pickup
【四柱推命 60干支】 丙午の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「丙午」編です。

では、さっそく解説していきます。

丙午の基本情報

丙午の基本情報

・天干:(明るい・華やか)

・地支:(派手・陽気)

・十二運:帝旺(ワンマン・実行力が強い)

・納音:天河水(才能に恵まれる・カリスマ)

・納音十二運:自胎(ロマンチスト・アイデア力が強い)

・天中殺:寅卯天中殺(活発・家族を大切にする)

性格・特徴

丙午の性格・特徴①:実行力が高い

・丙午の方は、実行力が高いです。強引すぎる傾向はありますが、自分のしたいように何事も進めていきます。実行力、推進力が強く、ともすれば大成する干支です。ワンマンなところがあるため、独立向きです。

丙午の性格・特徴②:華やか

・丙午の方は、華やかです。外見は華美で、内面も明るいです。楽しいこと、賑やかなことが好きな傾向があり、常に明るく楽しそうな印象を与えます。また、目立ちたがり屋な一面もあります。

丙午の性格・特徴③:リーダー向き

・丙午の方は、リーダー向きです。周囲を引っ張っていく能力が高く、リーダーに向いています。気遣いはあまり得意ではなく、周囲とのトラブルも多いです。しかし、自分を慕ってついてきてくれる方に対しては、とことんかわいがります。また、頼られることに喜びを感じます。目下の人を可愛がることが出来、とことん推進していく丙午は、リーダーとなれば、実力を遺憾なく発揮できるでしょう。

恋愛傾向

丙午の恋愛傾向

・丙午の恋愛傾向は、華やかとなります。華美な恋愛を好む傾向があります。デートも自然体で庶民的なものより、派手でロマンチックのものを好みます。時に、外見を重視しすぎて、痛い目を見ることもあります。

結婚運

丙午の結婚運

・丙午の結婚相手は、自分と似た方となりやすいです。派手で、自己主張がはっきりした方を配偶者として得やすいです。お互い主張が強く、ぶつかり合うことも多い傾向となります。丙午の方は、エネルギーが大きすぎます。仕事や趣味など、家庭以外のことを充実させ、エネルギーを発散させると安定します。

相性の良い干支

相性の良い干支①:辛亥

・冷静で頭の切れる辛亥は、猪突猛進的な丙午を上手くコントロールしてくれる相性です。丙午の暴走を止め、上手くサポートしてくれます。また、辛亥は行動力も強いため、丙午の無茶ぶりにもこたえてくれます。ビジネス面でタッグを組むと、飛ぶ鳥を落とす勢いで、発展できるでしょう。

相性の良い干支②:戊戌

・何事も真っすぐで、信念が強い戊戌の方は、丙午にとって安心感を与えてくれます頼りがいがある相性です。基本的には、不器用な戊戌を助けてあげる相性ですが、助けてあげた分だけ、慕われ恩返しされます。互いに助け合える相性です。

相性の良い干支③:癸未

・柔軟で、何事も器用にこなす癸未は、丙午にとって心強い味方です。普段は丙午に合わせてくれますが、困ったときに助けてくれます。また、人の言うことをあまり聞かない丙午も、要点だけ的確に指摘する癸未のいうことは、素直に受け入れられます。何かと学ぶことが多いです。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:己卯

・ゆったりとマイペースな己卯は、丙午にとって、ペースを乱される相性です。己卯はプライドが高いので、何かと気を使ってしまいます。相手に尽くしてばかりになりやすいです。

相性の悪い干支②:庚子

・「考える前に即実行」という実行力の高い似た者同士です。ペースは合うのですが、じっくり話し合い出来ないので、誤解が生まれる相性です。話の仕切れる方が、第三者として入ると、相性は安定します。

相性の悪い干支③:辛丑

・繊細で完璧主義の辛丑は、大雑把ながらも素早く進んでいく丙午と、ペースが異なります。丙午からすると鈍すぎると感じ、辛丑からすると暴走していると感じます。お互いがお互いの良さを認め合えない相性です。適度な距離感が必要です。

丙午の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

丙午の鑑定方法

・午の火の上に、丙の太陽が座している状態です。火が強すぎて、周囲を焼け焦がすように、エネルギーのコントロールが難しい方です。金と水があれば、上手くコントロールできます。自己主張のバランスが取れ、上手く能力を発揮できます。無ければ、自己主張が強くなるので、独立向きです。手に職を付け、一人で仕事するほうが安定となります。

・金、水が無ければ、の五行で勢いを漏らすと、良いでしょう。仕事よりも趣味に生きる人となります。自分のエネルギーを趣味の楽しさに向けられるので、公私のバランスが取れた方となります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事