pickup
【四柱推命 60干支】 庚午の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「庚午」編です。

では、さっそく解説していきます。

庚午の基本情報

庚午の基本情報

・天干:(勇敢・テキパキしている)

・地支:(派手・陽気)

・十二運:沐浴(迷いやすい・感受性豊か)

・納音:路傍土(真面目・常識派)

・納音十二運:自胎(ロマンチスト・アイデア力が強い)

・天中殺:戌亥天中殺(無から有を生みだす・精神的な強さ)

性格・特徴

庚午の性格・特徴①:明るくサッパリ

・庚午の方は、明るくサッパリした性格です。明るく、楽しいことが好きです。また、サッパリした性格で、ネチネチしていません。怒る時は怒りますが、翌日になるとコロッと気を変えられます。人間関係において後腐れなく、付き合いやすい方です。

庚午の性格・特徴②:正義感が強い

・庚午の方は、正義感が強いです。弱きを助け、強気を挫くところがあります。立場の弱い人の見方になります。また、曲がったことが大嫌いです。年功序列や地位など関係なく、おかしいことはおかしいと主張します。口うるさく人間関係の衝突が多いですが、信頼される方です。

庚午の性格・特徴③:勝ち気

・庚午の方は、勝ち気です。何事も勝ち気で強気、大胆です。大雑把とも言えますが、細かいことを気にせず、強気に進んでいきます。目標を持ち力強く進む人と、目標を持たないでふらふらしている人の差が出やすい干支です。

恋愛傾向

庚午の恋愛傾向

・庚午の恋愛傾向は、生真面目な傾向です。真面目な庚午は、恋愛において、順序や約束をきちんと守ります。堅苦しい印象を与えますが、信頼できる交際をする方です。ただ、真面目過ぎるが故、遊びたい欲求を抑える傾向があります。時に、遊びたい欲が爆発して、色情に溺れる傾向があります。日頃から、流れに身を任せ、自由な心で恋愛すると良いでしょう。

結婚運

庚午の結婚運

・庚午の結婚相手は、立派な方となりやすいです。アプローチしてくれた方を配偶者にしやすいです。自分への愛を受け入れる形となります。また、金銭・地位に恵まれた結婚になりやすいです。ただ、結婚生活自体は不安定です。住む場所が変化しやすかったり、別居したりする恐れがあります。悩みが多く出ますが、結婚生活に満足だと感じるように、捉え方を変えたほうが安定します。

相性の良い干支

相性の良い干支①:乙未

・控えめながら、華やかな魅力を持つ乙未は、第一印象から惹かれる相手です。付き合いが深くなるにつれ、乙未の可愛らしい魅力に、更にハマります。ノリが合い、惹かれあう相性です。

相性の良い干支②:乙亥

・勉強熱心な乙亥は、庚午の知的好奇心を満たしてくれます。相手から学びを得ることが多く、尊敬できる相性です。相手に惹かれ、尽くす相性です。

相性の良い干支③:壬申

・大胆で多才な壬申は、庚午とノリが合う相性です。話が弾み、楽しい関係です。真面目過ぎる庚午の考えを、柔軟にほぐしてくれる方でもあり、成長させてくれる相手です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:戊戌

・頑固な戊戌は、同じく頑固な庚午と、何かと対立しがちとなります。相手の考えに無理やり合わせることが多く、ストレスが溜まります。自分の思い通りにならない相手で、庚午が寄り添う必要があります。

相性の悪い干支②:丙子

・目に見える態度や体裁を重視する庚午は、内面の世界を大切にする丙子の良さが分かりません互いに大切にするものが真逆のため、表面的な関係となりがちです。相手にこだわりを押し付けないことが大切です。

相性の悪い干支③:癸亥

・豪快さと柔軟さを持ち、力強く進んでいく癸亥には、庚午がいつの間にかペースを飲まれてしまいます。「真面目で着々と進んでいく」という庚午の本来の良さが出にくい相性です。互いに良さを認められず、協力できない関係です。こだわりを出さず、勉強だと思って付き合いましょう。

庚午の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

庚午の鑑定方法

・午の火の上に、庚の鉄塊が座している状態です。鉄塊は精錬されている状態で、常に溶け過ぎには注意しないといけません。第一に、火を調整する水の五行があることが望ましいです。考えや価値観が柔軟となり、上手く発展できます。無ければ、考えが偏屈となりやすいです。教養を身に着け、考えを柔軟にすると、発展します。

・金が精錬されている状態なので、金の五行がある程度強いことが望ましいです。申、酉の金の地支があると、信念が強くなり、人生の迷いが少なくなります。無ければ、自分を見失いやすく、迷いも多くなります。自分の納得できる目標を定め、ブレなくすることを要します。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事