pickup
【四柱推命 60干支】 庚辰の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「庚辰」編です。

では、さっそく解説していきます。

庚辰の基本情報

庚辰の基本情報

・天干:(勇敢・テキパキしている)

・地支:(信頼できる・闘争心旺盛)

・十二運:(甘え上手・向上心旺盛)

・納音:白鑞金(愛されキャラ・謙虚)

・納音十二運:自養(甘え上手・向上心旺盛)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

庚辰の性格・特徴①:子供っぽい

・庚辰の方は、子供っぽいです。喜怒哀楽の表情豊かな方で、愛嬌もあります。子供っぽい魅力を持ち、周囲に可愛がられる、ラッキーな方です。少々のわがままも許されます。周囲に依存しすぎないことが大切です。

庚辰の性格・特徴②:勇敢

・庚辰の方は、勇敢です。激しい内面を持っており、高い理想の実現のために、大胆に行動します。どんなに不安なことでも、勇敢に挑戦できる、肝の据わった方です。アウトローな環境に身を置いて吉です。

庚辰の性格・特徴③:素直

・庚辰の方は、素直です。裏表がなく、感情をそのまま表現できる方です。また、周囲の言うことをそのまま受け入れる傾向があります。時として、騙されやすいくらい素直です。何事も吸収しやすく、環境の影響を受けやすいです。身を置く環境をしっかり選定すると良いでしょう。

恋愛傾向

庚辰の恋愛傾向

・庚辰の恋愛傾向は、甘いムードを大切にする傾向があります。もともと素直な庚辰は、好きな感情も素直に伝えます。また、子供っぽく楽しい雰囲気も醸し出します。結果的に、楽しく甘いムードの恋愛となりやすく、異性を虜にします。異性から人気もあります。

結婚運

庚辰の結婚運

・庚辰の結婚相手は、こだわりが強い方となりやすいです。ここでは、相手に対するこだわりではなく、自分の人生に対するこだわりです。自分の芯を持った方を配偶者としやすいのです。庚辰も「自分の人生をどう歩みたいか」という芯を持っています。互いに応援して、鼓舞しあえる結婚生活となるでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:乙酉

・芯が強い乙酉は、庚辰にとって尊敬できる相手です。互いに鼓舞しあえる相性です。乙酉は、外見も凛とした美しい方で、第一印象から強烈に惹かれます。異性の乙酉に出会うと、あっという間に恋に落ちることも。

相性の良い干支②:己酉

・穏やかで、協調性も高い己酉は、人見知りをする庚辰がすぐに仲良くなれる人です。己酉は、庚辰の可愛らしさを魅力的に感じ、何かと尽くしてくれます。庚辰の良さを認めてくれる相性で、甘えられます

相性の良い干支③:癸酉

・柔軟で、器用な癸酉は、庚辰にとって、憧れの存在です。庚辰が剛だとすれば、癸酉は柔です。どちらも自分のやり方で発展しますが、癸酉は、庚辰のように豪快ではありません。器用にしなやかに発展していきます。相手の良さを認められ、学べる相性です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:丙申

・皮肉屋な丙申は、庚辰の可愛らしさにどこかイライラします。丙申に、いじわるされます。庚辰の考えに何かと批判を浴びせる方でもあり、注意が必要な相性です。

相性の悪い干支②:戊戌

・どちらも頑固で、自分一人で道を切り開く方です。協力関係を取りにくく、衝突しがちな関係となります。互いに違うフィールドにいると、鼓舞しあえるでしょう。

相性の悪い干支③:甲戌

・親分肌で面倒見の良い甲戌は、可愛らしく子供っぽい庚辰の面倒を見る、良い関係に見えがちです。しかし、甲戌は、面倒を見る方に、自分のこだわりを押し付ける傾向があり、庚辰が自然と嫌になっていきます。つかず離れずが丁度良い相性です

庚辰の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

庚辰の鑑定方法

・辰の土の上に、庚の鉄塊が座している状態です。庚辰は魁罡という特殊な干支であり、自分の五行が強ければ良い干支です。金の地支である酉や戌があると、金の勢いが強まります。信念や精神力が強まり、力強く自分の道を歩んでいけます。

・金が強くなく、木と火が強い場合は、あまり良くないです。自分の道を切り開く宿命を持つ庚辰が、周囲に同調しすぎて、開運しにくくなります。自分の譲れない点は、しっかり守り、貫き通すことが必要です。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事