秀でます。技芸学芸の才能が強いです。

恋愛傾向

甲午の恋愛傾向

・甲午の恋愛傾向は、繊細となります。もともと自己主張が控えめなので、自分の気持ちを伝えることが苦手です。また、恋愛に対しての理想も高いので、その分傷つきやすくなります。ハードルが高い恋愛を手に入れるために、常に自分磨きをしていくと、恋愛運が向上します。

結婚運

甲午の結婚運

・甲午の結婚相手は、明るく目立つ方を選びやすいです。美男美女となる傾向があり、少し配偶者に気を使う結婚となりそうです。ただ、甲午の方は、献身的なため、尽くす喜びを得られるでしょう。結婚のトラブルも起こりやすい干支なので、結婚前に相手を見極める必要があります。

相性の良い干支

相性の良い干支①:辛未

・真面目で責任感が強い辛未は、警戒心が強い甲午の方でも、安心して信頼できる相性となります。何かと協力することも多く、良い関係となります。

相性の良い干支②:己酉

・社交的で、朗らかな己酉は、自然体で付き合える相性となります。気を使いな甲午も、己酉の高いコミュニケーション力によって、スムーズに関係を築けます。

相性の良い干支③:癸亥

・自己主張が強い癸亥の方ですが、器が広く、何かと気をかけてもらえます。甲午が恩恵を受けられる相性です。困ったときには助けてもらえます。依存的にならないように、感謝の気持ちを常に伝えると、より関係は良くなります。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:乙巳

・互いに芸術的センスに恵まれ、自己主張も控えめと似ています。しかし、乙巳は、好き嫌いが激しく、興味ないことには、目も向けません。甲午が歩み寄っても距離が縮まらず、傷つく恐れがあります。相手の趣味に合わすと、関係は良好となるでしょう。

相性の悪い干支②:丁卯

・情熱的な面は似ているのですが、お互いのこだわりが衝突しがちとなります。丁卯の方は、やや攻撃的な一面があるので、甲午が傷ついてしまうことも。萎縮しがちな相性となります。甲午が主導権を握っておいたほうが安定します。

相性の悪い干支③:乙亥

・思い込みが激しく、周囲にあまり気が回らない乙亥の方は、関係を築くことが難しい相手です。相手のペースに翻弄されることも多いです。共通の目標を持つと、協力できます。

甲午の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

甲午の鑑定方法

・午の火の上に、甲の大木が座している状態です。基本的に大木が燃え、献身的で周囲に貢献できる人物です。大木が適度に燃えられるように、材木に形を整える金(特に、庚)があると、より運勢は良くなります。自分の才能が周囲に、認められやすくなります。なければ、発展のために苦労することもあります。コツコツ忍耐を積むと発展します。

・次に、大木を育てるが必要となります。秋冬生まれでも良いです。これがあると、理性と情熱のバランスが取れ、万事良好に発展できます。これがなく、火に偏っている場合は、一芸を極め手に職を付け、発展していきます。この場合、ストレスをためやすくなるので、自分の中で娯楽を作ると良いでしょう。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事