pickup
【四柱推命 60干支】 甲戌の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「甲戌」編です。

では、さっそく解説していきます。

甲戌の基本情報

甲戌の基本情報

・天干:(向上心旺盛・リーダー気質)

・地支:(世話焼き・頑固)

・十二運:(甘え上手・向上心旺盛)

・納音:山頭火(情熱的・理想が高い)

・納音十二運:自墓(金運良好・大器晩成)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

甲戌の性格・特徴①:情熱的

・甲戌の方は、何事にも熱く情熱的です。妥協せず、全力で挑みます。仕事も恋のプライベートも、自分のしたいことに対しては、妥協しません。理想も高いですが、努力家で向上心が高いため、理想を達成できることも多いです。

甲戌の性格・特徴②:周囲の面倒見が良い

・甲戌の方は、周囲への面倒見が良いです。常に周囲に気を配り、献身的に動けます。時に、おせっかいなくらい世話を焼きますが、困ったときは助けてくれる頼りになる方です。甲戌の方自身も努力家で妥協しないため、周囲を引っ張る良いリーダーとなれます。

甲戌の性格・特徴③:プライドが高い

・甲戌の方は、プライドが高いです。真面目で努力家なので、同年代の中では、実力が高くなります。実力があるが故に、自分に自信を持っており、プライドも高くなります。また、繊細な一面もあり、傷つきたくないが故に、自分の弱さを認めない傾向となります。周囲の意見を取り入れ、謙虚な姿勢を身に着けると、もともとの高い実力が遺憾なく発揮できるでしょう。

恋愛傾向

甲戌の恋愛傾向

・甲戌の恋愛傾向は、ロマンチックです。ムードを大切にする傾向があり、甘え上手です。また、恋愛に対して真っすぐなので、好きな気持ちも恥ずかしがらず、ストレートに伝えます。自然と甘いムードが漂い、華やかな恋愛となります。恋仲に発展するまでは、意外と時間がかかりがちです。プライドが高く、シャイな一面もあるので、意中の異性に告白をためらうことも。傷を恐れず積極的になって吉です。

結婚運

甲戌の結婚運

・甲戌の結婚相手は、品行方正がきちんとしている方となる傾向があります。甲戌の方は、根は真面目です。華やかな恋愛傾向となりますが、結婚相手として選ぶのは、真面目な方となるのです。基本的に結婚運は良いです。

相性の良い干支

相性の良い干支①:己卯

・控えめでおっとりした己卯の方は、甲戌が何かと気をかけたくなる相性です。己卯の方は、サポート力に長けているので、甲戌がリードすることで、持ちつ持たれつの良い関係となります。ビジネス、友人、恋人、夫婦など、どの場合でも良好な関係となります。

相性の良い干支②:辛卯

自分の信念を持って、道を究める辛卯の方は、気持ちが散漫になりやすい甲戌の方にとって、尊敬できる相手です。何かと学びを与えてくれる相性です。困ったときには助けてもらえます。

相性の良い干支③:癸丑

・実行力が高い癸丑と甲戌は、互いに似ています。癸丑の方は、何事にも柔軟に対応できる分、甲戌が助けてもらえることがあります。恩恵を受けられる相手です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:乙酉

何かと気になってしまい、つい世話を焼いてしまう相手です。しかし、乙酉の方には、ありがた迷惑に感じることも。毒舌な乙酉に、毒を吐かれ傷つくことも。適度な距離感が必要な相性となります。

相性の悪い干支②:壬辰

・努力家で、何事もやり遂げるまで徹底して努力を重ねる壬辰の方は、どこか頭が上がらなくなります。どちらもこだわりが強いので、衝突しがちですが、敵に回さないほうが良い相性です。

相性の悪い干支③:壬申

・才能豊かで、能力が高い壬申の方は、独自の道を歩んでいきます。周囲を引っ張って協力していく甲戌とは、対照的な性格です。お互いが相手のことを理解できず、苦しむ相性なので、相手の立場に立ち接することが必要です。

甲戌の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

甲戌の鑑定方法

・戌の乾土の上に、甲の大木が座している状態です。戌の土は乾いているので、第一に大木を育てる水(壬、癸)が必要です。水があれば、窮地に立たされても、周囲に助けてもらえるようになり、上手く発展できます。なければ、他者の意見を聞き入れない頑固な方となります。その場合、他者との交流を積極的に行い、考えを柔軟にする必要があります。

・水の次に、木の根(寅、卯、亥)があればなお良いです。戌には、自分を強める水と木が含まれないからです。これがあると、自分の意思も強くなるので、周囲に尽くすだけでなく、周囲を引っ張るリーダーとして、申し分がなくなります。なければ、サポート向けとなります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事