pickup
【四柱推命 60干支】 甲寅の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「甲寅」編です。

では、さっそく解説していきます。

甲寅の基本情報

甲寅の基本情報

・天干:(向上心旺盛・リーダー気質)

・地支:(推進力あり・大雑把)

・十二運:建禄(活発・福分暑い)

・納音:大渓水(無邪気・大胆)

・納音十二運:自病(直観力に優れる・楽観的)

・天中殺:子丑天中殺(初代運・目下に恵まれる)

性格・特徴

甲寅の性格・特徴①:エネルギッシュ

・甲寅の方は、エネルギッシュです。大胆に行動していく力強さを持ちます。細かい作業は苦手ですが、スケールを大きく考えられるため、大成することが多いです。何事にも全力で、真っすぐです。

甲寅の性格・特徴②:独自の道を行く

・甲寅の方は、独自の道を行く方が多いです。自我や信念が強く、自分をしっかり持っています。周囲の環境に染まることは少なく、自分を信じ、自分の道を歩むことが多いです。サラリーマンより、独立向きです。手に職を付けると、なお運勢は安定します。

甲寅の性格・特徴③:負けず嫌い

・甲寅の方は、負けず嫌いです。自分の信念を持っており、能力にも自信があります。他者へのライバル意識が強く、負けず嫌いです。ここ一番で頑張れる勝負強さを持っているので、苦労も多いですが、成功も多いです。

恋愛傾向

甲寅の恋愛傾向

・甲寅の恋愛傾向は、真っすぐです。恋人に対して、ストレートに自分の好意を伝えられる方です。性格的にも純粋なので、本音をありのまま伝えます。時にわがままとなりやすいので、恋人とのトラブルとなることも。一方、恋仲になるまでは、やや奥手です。付き合うまで時間をかけるタイプです。

結婚運

甲寅の結婚運

・甲寅の結婚相手は、自己主張が強い方となりやすいです。甲寅の方も自己主張が強いため、衝突することも多々あるでしょう。それだけ、本音でぶつかり合える、良い関係ということです。結婚運は良好で、甲寅の方は家庭を大切にするので、幸せな結婚生活を送れるでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:己亥

・礼儀正しく、品行方正が整った己亥の方は、甲寅が何かと可愛がりたくなる相性です。どちらも行動力があり、信念も強いため、似た者同士です。必然的に、話も合うでしょう。

相性の良い干支②:癸酉

・冷静で柔軟、頭がキレる癸酉は、甲寅が何かと尊敬してしまう人物です。癸酉は、甲寅の実行力や芯の強さに惹かれます。互いが互いを魅力的に思うので、居心地が良い相性です。

相性の良い干支③:丙午

・明るく目立つ丙午の方を、甲寅が上手く育てます。丙午を可愛く思い、目をかけ、目をかけた分だけ、育ってくれます。育てる喜びを与えてくれる相性です。部下や子供にいれば、なお良いです。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:辛丑

・完璧主義で、何事も徹底的にこだわる辛丑には、詰めが甘い甲寅の方はかないません。学びを与えてくれますが、自信を砕かれることも。敵にしないほうが良いです。

相性の悪い干支②:戊子

・気性が激しい戊子とは、衝突する相性です。お互い自分を曲げることが出来ないため、トラブルが多発します。甲寅が適度に距離をとることで、上手くいく相性です。

相性の悪い干支③:戊申

・根は真面目で、責任感が強い戊申に、自由を好む甲寅は窮屈に感じる相性です。周囲を先陣を切って引っ張る甲寅とは異なり、周囲を裏から支える戊申は、形は違えど、お互いリーダー格です。根本が異なるのに、同じ役割なので、衝突が避けられない相性です。

甲寅の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

甲寅の鑑定方法

・寅の木の上に、甲の大木が座している状態です。木の勢いが非常に強いため、まずは、抑え込む金(特に、庚)が必要です。あれば、自己主張のバランスが上手く取れ、発展できます。なければ、自己主張が強すぎて、周囲とのトラブルが多くなります。この場合、他者の助けは、期待できないので、自分で道を切り開く必要があります。

・寅の勢いが強いので、寅と害冲する(相性が悪い)巳、申があると運勢は波乱となります。良いときと悪いときの差がはっきりしたり、良い時期の中に悪いことが起きたりします。常に油断できなくなるため、努力を要します。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事