pickup
【四柱推命 60干支】 甲申の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「甲申」編です。

では、さっそく解説していきます。

甲申の基本情報

甲申の基本情報

・天干:(向上心旺盛・リーダー気質)

・地支:(行動的・おっちょこちょい)

・十二運:(人気がある・不安定)

・納音:井泉水(誠実・無邪気)

・納音十二運:自生(明朗・活発)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

甲申の性格・特徴①:テキパキしている

・甲申の方は、テキパキした方です。頭の回転が速く、行動力もあり、テキパキ行動できます。特に仕事では、流れるように作業できるため、仕事が速い人という印象を与えます。

甲申の性格・特徴②:周囲に優しい

・甲申の方は、周囲に優しい方です。純粋で思いやりがあり、優しく接することが出来る方です。献身的でもあるため、周囲を優先する傾向があります。周囲を第一に考え配慮できるので、皆に好かれる方です。

甲申の性格・特徴③:華やか

・甲申の方は、華やかな魅力を持ちます。頭の回転が速いため、トーク力があります。また、お調子者で純粋なため、周囲から可愛がられます。必然的に人気を集めます。また、甲申の方は、華やかなものが好きな傾向があります。人気もあり華やかなので、どこか人を引き寄せる魅力があります。

恋愛傾向

甲申の恋愛傾向

・甲申の恋愛傾向は、真面目で奥手となります。純粋で真面目なため、しっかりと恋愛関係を築きたいと考えています。また、精神的なつながりを求める傾向もあるので、体目当てで付き合ったりしません。恋愛に対して真摯なのです。その分、恋愛に対して慎重となります。もともと、シャイで奥手なため、あまり自分からアプローチしない傾向となります。焦らず関係を築いていくと、素敵な恋愛を手に入れられるでしょう。

結婚運

甲申の結婚運

・甲子の結婚相手は、行動力ある方を選びやすいです。甲申の方も行動的なので、結婚したものの、家族の時間が取れないなんてこともあります。配偶者と共通の趣味を持つのも、良い関係を築く一つの案です。

相性の良い干支

相性の良い干支①:己巳

・己巳の方は繊細で、周囲に気をかけてもらうことで、心を開いていきます。甲申の優しさに感謝して、己巳の方は、心を開いてくれます。関係を築きやすい相性です。また、どちらも行動力があり、繊細なので、性格も似ています心地よく感じる相性です。

相性の良い干支②:乙丑

・真面目で控えめな乙丑の方は、甲申が何かと気にかけたくなる相性です。乙丑の方は、気遣いが上手いため、甲申に優しく接することが出来ます。お互いに心地よい関係となります。特に、友人関係では、良い相性となるでしょう。

相性の良い干支③:癸卯

・柔軟で献身的な癸卯の方は、甲申の方に恩恵を与えてくれる相性となります。癸卯が甲申の良いところを引き出し、サポートしてくれます

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:庚午

・真面目でルールを重んじる庚午に対して、甲申は窮屈に感じ、遠慮しがちとなります。また、柔軟で自己流で取り組む甲申に対して、定石通りのやり方を重んじる庚午は良さを認めにくいです。根本の性格が違うので、勉強と思って接すると良いでしょう。

相性の悪い干支②:戊寅

・甲申の方は、他者に頼られることで、実力以上の力を発揮します。一方、戊寅の方は、プライドが高く、他者をあまり頼りません。協力していくことが難しい相性で、甲申の方は、何かと気を使って消耗してしまいます。一度関係を築くと、やりやすい相性ではあります。

相性の悪い干支③:丁亥

互いの行動が鼻につきがちな相性となります。純粋な甲申に対して、心を閉ざしがちな丁亥に対して、イライラすることも。相手の良さを認め、感謝することで、良い関係となっていきます。

甲申の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

甲申の鑑定方法

・申の金の上に、甲の大木が座している状態です。大木は、金によって切られ、弱まっている状態です。金の力を弱め、木に力を与える水が1~2個あると、良いです。他者と持ちつ持たれつで、協力して発展できます。なければ、他者に尽くすだけ尽くして、恩恵が返ってこないことにもなります。その場合、自分の良さを認めてくれる人と過ごすと良いでしょう。また、水が多すぎると、木は根腐れします。他者に依存し過ぎとなり、発展が薄くなります。この場合は、手に職を付け、自立して生きていくと、良くなります。

・水の次に、があれば、大木は炎の燃料となり、社会に有用なものとなります。このような場合、聡明で発想力にも優れる能力の高い人物となります。なくても、組織に属して、それなりに発展しますが、自分を犠牲にしがちとなり、ストレスをためやすくなります。ストレスをためないように、一人の時間を作りリフレッシュすると、良くなります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事