pickup
【四柱推命 60干支】 辛卯の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「辛卯」編です。

では、さっそく解説していきます。

辛卯の基本情報

辛卯の基本情報

・天干:(繊細・完璧主義)

・地支:(天然・可愛らしい)

・十二運:(人気がある・不安定)

・納音:松柏木(強い信念・ユーモア)

・納音十二運:自旺(ワンマン・実行力が強い)

・天中殺:午未天中殺(華やか・目上の人に恵まれる)

性格・特徴

辛卯の性格・特徴①:オーラがある

・辛卯の方は、オーラがあります。オシャレでセンスがあります。自己主張は弱く、控えめです。静かで凛とした中に美しさを持つ方で、オーラがあります。価値観自体も独特なので、他にはない魅力を出します。

辛卯の性格・特徴②:デリケート

・辛卯の方は、デリケートです。些細なことに傷つく、デリケートな方です。感受性が豊かとも言えます。また、プライドが高く、周囲に弱みを見せません。傷ついてもそれを発散できません。何かとストレスが溜まりやすいので、ストレス発散できる趣味を持つと良いでしょう。

辛卯の性格・特徴③:特殊な才がある

・辛卯の方は、特殊な才があります。価値観が独特で、感受性も豊かです。また、こだわりが強く、自分の信念を貫きます。たとえ周囲とは、ズレていることでも、自分が良いと思ったら、極めていく傾向があります。結果的に、他にはない、特殊な才に恵まれた方という印象を与えます。

恋愛傾向

辛卯の恋愛傾向

・辛卯の恋愛傾向は、甘い恋をする傾向があります。恋愛上手で、社交的で交友関係も広いです。独特の魅力があり、異性から人気もあります。自然と恋多き傾向となります。また、ロマンティックな恋愛を求める傾向が強く、刹那的な恋となりがちです。パッと燃えるような華やかな恋をする方です。

結婚運

辛卯の結婚運

・辛卯の結婚相手は、落ち着いた方となりやすいです。恋愛は華やかな辛卯ですが、配偶者は良識を持った方を選びやすいです。地味で現実的な結婚となります。結婚生活自体は、不安定な傾向があります。結婚することで、転勤など、移動を強いられることがあります。周囲の影響を受けやすくなるのです。どんな状況でも楽しめる方を、配偶者とすると良いです。

相性の良い干支

相性の良い干支①:戊戌

・世話焼きな戊戌には、甘えられます。自分の信念を持ち、弱みを吐かない辛卯を、同じく頑張り屋な戊戌は、可愛く思えるのです。また、戊戌は、気持ちにブレがありません。やや精神的に不安定な辛卯にとって、安心感を与えてくれます。可愛がられ、時には喝を入れてくれる頼もしい相手です。

相性の良い干支②:壬戌

・大らかで協調性がある壬戌は、繊細な辛卯でも、仲良くなれる相手です。張り詰めた辛卯を、和ませることが出来ます。リラックスできる関係です。

相性の良い干支③:甲戌

・誰に対しても優しい甲戌は、辛卯にも優しくしてくれる相手です。また、実行力にも優れる甲戌は、慎重な辛卯にとって、頼もしい相手です。甲戌は詰めの甘さを、細かいところまで気が回る辛卯に助けてもらえます。互いに持ちつ持たれつの良い関係です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:乙未

・芯が強く、どんな状況でも這い上がるしぶとさを持った乙未には、根気負けする相手です。自然な形で乙未にこき使われることもあります。不利益を被る相手で、適度な距離感が必要です。

相性の悪い干支②:己酉

・親切な己酉は、黙々と頑張る辛卯を放っておけません。何かと尽くしてくれる相手です。しかし、辛卯は、過干渉に感じ、己酉の好意を嫌います。嫌になって、辛卯から離れる相性です。相手から恩恵を受けられるので、良好な関係をキープしたほうが良いでしょう。

相性の悪い干支③:丁巳

・ドライで、少々冷酷な面がある丁巳は、独特な辛卯を嫌う傾向があります。相手に関係を切られることも。何かといじわるされます。良さを認め合えない関係です。無理に合わせるより、自然な流れに身を任せたほうが良いです。

辛卯の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

辛卯の鑑定方法

・卯の木の上に、辛の宝石が座している状態です。辛のハサミが卯の大木に、頑張って切ろうとしている状態です。金のエネルギーが弱く、刃こぼれしている状態です。第一に、があり、金を強めることが必要です。困ったときに、周囲から助けてもらえる、恵まれた方となります。無ければ、自分で道を切り開く必要があります。苦労が多くなりますが、逃げずに努力して吉です。

・土の扶助がついて、金がある程度強まった状態では、水の五行があることが好ましいです。卯の大木が育ちます。才能豊かな方となり、自然な形で発展できます。なければ、不器用となる傾向があります。教養を付け、手に職を付けるか、周囲と協力して発展する道を選ぶと、上手くいくでしょう。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事