pickup
【四柱推命 60干支】 丁酉の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「丁酉」編です。

では、さっそく解説していきます。

丁酉の基本情報

丁酉の基本情報

・天干:(情熱的・落ち着いた魅力)

・地支:(頭の回転速い・プライド高い)

・十二運:長生(明朗・活発)

・納音:山下火(シャイ・情熱)

・納音十二運:自死(せっかち・技芸学芸の才)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

丁酉の性格・特徴①:強い情熱を持つ

・丁酉の方は、強い情熱を持ちます。理想が高く、プライドも高いです。こだわりを強く持ち、人の言うことは聞きません。不器用なので、苦労が多いですが、めげずに進んでいく方となります。発展性が強い方です。

丁酉の性格・特徴②:人との交流によって開運していく

・丁酉の方は、人との交流によって開運していきます。シャイな一面を持ち、プライドも高いので、自分一人で何事もしがちです。しかし、本来、社交的で、臨機応変に変化できる方なのです。人との交流を持ち、出会った方の価値観や成功方法を吸収していくことで、発展します。

丁酉の性格・特徴③:度胸がある

・丁酉の方は、度胸があります。自分に自信を持っており、時に大胆に行動していく方です。リスクをとれる方です。怖いもの知らずで、無鉄砲なので、トラブルも多いですが、大成する力を持っています。自分の能力を過小評価せず、突き進むと良いでしょう。

恋愛傾向

丁酉の恋愛傾向

・丁酉の恋愛傾向は、明るい傾向となります。社交的で、自分に自信を持っています。頭の回転も速く、楽しく会話できる方です。恋愛自体も、楽しく、積極的となります。異性運、恋愛運良好な方です。

結婚運

丁酉の結婚運

・丁酉の結婚相手は、恋愛の延長線上のような楽しい方となりやすいです。楽しく恋愛をする丁酉は、結婚においても、楽しさを重視します。一緒にいて楽しい方を配偶者としやすく、いつまでも夫婦円満でいるタイプです。

相性の良い干支

相性の良い干支①:壬午

・柔軟で、パワフルな壬午は、丁酉にとって、尊敬できる人物となります。相手の行動や価値観が学びになることが多いです。また、周りが見えなくなった時に、助けてくれる方でもあります。何かと相手に引き立ててもらえます。

相性の良い干支②:庚寅

・大胆な庚寅は、丁酉と似たタイプです。親しみやすく、上手く関係を築けます。庚寅は、信念が強く継続力がありますが、精神力がやや弱いです。一方、丁酉は自信旺盛で精神力は強いですが、継続力に難ありです。互いに欠けた部分を補える相性です。

相性の良い干支③:庚午

・真面目で、親身な庚午は、丁酉にとって信頼できる人物です。困ったときに相談に乗ってくれる相性です。大胆な丁酉のサポートをしてくれる方でもあります。相手に尽くしてもらえる相性です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:癸巳

・柔軟で能力が高く、周囲にも恵まれる癸巳には、丁酉の方は、嫉妬してしまいます。何でもできる癸巳が気になって仕方なくなります。何かと相手に尽くし過ぎて、消耗してしまうので、適度な距離感を持つことが大切です。

相性の悪い干支②:癸卯

・楽しい雰囲気をもった癸卯の方は、最初は惹かれます。しかし、何事も楽しみ、柔軟に吸収する癸卯は、丁酉にとって、自分を持たず、弱弱しく感じます。相手の良さを認めにくく、反発してしまう相性です。良いところや、与えてくれる恩恵に目を向け、謙虚に接すると良いでしょう。

相性の悪い干支③:癸亥

・見た目は弱弱しい癸亥には、何かとちょっかいをかけたくなる相性です。しかし、実は気性が激しい癸亥は、怒ると怖く、傷つけられます。衝突すると叶わない相性なので、謙虚な姿勢で接しましょう。

丁酉の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

丁酉の鑑定方法

・酉の金の上に、丁の灯火が座している状態です。丁酉は特殊で、夜に生まれると、良い干支です。周囲と上手く協力して発展できるようになります。昼生まれだと、波乱が多くなります。苦労があっても、人に頼らず、自分で道を切り開く運命となります。

・酉は金でも、斧のように強い金ではなく、宝石の金の意味が強くなります。宝石が輝くように、、宝石のような弱い金でも切れる草花のがあると、幸運です。自分の能力に見合ったもので、上手く発展できます。なければ、高すぎる理想に苦労することがあります。この場合、理想を細分化して具体化し、コツコツ時間をかけて進んでいくことで、発展できます。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事