pickup
【四柱推命 60干支】 丁丑の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「丁丑」編です。

では、さっそく解説していきます。

丁丑の基本情報

丁丑の基本情報

・天干:(情熱的・落ち着いた魅力)

・地支:(根気強い・持続力に優れる)

・十二運:(金運良好・大器晩成)

・納音:潤下水(純粋・独自の世界観を持つ)

・納音十二運:自衰(保守的・大人っぽい)

・天中殺:申酉天中殺(友人に恵まれる・人脈が広い)

性格・特徴

丁丑の性格・特徴①:忍耐強い

・丁丑の方は、忍耐強いです。不器用でマイペースですが、理想が高く、一歩一歩進んでいきます。ゆっくりですが、持続力に長けるため、年を取るごとに頭角を表します。また、辛いことに耐えられる干支です。ストレスが溜まりやすいので、上手く発散する方法を持つと、更に発展します。

丁丑の性格・特徴②:激しい内面を持つ

・丁丑の方は、激しい内面を持ちます。外見は穏やかで、落ち着いて見えますが、内面は情熱的です。しっかりと、自分の世界持っています理想のための努力をいとわなく、自分に厳しすぎる一面を持ちます。時に爆発して、激しい内面があらわになることも。自分に優しくすることが大切です。

丁丑の性格・特徴③:寂しがりや

・丁丑の方は、寂しがりやです。内面の激しい情熱的な部分は、外見に見せません。自分の本心を隠す傾向があります。それだけ、一人になりたくないという考えが強く、根は寂しがり屋なのです。信頼できる人には、自分の内面を打ち明けて、関係を深めていくと、安定するでしょう。

恋愛傾向

丁丑の恋愛傾向

・丁丑の恋愛傾向は、こだわりが強いとなります。好き嫌いがはっきりしており、嫌いな人には目を向けません。一方、好きな人に対しては、とことん尽くしますストレートな方です。アプローチもスムーズです。恋愛関係が長くなるにつれて、嫌われたくない気持ちが強まり、本音を隠す傾向があります。

結婚運

丁丑の結婚運

・丁丑の結婚相手は、自分が尽くす方となりやすいです。自分の好きな人にはとことん尽くす丁丑は、結婚相手も好きで尽くす方となります。楽しく、安定した結婚となりやすいです。深いつながりを意識し、本音をぶつけあえば、さらに安定した結婚となります。

相性の良い干支

相性の良い干支①:壬子

・大らかで誠実な壬子の方は、繊細な丁丑にとって、安心して本音を見せられる相手です。また、壬子も丁丑の穏やかな接し方により、信頼されます。お互いがお互いを支えあう相性です。

相性の良い干支②:甲子

・繊細で、些細な気遣いが得意な甲子の方は、丁丑が甘えたくなる相性です。何かと助けてくれることが多く、精神的にも安定させてくれます。甲子も頼られると嬉しがるので、嬉しい関係です。

相性の良い干支③:壬申

・才能豊かで、自分のやり方で人生を切り開く壬申は、丁丑にとって、怖く感じる相性です。しかし、壬申の才能や独自性から、何かと学べることが多いです。壁にぶち当たったとき、壬申がいると、柔軟に打開できるでしょう。困ったときに頼りになります

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:戊申

・周囲の面倒見が良く、人気を集める戊申は、丁丑にとって魅力的に思えます。寂しがり屋の丁丑の居場所を作ってくれることも。ただ、丁丑が戊申に依存的になりやすいのです。発展性が少なくなります。

相性の悪い干支②:丙申

・そそっかしい丙申には、丁丑にとって、無視されているように感じる相性です。寄り添っても距離が縮まらず、傷つくことがあります。表面的な付き合いとなります。深いつながりを求める丁丑は、イライラすることも。

相性の悪い干支③:戊午

・気性が激しい戊午には、丁丑が萎縮してしまうことがあります。本音を隠してしまう相性です。また、互いに相手の言動が目につきがちとなります。相手に感謝して、協力体制をとることが重要です。

丁丑の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

丁丑の鑑定方法

・丑の湿土の上に、丁の灯火が座している状態です。灯火の燃料が無いため、第一にの五行が必要となります。これがあると、知性に磨きがかかります。また、心に余裕が持てる方となり、上手くコントロールできます。無ければ、ストレスをためやすくなるため、適度に発散すると良いでしょう。この場合、仕事よりもプライベートに重きを置くと良いです。

・次に、があれば、灯火の燃え方が力強くなります。自分の意思が強くなり、多少の負荷には耐えられるようになります。努力量が増え、発展できます。なければ、意思が弱まるため、努力も断続的となります。この場合、努力の中に楽しみを見つけられると、発展します。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事