pickup
【四柱推命 60干支】 丙申の全知識〜性格・特徴・恋愛傾向・結婚運・相性・鑑定方法

60干支別の性格・特徴・恋愛傾向・相性などを

徹底解説します。

今回は、「丙申」編です。

では、さっそく解説していきます。

丙申の基本情報

丙寅の基本情報

・天干:(明るい・華やか)

・地支:(行動的・おっちょこちょい)

・十二運:(直観力に優れる・楽観的)

・納音:山下火(シャイ・情熱)

・納音十二運:自病(直観力に優れる・楽観的)

・天中殺:辰巳天中殺(実力主義・現実的)

性格・特徴

丙申の性格・特徴①:明るく優しい

・丙申の方は、明るく優しいです。楽しいことが好きで、少々楽観的です。周囲を明るく、他者に優しく出来る方で、人気を集めます。また、社交的なため、交友関係も広いです。

丙申の性格・特徴②:そそっかしい

・丙申の方は、そそっかしいです。考えるより先に行動できる、活発な方です。半面、空回りすることも多く、そそっかしい印象を与えます。おっちょこちょいで、かわいく見えるタイプです。

丙申の性格・特徴③:感受性が強い

・丙申の方は、感受性が強いです。特に、美的センスに優れ、独特の魅力を持ちます。丙申自身が、自分の魅力に気づかないこともあるので、模索すると良いでしょう。芸術家になると、能力を遺憾なく発揮できます。また、強い感受性は、人間関係にも見えます。周囲の空気に敏感で、優しい気遣いが出来ます

恋愛傾向

丙申の恋愛傾向

・丙申の恋愛傾向は、激しい傾向となります。自分の好きな方には、果敢にアプローチできます。一途で華やかな恋に憧れる傾向があり、その時その時を楽しめる方です。熱するのが早い一方、冷めるのも早いです。

結婚運

丙申の結婚運

・丙申の結婚相手は、行動力がある活発な方となりやすいです。丙申も、常に動き回っている方なので、お互い活動的となります。夫婦の時間が取れなくて、トラブルになる傾向もあります。家庭優先で考えると、結婚運は安定します。異性から人気があるので、結婚できないということは、少ないでしょう。

相性の良い干支

相性の良い干支①:辛丑

・完璧主義で、自分のすることをとことん極める辛丑は、丙申にとって、尊敬できます。丙申も凝り性な面がるので、辛丑の姿勢を学び、発展できます。また、辛丑は、丙申の明るさや気遣いに救われます。お互いが支え合える相性です。

相性の良い干支②:壬子

・苦労を糧に、努力していく壬子は、丙申が挫折しそうになる時に、勇気づけてくれます。丙申の努力を認めてくれる人物でもあります。上司に欲しい人物です。

相性の良い干支③:辛酉

・シャイな辛酉には、何かと世話を焼きたくなる相性です。相手を気遣うことが多いです。辛酉は誠実なので、受けた恩を返そうとしてくれます。困ったときに助けてもらえます

相性の悪い干支

相性の悪い干支①:癸巳

・華やかな癸巳の方は、どこか気になる相性です。相手と一緒にいたいと思いますが、癸巳側は、あまり人間関係にこだわりが少ないため、軽く流されます。距離を縮めたくても縮まらない、傷つく相性です。

相性の悪い干支②:癸亥

・互いに自分のこだわりが強いので、衝突しがちとなります。特に、癸亥は、おおらかですが自分のこだわりは譲らないので、丙申が合わせる形となります。少々無理をしてしまう相性です。

相性の悪い干支③:癸酉

・才能豊かな癸酉は、自信をくじかれる相性です。ライバル関係では、特にしんどい相性です。立場が違えば、勉強にはなりますが、癸酉のやり方は、独創的となるので、上手く活かせないでしょう。違うフィールドで協力すると良い相性です。

丙申の鑑定方法

少し専門的となりますが、

占いを知らない方にも分かるように

記載しています。

興味ある方は、是非読み進めてください!

丙申の鑑定方法

・申の金の上に、丙の太陽が座している状態です。申は、金と水を含むため、太陽は弱くなります。火を助ける木(甲、乙)が必要です。これがあると、思考と行動のバランスが取れ、上手く発展できます。なければ、行動ばかりして、成果が出なくなる恐れがあります。その場合、何か専門的な知識を身に着け、手に職を付けると安定します。

・木があり、火もそこそこ強ければ、戊の食神があると良いでしょう。楽しい雰囲気を醸し出した方となり、周囲に可愛がってもらえます。商才に長けることもあるので、独立するのも良いでしょう。

他の60干支の解説はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事