pickup
【四柱推命 60干支】 庚子の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「庚子」編です。

では、さっそく解説していきます。

庚子の基本情報

庚子の基本情報

・天干:(勇敢・テキパキしている)

・地支:(クール・恋愛上手)

・十二運:(せっかち・技芸学芸の才)

・納音:壁上土(真面目・縁の下の力持ち)

・納音十二運:自旺(ワンマン・実行力が強い)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

庚子の性格・特徴①:頭がキレる

・庚子の方は、頭がキレます。頭の回転が速く、何事もすぐに理解できます。想像力、アイデア力も豊かです。常に周囲の2~3歩先を考えられる鋭い方です。

庚子の性格・特徴②:才能豊か

・庚子の方は、才能豊かです。器用で、何事もすぐに吸収します。感受性も豊かなので、芸術家など、技芸学芸の道で活躍される方が多いです。才能が豊か過ぎて、器用貧乏になることも。

庚子の性格・特徴③:軽はずみ

・庚子の方は、軽はずみです。考える前に行動するタイプで、周囲の状況など気にしません。行動力や開拓神が強いのですが、反面、軽はずみです。また、気分にムラがあり、あれもこれもして、三日坊主になりやすいです。行動に一貫性がありません。目標や進む方向を見失わないことが大切です。

恋愛傾向

庚子の恋愛傾向

・庚子の恋愛傾向は、ストレートです。恋愛に対してストレートで、好きな相手にはとことん尽くします。恋愛にのめりこむタイプです。駆け引きも上手で、異性からモテます。充実した恋愛運です。問題は、庚子が繊細過ぎる一面があり、恋人を束縛する傾向もあります。

結婚運

庚子の結婚運

・庚子の結婚相手は、庚子がアプローチした方となりやすいです。女性であっても勝ち気でストレートなため、アプローチした相手と結婚することが多いです。結婚生活は、相手に執着する傾向があります。繊細が故に、相手を束縛する傾向があります。妥協点を設けることが大切です。

相性の良い干支

相性の良い干支①:乙丑

・気遣い上手な乙丑は、繊細な庚子でも、心を許せる相手です。お互い繊細なので、話も弾みます。自然体で過ごせる、楽しい関係です。また、乙丑の芯の強さに、庚子は尊敬します。気分のムラを抑えてくれます。相手から恩恵を受けられます

相性の良い干支②:甲戌

・親分肌で、面倒見の良い甲戌は、庚子が無茶を言える相性です。何かとわがままを聞いてくれて、サポートしてくれます。また、甲戌は、庚子の才能に気づいて、魅力に思います。互いに良いところを出せる、協力関係抜群の相性です。

相性の良い干支③:丁酉

・臆病ながら、大胆に進んでいく両者です。何かと力を合わせられる方で、協力できます。推進力あるコンビなので、何かをスタートする時には、抜群の相性です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:戊辰

・親分肌の戊辰には、何かと可愛がってもらえます。しかし、頑固な相手には、庚子は窮屈に感じます。ありがた迷惑と感じやすく、相手の恩を素直に受け取れません。適度な距離感が必要です。

相性の悪い干支②:丙午

・自己主張が強く、自由奔放な丙午には、庚子は苦労しがちとなります。また、どちらも軽はずみなため、誤解も生まれやすいです。お互いにストレスが溜まりやすい相性です。

相性の悪い干支③:癸巳

・対人関係は当り障りのない癸巳に対して、庚子は、考えを読めません相手の考えを理解しにくく、距離が縮まらない相性です。また、相手に厄介ごとを頼まれやすく、損な役回りとなってしまいます。適度な距離感が必要です。

庚子の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

庚子の鑑定方法

・子の水の上に、庚の鉄塊が座している状態です。鉄塊は水の中に沈んでいくので、水を温めて蒸発させる必要があります。第一に、火の五行を要します。これがあれば、責任感が強くなり、軽はずみでなくなります。考えて行動できる方となり、何事も発展できるでしょう。

水の五行に偏った場合は、正義感が強く、繊細な人物となります。偏屈となりますが、才能豊かです。自分の道を自分の才能で切り開く方で、手に職を付けて独立したほうが上手くいきます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事