pickup
【四柱推命 60干支】 辛丑の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「辛丑」編です。

では、さっそく解説していきます。

辛丑の基本情報

辛丑の基本情報

・天干:(繊細・完璧主義)

・地支:(根気強い・持続力に優れる)

・十二運:(甘え上手・向上心旺盛)

・納音:壁上土(真面目・縁の下の力持ち)

・納音十二運:自衰(保守的・大人っぽい)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

辛丑の性格・特徴①:完璧主義

・辛丑の方は、完璧主義です。何事も徹底してこだわる方です。どんな些細なことでも、詰めていきます。仮に99点でも、辛丑からすると、落ち込みます。100点を取って初めて満足する方です。必然的に、苦労性で努力家となります。

辛丑の性格・特徴②:プライドが高い

・辛丑の方は、プライドが高いです。馬鹿にされることや、自分をへりくだることで嫌います。頭を下げるなんて、言語道断です。表面的には、腰は低いです。付き合いが深い相手には、プライドの高さをあらわにさせます。親しい人ほど、気を使わすことも。

辛丑の性格・特徴③:好き嫌いが激しい

・辛丑の方は、好き嫌いが激しいです。表面的には穏やかですが、内面は激しいです。好きなこと、好きな人には、とことんのめり込みます。一方、嫌いなことや、苦手な人などには、見向きもしません。自分に正直な方です。

恋愛傾向

辛丑の恋愛傾向

・辛丑の恋愛傾向は、自分次第となります。楽しい恋愛を作るか、口うるさく衝突ばかりする恋愛を作るか、両極端となります。本来、楽しいことが好きで、ムードを作れる方です。しかし、プライドの高さが邪魔して、不器用になることも。プライドを捨てたほうが、恋愛は楽しめます。

結婚運

辛丑の結婚運

・辛丑の結婚相手は、堅実な方となりやすいです。真面目な辛丑は、真面目な配偶者を選びます。浮気もしないタイプなので、結婚運は安定するでしょう。協調性も強く、夫婦協力して発展できるでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:丙申

・どちらも自分のこだわりが強いのですが、自然と協力関係を結べる関係です。また、丙申の明るさや、おっちょこちょいな一面は、辛丑を楽しませてくれます。ビジネス面でも、プライベートでも、良い関係です。

相性の良い干支②:甲子

・繊細で、気遣い上手な甲子は、辛丑にとって、嬉しい関係です。相手の気遣いが心地よく、つい一緒にいてしまいます。特別楽しい関係ではありませんが、落ち着く関係です。配偶者には、ベストです。

相性の良い干支③:戊子

・辛丑の何事もこだわる姿勢を、認めてくれる相手です。辛丑の良さを認め、尽くしてもらえます。甘えすぎには注意です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:己巳

・弱みを見せず、人に頼ることを良しとしない辛丑は、甘え上手な己巳に、イライラしてしまいます。周囲と楽しく過ごす己巳には、心の奥で憧れることも。

相性の悪い干支②:丁未

・器用に何でもできる丁未は、辛丑にとって羨ましく思う相手です。しかし、辛丑は不器用で、発展に時間がかかります。丁未のペースに引っ張られ、辛丑の良さが出にくい相性です。勉強できる相手だと思って割り切りましょう。

相性の悪い干支③:己亥

・互いに不器用で、努力家です。理解できる相手なのですが、発展も少ないです。不器用さに拍車がかかり、心に余裕がなくなります。結果的に傷つけあうことも。第三者の介入が必要です。

辛丑の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

辛丑の鑑定方法

・丑の湿土の上に、辛の宝石が座している状態です。湿った土から鉱物が生まれるので、すでに自然な形が出来上がっています。金の根(申・酉)があると、自分の意思がより固まります。芯の強さが出て、力強く自分の道を歩んでいけます。

・丑は、土と水が強く、土や水が強まりすぎ、金が沈む恐れがあります。木の五行で、適度にコントロールする必要があります。目標意識が強まり、現実的となるので、結果の出せる努力を出来ます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事