pickup
【四柱推命 60干支】 丙寅の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「丙寅」編です。

では、さっそく解説していきます。

丙寅の基本情報

丙寅の基本情報

・天干:(明るい・華やか)

・地支:(推進力あり・大雑把)

・十二運:長生(明朗・活発)

・納音:炉中火(明るい・奉仕精神が強い)

・納音十二運:自生(明朗・活発)

・天中殺:戌亥天中殺(無から有を生みだす・精神的な強さ)

性格・特徴

丙寅の性格・特徴①:ポジティブ

・丙寅の方は、ポジティブです。明るく、ムードメーカーのような方で、集団にいると、集団をパッと明るくさせられます。何事も楽しんで行います。常に前向きな姿勢なので、推進力もあります。

丙寅の性格・特徴②:器用

・丙寅の方は、器用です。何事も修得が速い、器用な方です。行動力もあり、テキパキしているので、何事も成果を出せる方となります。ただ、苦労が少ない分、こだわりも少なくなります。気分屋の一面もあるので、器用貧乏となることもあります。情熱を傾けられるものを見つけられると、発展します。

丙寅の性格・特徴③:情熱的

・丙寅の方は、情熱的です。何事も全力で取り組む方です。自分が良いと思ったことは、とことん実行していきます。行動力もあり、前向きです。熱くなり過ぎて、時に、周囲が見えなくなることも。一芸に秀でる方が多いです。

恋愛傾向

丙寅の恋愛傾向

・丙寅の恋愛傾向は、恋多き傾向となります。明るく、トーク力があります。また、異性を上手くリードできるので、自然とモテます。意中の異性へのアプローチもスムーズで、恋愛のチャンスをつかみやすいです。恋人には、意外とわがままな一面を見せることもあるので、その点は、注意が必要です。

結婚運

丙寅の結婚運

・丙寅の結婚相手は、丙寅と上手く協力できる方となりやすいです。丙寅が、何かと口うるさくなる傾向があります。配偶者に感謝し、おおらかな姿勢を心がけると、運勢は安定します。配偶者自身には、恵まれます。協力して、上手く家運を発展させられるでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:辛未

・堅実で、自分のやるべきことを全うする辛未は、尊敬できる人物となります。気にかけたくなる相性で、何かと手助けすることが多くなります。辛未は、受けた恩に対して律儀なので、恩を返してくれます。協力できる良い関係です。

相性の良い干支②:壬午

・大らかで細かいことを気にしない壬午は、丙寅が気軽に付き合える相性です。丙寅が周囲を見ず、突っ走る時に、上手くサポートしてくれる方でもあります。丙寅を上手くコントロールしてくれます

相性の良い干支③:辛卯

・信念が強い辛卯は、丙寅にとって、どこか魅力的に思える相性です。どこか気にかけたくなる相性です。また、辛卯は、冷静に慎重に進んでいく傾向があるため、猪突猛進的な丙寅のサポートを上手くしてくれますお互いがお互いを助け合える良い相性です。

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:癸亥

・大雑把な癸亥の言動は、丙寅にとって、目につきがちとなります。何かと口出ししたくなる相性です。癸亥のエネルギーは大きいので、衝突するとかないません。相手を許容する必要がある相性です。

相性の悪い干支②:癸巳

・気分屋でつかみづらい癸巳には、どこか気を使う相性となります。また、博学な癸巳の方は、丙寅の根拠ない明るさに対し、苛立ちます。互いに衝突しやすい相性となりますが、衝突するととことん傷つけあうため、控えたほうが良いです。相手を立てることで上手くいきます。

相性の悪い干支③:甲申

互いに華やかで明るい性格なのに、なぜか腹の探り合いになりがちな関係です。お互いがお互いを信じることで、良い相性となります。悩み事を打ち明けてみるのも、一つの方法です。

丙寅の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

丙寅の鑑定方法

・寅の木の上に、丙の太陽が座している状態です。水(壬、癸)があれば、寅の木が育ち、太陽のエネルギーとなります。周囲のために貢献できる、能力の高い人物となります。行動力にも磨きがかかります。

・寅と相性が悪い巳、申があると、行動力が強くなりすぎ、動く割に成果が出なくなります。この場合、自らトラブルを作りやすくもなります。堅実に、手に職を付けたほうが良くなります。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事