pickup
【四柱推命 60干支】 庚戌の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「庚戌」編です。

では、さっそく解説していきます。

庚戌の基本情報

庚戌の基本情報

・天干:(勇敢・テキパキしている)

・地支:(世話焼き・頑固)

・十二運:(保守的・大人っぽい)

・納音:釼釧金(明るい・二面性を持つ)

・納音十二運:自衰(保守的・大人っぽい)

・天中殺:寅卯天中殺(活発・家族を大切にする)

性格・特徴

庚戌の性格・特徴①:ブレない

・庚戌の方は、ブレないです。自分というものをしっかり持っていて、ブレません。周囲がどうとか、環境がどうとか、関係ない人です。自分に言い訳せず努力できる方で、根気強いです。少々、頑固すぎて、他者の意見を聞き入れない一面もあります。時に、柔軟に他者の意見を取り入れると、より発展できるでしょう。

庚戌の性格・特徴②:勇敢

・庚戌の方は、勇敢です。一般的に恐れられ、勇気を要することも、出来てしまう度胸のある方です。慎重派ではなく、大胆です。アウトローな環境に身を置くと、持ち味が遺憾なく発揮できるでしょう。たくましく、土壇場に強いです。

庚戌の性格・特徴③:生き方によって差が出やすい

・庚戌の方は、生き方によって差が出やすいです。忍耐力、精神力に優れ、少々のことではへこたれません。強運体質で、頭角を担える実力があるのです。しかし、庚戌は、自分に自信がなく、自分の魅力に気づかないことがあります。自分を過小評価してしまうのです。流されて生きるのではなく、自分で道を切り開いていくことで、幸福を得られるでしょう。

恋愛傾向

庚戌の恋愛傾向

・庚戌の恋愛傾向は、真面目な傾向です。やや堅苦しいところがあり、順序を守って、交際に発展させる方です。好きな人には、とことん尽くす一面もあります。尽くし過ぎたり、堅苦しさに飲み込まれ、恋愛が重荷になることも。どんな恋愛でも楽しむ姿勢があると、より充実した恋愛を送れるでしょう。

結婚運

庚戌の結婚運

・庚戌の結婚相手は、真面目な方となりやすいです。恋愛において真面目な庚戌は、結婚相手も真面目な方を選びやすいです。ただ、結婚運は、不安定です。庚戌の主張によって、配偶者を傷つける恐れがあります。ストレートで言い方がキツイ面があるのです。言葉をオブラートにするか、精神的にたくましい方を配偶者とするのが良いです。

相性の良い干支

相性の良い干支①:乙卯

・自分に素直な乙卯は、自分で道を切り開く宿命を持つ庚戌にとって、刺激的な相手です。乙卯の何でも自分で切り開く姿勢は、庚戌を鼓舞します。協力関係も出来るので、ビジネスパートナーとしても、良いでしょう。恋愛では、相手の可愛さに心惹かれ、尽くし過ぎる傾向があります。

相性の良い干支②:庚午

・真面目で体裁にこだわる庚午は、庚戌にとって、上手く協力できる関係です。互いに勇敢で大胆なので、波長も合います。遊び相手でも楽しい関係です。話が弾み、尽きない関係です。

相性の良い干支③:戊申

・世話焼きな戊申は、庚戌にとって、強い味方となってくれる方です。相手に甘えられることが出来、何かと恩恵も受けられます。プライベートでも良い関係です。戊申のノリの良さや楽しい雰囲気は、庚戌を楽しくさせてくれます。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:丙寅

・明るく前向きな丙寅とは、表面的には仲良くなれます。しかし、相手の底抜けの明るさが、時に鬱陶しく感じます。近づくにつれ、ストレスが溜まりやすい相手です。

相性の悪い干支②:乙巳

・世話焼きな庚戌にとって、気が回らない乙巳は、イライラする相手です。乙巳はしたたかな面もあり庚戌が上手く使われることも。相手に与えるだけ与えて、自分に返ってこない相手です。つかず離れずが丁度良い相性です。

相性の悪い干支③:戊辰

・戊辰のしてくれることが、庚戌にはありがた迷惑に感じます。頑固な戊辰に、何かと強要されているような気になり、言動が鼻につきます。捉え方を変えて、感謝できるようにすると良いでしょう。本来、味方になってくれる人です。

庚戌の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

庚戌の鑑定方法

・戌の乾土の上に、庚の鉄塊が座している状態です。庚戌は特殊な干支で、魁罡という、自分が強ければ強いほうが良いです。なので、金の五行が強まるのが望ましいです。自分の意志や、精神力が強まり、果敢に道を切り開いていきます。金が弱いと、自分に自信が持てない方となり、才能はあるのに、発展できなくなります。この場合、庚戌の才能を認めてサポートしてくれる方がいると、発展できます。

土が強まりすぎると、金が埋もれることになります。口先だけ達者となり、努力しない方となります。この場合、批評家としての素質が強まります。教養を身に着けることで、発展していきます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事